5月1日・オリックス戦『令和の始まりを勝利で飾る』2019シーズン

2019-05-01(水)

 

本日(5月1日)はオリックス・バファローズ戦でした。

令和になって最初の試合の先発は涌井投手です。

涌井投手はそこまで調子が良くないですね。

今シーズンで良いピッチングを見せた試合は、無四球完封勝利をした時だけではないでしょうか。

井口監督も令和はスタートダッシュを決めると宣言していたので、涌井投手には良い流れを作っていただきたいです。

 

打線は前回から変更がありません。

好調な荻野選手レアード選手清田選手を中心に「線」となってオリックスを打ち崩して欲しいです。

 

スポンサーリンク

4月29日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H2715102
2E25131111.5
3L25121212.5
4F26121222.5
5M25111313.5
6B2691435
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

※前日時点での順位表です。

 

5月1日「ロッテ対オリックスの試合結果」

勝利投手【M】涌井投手(2勝1敗)

敗戦投手【Bs】榊原投手(1勝2敗)

 

今日のロッテの試合成績

今日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野0000
2角中2000
3中村1000
4井上0000
5レアード0000
6大地3030
7清田0000
8田村0000
9藤岡1000
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備0000
守備三木0000
守備加藤0000

 

投手

 投球回自責点
涌井7回0失点
 松永1回0失点
 田中1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは涌井投手鈴木大地選手です!

涌井投手7回を無失点に抑えました。

途中までは完封も見えてくるペースでしたが、三者凡退で抑えたのは6回だけで、他の回はランナーが出ていたので球数が増えてしまいました。

 

ですが、守備に助けられたところもあり無失点に抑えてくれたのは流石でした。

涌井投手のおかげで令和に入ってからいいスタートを切れそうですね。

令和最初の完封勝利とはなりませんでしたが、チームに勢いを与えるピッチングでした。

 

鈴木大地選手4打席で3安打1四球と最高でした!

猛打賞達成3打点を挙げチームを勝利に導きました。

左ピッチャーも打てる大地選手であれば、今の内野手で一番打てているので守備位置が無くて困ることはなさそうです。

そして6番に大地選手が入っていますが、レアード選手が少し冷えてきてるかもしれないので打順が上がるかもわからないですね。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・田村選手、1回裏に完璧な2塁への送球で盗塁を刺す。2回にも1つ盗塁を刺し涌井投手を助ける

・鈴木選手、4回表・ランナー2塁の場面でライト前タイムリーを放ち先制

・涌井投手、5回裏にピッチャーへの強い当たりを打たれるも、中村選手に足でパスをするファインプレーでアウトを取る

・6回表、レアード選手の振り逃げ(パスボール)の間に3塁ランナーが還り2点目

・鈴木選手、8回表・ランナー1,2塁の場面で右中間へのタイムリースリーベースでリードを4点に広げる

・松永投手、8回裏を危なげなく終わらせる

・田中投手、9回を無失点・令和最初の試合を無失点リレーで締めくくる

 

5月2日の予告先発の期待したい選手

【ロッテ】岩下投手

【オリックス】山本投手

 

岩下投手は前の登板で6回4失点となっています。

ピッチング自体はそこまで悪くなかったのですが、2本の本塁打を打たれたのが痛かったですね。

今シーズン4先発で5本の本塁打を打たれています。

 

そして、失点が8(自責点7)と一発での失点が目立っています。

ボール球多めのピッチングで、ストライクを取りにいったところで1発を食らってしまうという場面が多くみられています。

もう少し制球力が上がれば失点も一気に減ると思います。

 

細かいコントロールができるようになったらさらに奪三振も増え、先発の柱になってくれるはずです。

岩下選手はまだ若いのでこれからがとても楽しみですね!

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました