7月2日・楽天戦『ロッテ打線が繋がり10安打8得点の快勝』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-07-02(水)

 

本日(7月2日)は東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。

昨日は雨の影響もあり、小島投手は制球を乱してゲームを落とすことになってしまいました。

 

まだ楽天と首位で並んだところですが、連敗は良くありませんね。

同一カード6連戦は勢いで押し切られてしまう可能性もあるため、カード頭を落としたときは気を付けなければいけません。

 

とは言え、悪い負け方ではなかったので流れはまだ持って行かれていません。

失点は小島投手だけですし、楽天の中継ぎにも怖い印象を与えられたはずです。

 

ロッテとしても、勝ちパターンの投手をそろそろ出したいですね。

今日はチャンスで着実に得点を積み重ねていただきたいです。

 

岩下投手柿沼選手のバッテリーで連敗を止め、表ローテの3投手に回したいですね。

表ローテは勝てる投手が揃っているため、楽天打線を抑えてくれるはずです。

 

今日の相手先発は左腕の塩見投手ということで、3番には清田選手が入っています。

得点圏でのヒットがない角中選手は今日も2番に入っているため、チャンスで回ってきたらタイムリーを期待しています。

 

6番に中村選手・7番に井上選手を固定し続ける起用には疑問が残りますが、2,3番に入った選手が結果を残せば繋がりが出ることには間違いないので、今日は清田選手・角中選手のつなぎに期待です

 

スポンサーリンク

7月1日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E11830
1M11830
3L116502
4H114613.5
4F114613.5
6B112906
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

7月2日「ロッテ対楽天の試合結果」

勝利投手【M】岩下投手(2勝0敗)

敗戦投手【E】塩見投手(0勝2敗)

本塁打 【M】井上 2号(2回表2ラン)

〃        マーティン 3号(7回表ソロ)

〃   【E】ロメロ 4号(2回裏2ラン)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野0001
2角中1010
3清田1010
4レアード1000
5マーティン2130
6中村3000
7井上1130
8柿沼0000
9藤岡1000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走鳥谷0000
守備0000
守備和田0000

 

投手

投球回自責点
岩下5回2失点
田中1回0失点
ハーマン1回0失点
ジャクソン1回0失点
益田1回2失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは清田選手マーティン選手です。

 

まず、先制点を挙げたのは井上選手の2ランホームランでした。

すぐに追いつかれてしまいましたが、先制点を取ったことで相手に流れを渡さないという意味で重要な活躍です。

 

そして、対左に強い清田選手のしぶとく流した勝ち越しタイムリーは流石ですね。

1打席目は併殺に倒れていましたが、しっかりと任された仕事をしてくれました。

 

ただ、今日一番活躍したのはマーティン選手だと思います。

1打席目は三振・2打席目は満塁のチャンスで併殺打に倒れていました。

ここまでは低調でしたが、3打席目に再び回ってきた満塁のチャンスでレフト前タイムリーヒットを決めてくれました。

 

さらには、4打席目にも左腕の辛島投手から3試合連続となるホームランを放って、左投手も苦にしないバッティングを見せてくれました。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・2回表、中村奨吾選手がヒットで出塁し、続く井上選手がレフトスタンドへの2ランホームランを放ち先制する

・2回裏、岩下投手の高めに浮いたストレートをロメロ選手にバックスクリーンまではじき返され同点に追いつかれる

・3回表、藤岡選手のフォアボールと角中選手のヒットでチャンスを作り、清田選手の1,2塁間をしぶとく破るタイムリーヒットで1点を勝ち越す

さらに満塁のチャンスが続くも、マーティン選手はボテボテのピッチャーゴロで併殺となり追加点は無し

・5回表、荻野選手が四球で出塁してから盗塁でチャンスを作り、清田選手は粘って四球、レアード選手は勝負を避けられ、マーティン選手のレフト前タイムリーで2点を追加する

続く中村奨吾選手は四球・井上選手は押し出しのデッドボールでリードを4点に広げる

・5回裏、2アウト2塁の場面で藤岡選手が正面のショートゴロを掴み損ねる今季初エラー、続くバッターにヒットを打たれ1点を返される

・6回表、藤岡選手がヒットで出塁し、荻野選手がバントを決めた打球は捕手の一塁送球がそれて2,3塁のチャンスに。続く角中選手の犠牲フライでさらに1点を追加する

・7回表、マーティン選手が3戦連発となるライトスタンドへのホームランを放つ

・7回裏からは、登板間隔の空いていた勝ちパターン(ハーマン投手・ジャクソン投手・益田投手)のリレーで逃げ切り連敗ストップ

マリーンズは再び単独首位

 

先発の岩下投手5回3失点(自責点2)という結果でした。

今日はストレートとスライダーの制球が良く、ストライク先行のピッチングが出来ていました。

 

立ち上がりは高めに浮くストレートもありホームランを打たれてしまいましたが、徐々に低め中心の投球へと変わっていました。

多少球が高くなっても、ストレートに力があるので外野フライで打ちとれるのが良いですね。

 

84球で早めの降板となりましたが、次の登板を見据えてということもあるでしょう。

登板数が少ない中継ぎも多いですし、全然投げていなかった中村稔弥投手石崎投手が散々な目にあっているので、中継ぎの調整も含めてかもしれませんね。

 

4日ぶりの登板となった益田投手は2失点となりましたが、セーブ機会での失点はまだありませんし、点差がある場面だったのでそういう意味では良い調整登板になったのではないでしょうか。

 

7月3日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】石川投手

【楽天】則本投手

 

明日の楽天の先発は則本投手です。

今シーズンは開幕から2戦2勝と好調で、三振を取るピッチングを続けています。

ロッテが苦手とする投手ですが、粘って粘って甘くなった球が来るまで球数を使わせ、早めに降ろしたいですね。

 

マリーンズの先発石川投手は前回と登板で6回4失点と立ち上がりがイマイチでした。

開幕戦のような完璧なピッチングを期待しているわけではありませんが、エースという立場もあるので長いイニングを投げていただきたいです。

もちろん、今シーズン初勝利に期待しています。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました