5月19日・楽天戦『投手陣が崩れ二桁失点の大敗』2019シーズン

スポンサーリンク

2019-05-19(日)

 

本日(5月19日)は東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。

今日の先発は石川投手です。

前回登板で6回4失点という結果で勝ち投手になっています。

連勝して調子を取り戻していっていただきたいですね。

 

打線の方は、清田選手がスタメンを外れ岡選手がスタメンに入りました。

3番バッターは中村選手です。

清田選手の起用法は「休ませながら使う」という一貫した方針があるようですね。

その起用のもと成績を残しているというのは事実なので、調子を落とさないようにしてほしいです。

 

心配なのは角中選手です。

3番を打ってくれるのが理想ですが、今シーズンは調子が良くないですね。

荻野選手、鈴木大地選手の好調1,2番コンビの後を打つ人が固まればいいのですが、清田選手に無理をさせて打てなくなったら元も子もありません。悩みどころですね。

 

スポンサーリンク

5月18日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H4223172
2F41201922.5
3M40201912.5
4L41202013
5E41192114
6B41162236
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

※前日時点での順位表です。

 

5月19日「ロッテ対楽天の試合結果」

勝利投手【E】青山投手(1勝2敗)

敗戦投手【M】松永投手(1勝2敗)

本塁打:【E】浅村 11号(7回表ソロ)

〃  :     ウィーラー 10号(7回表ソロ)

〃  :【M】鈴木 4号(1回裏2ラン)

〃  :     レアード 15号(3回裏2ラン)

〃  :     レアード 16号(5回裏ソロ)

 

今日のロッテの試合成績

今日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2鈴木2120
3中村0000
4井上0000
5レアード2230
6角中0000
70000
8藤岡0000
9吉田0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打細谷0000
代打松田0000

 

投手

 投球回自責点
 石川6回5失点
松永1回2失点
 西野1回0失点
 チェン0.1回2失点
 田中0.2回1失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPはレアード選手です!

レアード選手3回に2ランホームラン5回にソロホームランと2打席連続のライナー性のホームランを打ちました。

 

2本塁打3打点と大活躍です!

15号・16号をこの時期に打てる選手がロッテには全然いなかったため、見ていて楽しいですね。

このままのペースで30本以上は確実に決めてほしいです。

打率も3割以上を保ってほしいですね。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・初回、先頭バッターの荻野選手がヒットで出塁・鈴木選手の2ランホームランで先制

・2回表、ヒット3本・四球2つで4点を失い逆転を許す

・2回裏、ツーアウト満塁フルカウントという場面で2塁ランナーの岡選手が戻り切れず牽制アウトで得点ならず

・レアード選手、3回裏に2ランホームランを放ち同点に追いつく

・レアード選手、5回に2打席連発となるライナー性のホームランで勝ち越し

・6回表、先頭打者にツーベース、その後もヒットを打たれ同点に追いつかれる

・松永投手、7回に登板し簡単に2アウトを取るも、2者連続ホームランをくらい2点ビハインドに

・9回表、防御率0のチェン投手・田中投手が打ち込まれ3失点

 

石川投手6回5失点で勝ち負けがつかずに降板となりました。

2回にはボール球が増え4失点と一気に打ち込まれましたが、その後は持ち直して3,4,5回は三者凡退に抑えました。

 

6回には5点目を失い97球での降板とあまり良くなかったですね。

結局、同点の状態で降板することにはなりましたが、毎登板4,5失点のピッチングだと勝ちは望めませんね。

この状態が続くのであれば、2軍で調子の良いピッチャーにチャンスを与えてあげたほうがチームのためにはなりそうです。

 

5月21日の期待したい選手

来週も5試合のみとなります。

種市投手は17日にすでに抹消されているため、岩下投手が登録されると思われます。

火曜日に岩下投手が投げれば、他の先発は中6日での登板となります。

再来週には種市投手が再昇格して6人ローテの完成となるはずです。

 

何事もなければ、

  • 岩下
  • 涌井
  • 種市
  • 二木
  • ボルシンガー
  • 石川

という先発ローテーションになります。

 

しかし、4月8日以降はずっとこのメンバーで先発を回しているため、7番手の先発は不透明です。

先発陣に何かあったときに崩れてしまわないかが心配ですね。

もちろん、先発が固定できていることはとても良いことです。

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました