8月24日・ホークス戦『中村稔弥投手プロ初勝利』2019シーズン

スポンサーリンク

2019-08-24(土)

 

本日(8月24日)は福岡ソフトバンクホークス戦でした。

昨日は投手陣がホークス打線を4安打無失点に抑え、井上選手の2試合連続となるホームランもあり勝利をしています。

その井上選手は今日、再び4番に戻ってきました。

 

2試合連続でホームランが出ていますしマルチ安打が続いており好調です!

特にホークスに対して相性が良いため、このカードで勢いをつけてそのまま結果を出し続けてほしいですね。

 

昨日4打席4出塁をした角中選手はスタメンを外れています。

おそらく、左投手との相性を考えてということでしょう。

代打でのバッティングに期待しています。

 

5番レフトに入ったのは清田選手です。

得点圏での強さ、左投手との相性を見ると期待できますね。

 

そして先発は不調気味の二木投手です。

7月5日以来勝ちが無く、4連敗中と状態は良くありません。

ただホークス打線との相性は良く、3勝0敗・防御率2.88と今シーズン負けはありません。

相性の良さで試合が決まるわけではありませんが、得意なチームに対しては確実に勝ち越しておきたいですね。

 

スポンサーリンク

8月23日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H11764494
2L115605414.5
3E115565547
4M116555839
5F116545759
6B115535759.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

※前日時点での順位表です。

 

8月24日「ロッテ対ホークスの試合結果」

勝利投手【M】中村稔投手(1勝1敗)

敗戦投手【H】ミランダ投手(6勝4敗)

本塁打:【H】柳田 6号(3回表ソロ)

〃  :     中村 1号(3回表2ラン)

〃  :【M】荻野 10号(1回裏ソロ)

 

今日のロッテの試合成績

今日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2110
2鈴木1000
3マーティン1010
4井上1000
5清田1020
6中村0000
7レアード2040
8田村0000
9平沢0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打三家0000
守備細川0000

 

投手

投球回自責点
二木2回1失点
中村稔3.1回3失点
酒居1.2回0失点
松永0.1回1失点
東條0.2回0失点
阿部1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは荻野選手です!

初回から1点を失う展開にはなりましたが、

荻野選手の先頭打者ホームランですぐに試合を振り出しに戻すことができ、良い流れを呼び込んでくれましたね。

2回にもヒットを打ちチャンスを広げ得点につながりましたし、荻野選手が好調だと打線も元気になりますね。

 

今日のホームランで荻野選手はキャリア初となる二桁本塁打達成となりました。

打線は好調で、レアード選手も2打席連続で2点タイムリーヒットを放っています。

1打席目はあわやバックスクリーン弾というようなフェンス直撃となるタイムリーヒット(スタートが遅れシングルヒット)

2打席目は止めたバットにボールが当たりレフト前に落ちるラッキーなヒットでした。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回表、2アウトを取ってからの3連打で先制を許す

・1回裏、荻野選手の先頭打者ホームラン・ミランダ投手の一塁への悪送球・レアード選手のフェンス直撃となるタイムリーヒットなどで4点を取り逆転する

・2回表、再び連打でピンチを招くも平沢選手のファインプレーがあり無失点で切り抜ける

・2回裏、ノーアウト満塁のチャンスからマーティン選手の犠牲フライや、レアード選手が止めたバットでライト前へのラッキーヒットを放つなど5得点を挙げる

・3回表、先発二木投手に代わり中村稔弥投手が登板。2本のホームランを打たれ3点を失う

・4回裏、2アウト1,3塁からレアード選手は三遊間への当たりを放つも今宮選手が態勢を崩しながら1塁送球でバッターアウトとなる。しかし、ファーストが捕球する際にベースから足が離れたということでランナーコーチの根元コーチがアピールしリクエストを要するも判定覆らずアウト。追加点とはならず

・8回表、松永投手がマウンドに上がるも1失点でさらに1アウト1,2塁のピンチを招き交代。東條投手が3連投(※3登板ともイニングの途中から)となるもしっかりと無失点で抑える

・9回表、4点リードの場面で阿部投手が今シーズン初登板。内野安打を許すも無失点に抑えゲームセット。二木投手は2回で降板となったため、3回と3分の1を投げた中村稔弥投手がプロ初勝利となる

 

先発の二木投手2回1失点で降板となりました。

1回は2アウトからの3連打で失点。2回は無失点ながらも満塁のピンチを招くなど5安打を許しました。

2回で63球と球数も多く不安定なピッチングでしたね。

 

打線が2回までに9点を取ったこともあり、早めの交代の判断となりましたね。

3回からマウンドに上がった中村稔弥投手は交代直後にホームラン2本で3失点となりましたが3回と3分の1イニングを投げ、ロングリリーフとしての役目は果たしました。

 

そして、3回と3分の1イニングを投げたことによって中村稔弥投手がプロ初勝利を挙げました!

失点はありましたが、毎登板3イニング以上投げてくれるため心強いですね。

 

二木投手はおそらく怪我ということではないのでしょう。

不調が続いていますし、抹消になるかもしれませんね。

 

8月25日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】種市投手

【ホークス】武田投手

 

種市投手は前回登板の時に6回2失点のピッチングで負け投手となっています。

その試合は打線が1点しか取れていないため、仕方がありません。

ただ、少し球が荒れ気味で与四球が5奪三振が5とらしくないピッチングでしたね。

その悪い中でもしっかりと試合を作ってくれるのが種市投手の良さでもあります。

 

明日は相性の良いホークスとの対戦です。

とは言っても、中継ぎでの2登板だけで先発としては今シーズン初対戦となりますね。

ロッテ打線は相手先発の武田投手と相性が良いので、いつも通りのピッチングをしてくれれば7勝目を挙げることが出来るはずです。

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました