9月10日・日ハム戦『5者連続ヒットの勢い』2019シーズン

スポンサーリンク

2019-09-10(火)

 

本日(9月10日)は北海道日本ハムファイターズ戦でした。

石川投手は先発に戻ってからの4試合で2勝0敗と負けがありません。

好投を続けており、先発復帰後の4試合での防御率は1.27と調子が上がっています。

今シーズンの防御率も3点台まで良くなっていて、日ハムとの相性も良いため勝利を期待しています。

 

1か月前の東京ドームでの日ハム戦でも石川投手は勝ち星を挙げていますからね。

ロッテ打線も復調してきているので、石川投手を援護してあげていただきたいです。

 

そして、今日は加藤選手が登録されました。

DHで外野手の選手が出場したときは外野の控えが三家選手だけになることもありましたし、代走・守備固めでの出場がメインだった岡選手がスタメンで出ているためそこを担うことになるのでしょう。

 

そう思っていましたが、いきなり1番センターでスタメンです。

加藤翔平選手にはシーズン終盤でのこのチャンスを活かしていただきたいですね。

 

抹消されたのは二木投手です。

残りの試合も少なくなってくるので、相手の打線との相性などを見て変えていくのかもしれません。

結果を出している先発の枚数は多いのでそれぞれの選手が最善を尽くしていただきたいですね。

 

スポンサーリンク

9月9日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H12970554
2L129715710.5
3M131646347
4E130636347.5
5F1295965510.5
6B1285567613.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

※前日時点での順位表です。

 

9月10日「ロッテ対日ハムの試合結果」

勝利投手【M】石川投手(6勝5敗)

敗戦投手【F】ロドリゲス投手(6勝6敗)

本塁打:【M】マーティン 12号(2回表2ラン)

 

今日のロッテの試合成績

今日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1加藤0000
2鈴木1000
3中村0000
4井上0000
5清田2000
6マーティン2120
7田村2030
8レアード2010
9藤岡2010
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備0000
守備平沢0000
代走三木0000
代打三家1020
守備吉田0000

 

投手

投球回自責点
石川6回2失点
中村稔1回0失点
田中1回0失点
阿部1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPはマーティン選手です!

2回に見事な2ランホームランを打ち、打線に勢いをつけてくれましたね。

次の打席でもチャンスを広げる内野安打を打ち打撃好調です。

 

ただ、4回裏の守備でフェンスに頭を打ってしまい大事をとって交代となりました。

打撃・守備ともに欠かせない存在なので離脱となると痛手になります。

もちろん、無理をしての出場はいけません。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・2回表、マーティン選手の右中間への2ランホームランで先制する

・3回まで日ハムの選手の打球は全てセカンドへ飛び中村選手が好守備を見せる

・4回表、5番の清田選手から5者連続ヒットと繋がり3点を追加する

・4回裏、ライトの頭を超えそうな当たりをマーティン選手がつかむもフェンスに衝突し頭を打ち倒れ込む。その後、大事をとって岡選手に交代

・5回表、田村選手の2打席連続となるタイムリーヒットなどでさらに3点を追加

・6回裏、中田選手に2点タイムリーツーベースヒットを打たれ得点を許す

・9回表、ファーストの後方に飛んだ打球を追う中田選手・渡邉選手が交錯し中田選手は頭を打ち交代となる。その回、代打三家選手にタイムリースリーベースヒットが飛び出し2点を追加する

 

先発の石川投手6回2失点でした。

立ち上がりは安定していましたが、徐々に打たれてきてしまっていましたね。

ただ、早い段階での大量リードもありましたし十分なピッチングでした。

ゴロを打たせるピッチングが出来ていれば問題ないでしょう。

 

9月11日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】小島投手

【オリックス】張投手

 

小島投手はローテ入りをしてからも好投が続いています。

毎回100球前後で四球も少なく安定したピッチングですね。

明日も6回2失点ぐらいのピッチングをしてくれるはずです。

 

現在は防御率4.682勝4敗と負け越しにはなっていますが、それ以上に期待は高くなっています。

来シーズンに向けても良い投球を続けていただきたいですね。

 

相手先発の張投手とロッテ打線はまだ中継ぎでの対戦しかありません。

対戦が少ない投手を攻略していくことは難しいですが、少ないチャンスを活かして得点を挙げていくしかありません。

小島投手のためにも早い援護をしていただきたいです。

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました