5月9日・西武戦『代打髙濱選手の勝ち越し打で制す』2019シーズン

スポンサーリンク

2019-05-09(木)

 

本日(5月9日)は埼玉西武ライオンズ戦でした。

今日は安定感のある、

岩下ー吉田バッテリーです。

 

岩下投手は6,7回までを大きく崩れることはなく、いつも通り抑えてくれると思うので期待しています。

打線は7,8,9番を変更してきました。

 

7番の清田選手は、岡選手・加藤選手とライトのポジション争いをしています。

どの選手も調子が悪いわけではないため、激しいポジション争いを繰り広げていただきたいです。

8番の吉田選手は、昨日今シーズン1号となるホームランを放っています。

今日は岩下投手との相性で起用ということだと思いますが、チャンスを活かして欲しいですね。

9番の三木選手は、藤岡選手とのポジション争いということになりますが、あまりいい競争とは言えないですね。

 

打撃というよりも、まずは安定感のある守備をすることが重要です。

そして、今日の試合で借金をゼロにしておきたいところです。

 

スポンサーリンク

5月8日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H3420122
2F33161523.5
3E32161513.5
4L32151614.5
5M32151614.5
6B33111938
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

※前日時点での順位表です。

 

5月9日「ロッテ対西武の試合結果」

勝利投手【M】唐川投手(2勝1敗)

敗戦投手【L】マーティン投手(0勝2敗)

セーブ 【M】西野投手(0勝0敗1S)

本塁打:【M】井上 3号(6回表ソロ)

 

今日のロッテの試合成績

今日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2001
2鈴木0000
3角中0000
4井上1110
5レアード3000
6中村0000
7清田3010
8吉田1010
9三木1011
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走0001
代打高濱1010
代走藤岡0000

 

投手

 投球回自責点
 岩下5回3失点
 チェン2回0失点
 酒居1回0失点
 益田1回0失点
唐川1回0失点
西野1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは高濱選手清田選手です!

 

高濱選手は、同点で迎えた11回表・1アウトランナー2塁というチャンスに代打で出場しました。

今シーズン初打席となったその打席で、レフトの頭を超えるタイムリーツーベースを放ち勝ち越しを決めました。

代打での出場がメインになると思いますが、今日の活躍でチャンスが増えるはずです。

調子の良いうちにどんどん起用してほしいですね。

 

清田選手は本日、今シーズン初の猛打賞を記録しました。

打点も挙げていて絶好調です。

打率は3割を超えました。

 

現状はライトのポジション争いをしていますが、守備走塁の面も含めるとスタメン定着は近いと思います。

レフトの角中選手が打撃面であまり調子が良くないため、そこのポジション争いが巻き起こる可能性も出てきました。

岡選手、加藤選手、そして2軍で好調な菅野選手もいます。

外野手争いは激化していきそうです。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・岩下投手、初回にヒット⇒送りバント⇒タイムリーと繋がれ先制を許す

・吉田選手、5回表・1ランナー1,3塁の場面、ライトフェンス直撃のタイムリーツーベースで同点に追いつく

・三木選手、吉田選手に続きランナー2,3塁の場面でタイムリーヒットを放ち逆転に成功

・井上選手、逆転された直後にレフトへのソロホームランで同点に追いつく

・チェン投手、同点で迎えた6,7回に出塁すら許さない好リリーフを見せる

・清田選手、8回に勝ち越しとなるタイムリーヒットを放ち、今シーズン初の猛打賞

・酒居投手、8回裏に三振を2つ奪い三者凡退で抑える

・三木選手、1点リードの9回裏2アウトという場面でショートゴロをエラー、その後タイムリーで同点に追いつかれる

・高濱選手、同点で迎えた11回に代打で出場、今シーズン初打席はレフトの頭を超えるタイムリーツーベースで勝ち越しを決める

・西野投手、延長11回裏を抑え今シーズン初セーブ

 

岩下投手5回3失点と最低限のピッチングでした。

被安打が8と多く、球数も107球と多くなってしまいました。

 

立ち上がりは少し不安定なところもあるので1点は仕方ないと思いますが、5回裏にヒットと2つのフォアボールで満塁のピンチを作ってしまった場面はもったいないですね。

それも、味方に逆転してもらった直後に相手に逆転を許すという形になったので印象も良くないです。

せっかくもらった勝ち投手の権利は大事にして頂きたいです。

 

5月10日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】二木投手

【ホークス】武田投手

 

現在、ホークスは独走状態なのでここで確実に勝ち越して、ゲーム差を縮めておきたいですね。

相手投手は、前回の対戦で3回5失点と相性が良かった武田投手です。

ただ、良いときと悪いときがはっきりとしているタイプのピッチャーなので明日になって見ないと分からないです。

もし調子が良かったとしても、球数を多く投げさせて早めにマウンドから降りてもらうなどの対策は取って欲しいです。

 

一方、ロッテ先発の二木投手はここ2試合調子が良くありません。

それに投球回も、6回行かないぐらいでマウンドを降りることも多いので、せめてイニング数は消化してほしいですね。

もちろん二木投手が勝ち投手になることを願っています。

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました