8月18日・オリックス戦『3試合で2得点の貧打』2019シーズン

スポンサーリンク

2019-08-18(日)

 

本日(8月18日)はオリックス・バファローズ戦でした。

オリックスには2連敗中と苦しいですね。

このカードの2試合ではまだ1点しかとることが出来ていません。

これ以上借金を増やしたくはないので、3タテはくらうわけにはいきません。

 

昨日、6回裏の途中でマウンドを降りたブランドン投手が左肘の違和感で抹消されています。

1軍に登録されたのは成田投手阿部投手です。

どちらの投手も今シーズン初の1軍登録となります。

不調の野手陣を入れ替えることはなく、中継ぎを2枚増やす形になりました。

 

中継ぎ陣の1軍登録人数は9人いるため、今日は酒居投手がベンチ外となっています。

チェン投手・ブランドン投手と左腕のロングリリーフを務めるポジションの投手が相次いで抹消となったため、左腕の成田投手・ロングの阿部投手を上げたというところでしょう。

 

今日は種市投手・柿沼選手の柿の種バッテリーに頑張っていただきたいですね。

種市投手は2試合連続二桁奪三振と好調が続いているので、今日も期待しています!

打線も捕手の入れ替えと打順の変更しかありませんでした。スタメンで出ている選手に頑張ってもらうしかありませんね。

 

スポンサーリンク

8月17日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H11261474
2L109575114
3E110545336.5
4F111535447.5
5M111535538
6B1115056510
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

※前日時点での順位表です。

 

8月18日「ロッテ対オリックスの試合結果」

勝利投手【B】K-鈴木投手(3勝5敗)

敗戦投手【M】種市投手(6勝2敗)

セーブ 【B】ディクソン投手(2勝1敗14S)

 

今日のロッテの試合成績

今日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2マーティン2000
3鈴木0000
4清田1000
5中村1010
6角中1000
7レアード0000
8平沢0000
9柿沼0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打田村0000
代打井上0000
守備三木0000
代走0000

 

投手

投球回自責点
種市6回2失点
松永0.2回0失点
東條0.1回0失点
東妻1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPはマーティン選手です!

今日も打線は先発投手の好投に応えられませんでした。

このカードは3試合で2得点と打線が全く機能しませんでしたね。

 

ただ、今日はマーティン選手がマルチ安打とチャンスを作りました。

初回にヒットを打ち、7回にも得点につながるヒットを放ちました。

9回にもチャンスを広げる四球で結果を残しています。

全体的な打線の状態が悪すぎますね。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・3回裏、死球と2本のヒットで2点を失い先制を許す

・5回裏、申告敬遠を合わせて3四球で満塁のピンチを招くも最後はショートフライに抑え追加点は許さず

・6回裏、種市投手は一度治療のためにベンチに下がるもマウンドに再び上がりこの回も無失点で切り抜ける

・7回表、マーティン選手・清田選手のヒットで1,2塁のチャンスをつくり、中村選手のツーベースヒットで1点を返すも1塁ランナーの清田選手は本塁でタッチアウト。得点は1点のみ

・7回裏、松永投手(対左打者2人)・東條投手のリレーで三者凡退に抑える

・9回裏、荻野選手とマーティン選手で1,2塁のチャンスをつくるも荻野選手は飛び出してしまいリクエストでアウト。1アウト1塁となり得点にはならずゲームセット。

 

種市投手6回2失点のという結果でした。

与四死球が6・奪三振が5と本調子ではなかったのでしょう。

6回裏には足をつってしまい一度ベンチに下がることもあったので…

 

ただ、しっかりと試合はつくってくれました。

失点は3回裏の2点のみとピンチで崩れないピッチングは流石です。

打線の援護がなかったのが残念でしたね。

 

楽天・ソフトバンクと相性の良い6連戦

明後日からの6連戦はロッテが得意としている2チームとの対戦となります。

楽天には10勝6敗・ホークスには12勝6敗とパリーグの中で勝ち越しているのはこの2チームだけです。

ただ、チームの状態があまり良くないのが不安ですね。

 

特に中軸を打つ選手が軒並み調子を落としているため、その選手たちに頑張ってもらわなければいけません。

レアード選手はもともとハイアベレージを残すタイプの選手ではないため十分な成績を残していると思いますが、スタメンを外れている井上選手にもう一度上げてきていただきたいですね。

今シーズンは残り30試合ほどと少なくなっているので、連敗は出来るだけ避けていただきたいところです。

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました