6月3日・日ハムとの練習試合『2日連続の5対5で引き分け』2020シーズン

2020-06-03(水)

 

昨日の練習試合は清田選手の同点ホームランもあり引き分けに終わりました。

先制をされてから粘り強さを見せた良いゲームでした。

 

今日も昨日に引き続き日ハムとの練習試合です。

ただ、ホーム側のロッテが先攻というルールになっていました。

 

スタメンで変わった選手は、3番が鳥谷選手から清田選手・捕手が柿沼選手になっています。

清田選手は代打でも大いに期待できる選手ですが、勝負強さがあるためチャンスで結果を残していただきたいです。

 

鳥谷選手にとっては厳しい状況になりました。

ショートの藤岡選手は打撃好調ですし、2軍にいるルーキーの福田光輝選手も練習試合の内容次第では開幕スタメンの可能性も十分にあります。

 

外野陣も期待できる選手が多くいるため、DHを外野手で使うことになれば三塁はレアード選手・二塁は中村選手とポジションがありません。

それ以外にも内野手では若い選手が多く控えているため、鳥谷選手をわざわざ使う理由は無くなってしまいます。

 

しかし、まだまだ練習試合は多くあるので安定した成績を残すことが重要です。

徐々にでも調子を上げることが出来れば、どの選手にもチャンスはあります。

 

先発としてマウンドに上がるのは二木投手です。

昨日は種市投手が不安定なピッチングとなってしまったため、安心できる材料として「内容・結果」ともに良い投球を期待しています。

 

スポンサーリンク

6月3日の練習試合の結果

本塁打 【M】レアード(1回表2ラン)

〃        藤岡(7回表2ラン)

〃   【F】大田(1回裏2ラン)

〃       近藤(1回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手の出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野0000
2角中0000
3清田2000
4レアード2120
5マーティン1010
6中村0000
7井上1000
8柿沼1000
9藤岡1120
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走和田0001
代走細谷1000
守備鳥谷0000
代走三家0000
代打福田秀0000
守備西巻1000
守備茶谷1000
守備江村0000
守備香月0000

 

投手

投球回自責点
二木3回4失点
チェン2回0失点
石崎1回0失点
田中1回0失点
永野2回1失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回表、3番でスタメン出場となった清田選手がヒットで出塁し、4番のレアード選手が高めのストレートを完璧にレフトスタンドへ運んで2点を先制

・1回裏、二木投手は先頭バッターから3連打・2者連続ホームランを打たれ3点を失い逆転を許す。

・3回裏、ランナーを一塁において三塁線を破られる長打を打たれさらに失点。

チェン投手は2イニングとも三者凡退、22球で終わらせる完璧なピッチングでした。

・6回表、レアード選手のヒットから代走和田選手の盗塁でチャンスを作り、右中間を破るマーティン選手のタイムリーツーベースで一点差に詰め寄る

・6回裏、石崎投手が最速151キロの直球を中心に7球で1イニングを抑える

・7回表、ランナーを二塁において好調の藤岡選手が内角低めのストレートをレフトスタンドに叩き込み逆転に成功する

・9回表、得点には繋がらなかったものの守備から出場している西巻選手・茶谷選手にヒットが出る

・9回裏、2アウト1,3塁から内野安打を許し同点に追いつかれゲームセット。2試合連続となる引き分けで終了です。

 

先発の二木投手は3回4失点と残念な結果でした。

初回はいきなりの3連打・2者連続ホームランと立ち上がりの不安定さが伺えます。

3人のバッターに対してはストレートだけでのピッチングだったとはいえ、制球も球威もイマイチでした。

変化球は良いところに決まり三振を4つ奪いましたが、良いストレートが無ければ変化球も活きません。

 

二木投手・種市投手がイマイチだったのはとても不安ですね。

先発候補の選手は多くいますが、ローテの有力候補となる2人の投手なので練習試合の間に調子を取りもどしていただきたいです。

 

藤岡選手は2試合連続でのホームランと好調が続いています。

下位打線での起用になっていますが、2,3番辺りの上位で打たせてみても良さそうです。

 

今シーズンは二遊間を守ることのできる選手が一気に増えた中で、現段階のショートスタメンは藤岡選手一択の状態です。

どのポジションにも言えることですが、消去法で選手を選ぶ形になってはいけません。

 

レアード選手・マーティン選手や清田選手など好調の選手が多くいて嬉しい限りです。

投手陣では先発陣が怪しいですが、中継ぎ陣は球速の出るピッチャーが多く連戦に耐えられる状態が作れています。

 

そんな中、中止になった西武と巨人の練習試合

報道では、巨人でコロナウイルスの感染が疑われる選手が出てしまったようです。

 

陽性となった場合、予定通りの開幕が難しくなるかもしれませんね。

もちろん、今年中にコロナウイルスを完全に排除することは厳しいため感染者が出た時点で中断ということにはなっていません。

 

しかし、チーム内で感染者が出た場合はさらに感染が広がるリスクが高いため「練習試合を組めない・試合ができない」となってしまえば開幕の延期は避けられないでしょう。

どこのチームにも起こりうることなので、しっかりとした対策が必要です。

まだ様子を見守る事しかできませんが、大事にならないことを祈っています。

 

2020年シーズン
スポンサーリンク
あみさかをフォローする
マリーンズ観戦記
タイトルとURLをコピーしました