9月16日・西武戦『苦手な本田投手を打ち崩す』2019シーズン

2019-09-16(月)

 

本日(9月16日)は埼玉西武ライオンズ戦でした。

一昨日・昨日は9回の表に追いついてからの延長でサヨナラ負け。良くない負け方が続き3連敗となっています。

ただ、Aクラス争いをしている楽天も連敗が続き有利な状況には変わりません。

 

今日の先発は石川投手です。

先発に戻ってからは好投が続いていますね。西武と相性が悪いということはないため今日もしっかりと試合をつくってくれるでしょう。

中継ぎ投手は失点が目立つので、四球はあまり出さないようにしていただきたいです。

 

一方、西武の先発はロッテキラーの本田投手です。

極端にロッテ打線との相性が良く、4戦4勝と完全に抑え込まれています。

来週も西武戦が1試合だけ残っているため、そこで本田投手を投げさせないためにも今日は攻略しなければいけません。

 

そして、失点が続く東妻投手が抹消となり唐川投手が登録されました。

東妻投手はルーキーながらも後半戦から1軍に合流し24登板。

  • 7月は6登板で2失点、防御率3.18
  • 8月は12登板で1失点、防御率0.84
  • 9月は6登板で8失点、防御率15.43

9月に入ってからは失点が極端に増えたものの、それまではチームに大貢献していたことは事実です。

今シーズン1軍で投げたことによって課題も分かったと思うので、来シーズンは1年間戦える力をつけてきてほしいですね。

 

今日はスタメンからレアード選手が外れることになりましたが、少しでも多く得点を取っていただきたいです。

 

スポンサーリンク

9月15日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1L13475581M9
2H133725741
3M136666648.5
4E134646649.5
5F1346168512
6B1315768614
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

※前日時点での順位表です。

 

9月16日「ロッテ対西武の試合結果」

勝利投手【M】石川投手(7勝5敗)

敗戦投手【L】本田投手(6勝6敗)

本塁打:【M】藤岡 2号(5回表ソロ)

 

今日のロッテの試合成績

今日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1010
2鈴木1000
3マーティン2020
4井上2000
5角中1000
6清田2030
7田村2020
8中村0000
9藤岡1110
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備三木0000

 

投手

投球回自責点
石川7回3失点
田中1回0失点
チェン1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは田村選手です!

6回に打者一巡の猛攻で逆転し、石川投手が7回3失点と各々が活躍した試合でしたね。

その中でも勝ち越し打を打った田村選手は打撃好調ですね。

今日もマルチ安打ですし、打率は2割5分を超えてきました

 

柿沼選手の離脱で捕手陣が手薄になってしまいましたが、これだけ打てれば打撃面でスタメンから外すことが出来なくなります。

この状態を続けてほしいですね。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・2回裏、石川投手がライオンズ打線に3連打を打たれ2点を先制される

・4回裏、先頭バッターに二塁打を許すもそこから三者連続三振でピンチをしのぐ

・5回表、藤岡選手の2号ソロホームランで1点を返す

・6回表、打者一巡の猛攻で難敵の本田投手を打ち崩し4本のタイムリーヒットで6点を奪い逆転する

・6回裏、石川投手が2アウトから3者連続四球で満塁のピンチを招くも最後は三振で抑え無失点で切り抜ける

・8回裏、両チームからの2球連続リクエストという珍しい状況が起こる。

・1つ目は木村選手のファウルチップを直接捕球し三振という判定に対して西武側がデッドボールかどうかのリクエストをするも、手には当たっていないと判断し判定はそのままファウルチップで三振

・2つ目は田村選手がボールを逸らす間にメヒア選手が2塁を狙いセーフとなるも、ロッテ側のリクエストで判定が覆りアウト

・9回表、清田選手の2点タイムリーツーベースでリードを6点に広げる

・9回裏はチェン投手が無失点で抑えゲームセット。連敗を止める

 

先発の石川投手7回3失点の好投でした。

2回に3連打で先制を許してしまいましたが、そのあとは粘り強く投げ7個の三振を奪いました。

大量援護の直後の6回には3連続四球と乱調になりましたが、7回まで投げてくれたのはありがたかったですね。

中5日で124球投げて抑えてくれる石川投手はエースと呼んでも差し支えないでしょう。

 

優勝争い・Aクラス争いはまだまだ分からない

西武とホークスの優勝マジックが入れ替わったり、Aクラス争いではロッテと楽天のゲーム差が近く日ハムも可能性を残しているという状態です。

そんな状態になったのもロッテが苦手な球団・得意な球団がはっきりしているからでしょう(笑)

最後の方の試合がただの消化試合にならないため、今シーズンは最後まで楽しめそうですね。

 

残り試合が一番少ないのはロッテであと6試合、一番多いのはオリックスであと11試合と順調に消化できています。

ロッテが一番残り試合が少ないということから、存分に中継ぎ投手を使うことが出来るため有利なのかもしれませんが、中継ぎ投手が不調というのが残念ですね。

 

最後の6連戦は試合の内容よりも結果を求められる試合になるので、1つでも多くの勝利を挙げていただきたいですし、福浦選手の引退試合を23日に控えていることもあるため早めにCS出場を決めておきたいところです。

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました