7月27日・楽天戦『マーティン選手のパワーと肩』2019シーズン

スポンサーリンク

2019-07-27(土)

 

本日(7月27日)は東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。

台風の心配もありましたが、熱帯低気圧に変わり試合に影響をもたらすほどの雨は降らなさそうですね。

シーズン終盤の日程が詰まっていくと大変なので良かったです。

 

今日はマーティン選手が2番ライトで出場です。

3番を任されることの多い中村選手・角中選手がなかなか打線につながりを持たせることができないため、鈴木大地選手が3番に入りました。

マーティン選手は昨日ノーヒットに終わっていますが、選球眼の良さがあり盗塁もできるようなので上位打線に抜擢です。

 

セーフティーバントを試みていましたし、足には自信があるようですね。

守備機会は少なかったものの、肩の強さ・足の速さを見れば守備には心配ありません。マリンの風にはまだ慣れていないでしょうが…

今日はヒットで塁に出て、走塁面でも強みを見せてほしいですね。

 

そして、今日の先発は佐々木投手です。

今シーズンは2登板で1勝1敗とまだまだ状態は分かりませんが、これからのロッテの先発陣に欠かせない欠かせない投手になって欲しいです!

もちろん今シーズンもそうですが、その先も楽しみになるような良いピッチングを見せていただきたいですね。

 

それと、阪神にトレードで移籍した高野投手が今日の巨人戦で初登板となりました。

同点の10回裏に登板し、ピンチを招いてしまい1イニング投げ切ることはありませんでしたがとりあえず失点が無かったので良かったですね。

 

スポンサーリンク

7月26日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H9451394
2F93494041.5
3E91464324.5
4L91464415
5M91424728.5
6B923948510.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

※前日時点での順位表です。

 

7月27日「ロッテ対楽天の試合結果」

勝利投手【M】唐川投手(5勝3敗)

敗戦投手【E】森原投手(2勝1敗)

セーブ 【M】益田投手(2勝4敗18S)

本塁打:【E】浅村 20号(8回表2ラン)

〃  :【M】マーティン 1号(8回裏2ラン)

 

今日のロッテの試合成績

今日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1011
2マーティン2130
3鈴木1010
4レアード0000
5角中1000
6井上0000
7中村2000
8田村1020
9三木1010
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備細川0000
代打清田1010
守備平沢0000

 

投手

 投球回自責点
 佐々木5回2失点
 チェン1回1失点
 松永1回0失点
唐川1回2失点
S益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPはマーティン選手清田選手です!

マーティン選手は1打席目・2打席目と三振に倒れ、5回表には正面に飛んできたライナー性の打球をはじいてしまいエラーと残念な結果に終わってしまいそうでしたがそれでは終わりませんでした。

 

まずは、昨日に引き続きレーザービームでランナーをさし、3打席目は四球で出塁。

4打席目には初ヒットとなるライトへのタイムリーヒットで打点を挙げ、8回裏に迎えた5打席目はレフト方向のラグーンに飛び込む初ホームラン・勝ち越し2ランを放ちました!

まだ2試合目なので何とも言えませんが、選球眼は良さそうですしパワーもありますね。肩も良いですから期待できますね。

 

そして、清田選手は1点ビハインドで迎えた8回裏・1アウトランナー2塁の場面で代打で出場。

同点のタイムリーヒットを放ちました。

バッティングの調子はやや落ち気味でしたが、やはり代打で結果を残してくれますね。

スタメンでの出場ももちろんですが、外野の選手は休みを挟みながら起用して好調を維持してほしいですね。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・2回表、ランナー2塁でレフトフェンスに当たるツーベースを打たれ先制を許す

・2回裏、角中選手のツーベースヒットから満塁のチャンスをつくり、田村選手の犠牲フライで同点。その後も1アウト1,3塁のチャンスが続き三木選手は三塁へのゴロを打つも2塁への送球が悪送球になり逆転に成功する。

・5回表、マーティン選手が正面のライナーをはじきエラーしバッターは3塁へ。そこから楽天打線に繋がれ3失点。最後はマーティン選手のレーザービームでアウトを取りチェンジ

・5回裏、1アウト満塁から鈴木大地選手が深めのセカンドフライとなるも、三塁ランナーの三木選手がホームに突っ込む好走塁で1点を返す。

・6回裏、2アウトからウィーラー選手のエラーで中村選手が出塁し、マーティン選手の初ヒットも出て3得点。勝ち越しに成功する

・8回表、1点リードの場面で唐川投手が登板するも2ランホームランで逆転を許す。

・8回裏、中村選手がヒットで出塁しバントで2塁へ。代打で清田選手が起用されレフト前タイムリーヒット、同点に追いつく

 

佐々木投手5回4失点(自責点2)という結果でした。

79球で降板となってしまったのでもったいなかったですね。

5回にはマーティン選手のエラーでいきなり3塁にランナーを背負ってしまうことになりますが、そこからヒット4本はいただけないですね。

 

もちろん、エラーで流れが相手に行ってしまったということもありますが…

ただ、あのエラーが無ければ7回ぐらいまで投げることができた可能性もあるのでアンラッキーでした。

佐々木投手に負けがつかなくてよかったです。

 

7月28日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】種市投手

【楽天】石橋投手

 

種市投手は現在5勝1敗と大幅に勝ちが先行していますね。

防御率は3点台で安定していますね。

 

ただ、前回登板では4四死球を出し5回で100球を超えています。

奪三振が多いピッチャーのため球数が多くなってしまうのは仕方がないことですが、疲れが出てきて不安が多い中継ぎ陣になってしまっているため、できるだけ長い回を投げてほしいですね。

 

エースになる素質は十分にあります!

そのためには、完投する力も欲しいところです。

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました