7月3日・楽天戦『終始イーグルスに主導権を握られ敗戦』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-07-03(金)

 

本日(7月3日)は東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。

昨日は打線が繋がり連敗を止めました。

岩下投手も5回3失点(自責点2)と試合を作ってくれましたね。

 

今日は石川投手則本投手のエース対決です。

中継ぎをやや多めに使っているため、石川投手には6イニング以上を確実に投げていただきたいです。

 

出来れば7回まで投げて、ジャクソン投手・益田投手の勝ちパターン2人で乗り切ってほしいところです。

勝ちパターンが全員2連投すると、明日の試合で誰も投げることが出来なくなってしまいますから。

 

打線は昨日と変わりありません。

守備の良い清田選手がDHで角中選手がレフトの守備につくのは気になりますが、2人とも30代中盤の選手なので交互に休ませながらという感じでしょうか?

 

石川投手とバッテリーを組むのは柿沼選手です。

珍しい組み合わせですね。

田村選手のベンチスタートの理由はおそらく、浅村選手のバットが腕に当たった影響で少し休みを与えるということだと思われます。

 

そして、今日もマーティン選手のバッティングに期待しています。

打線の真ん中となる5番バッターのマーティン選手が好調だと、上位打線と下位打線の繋がりはより強くなります。

左投手からも問題なく打てているので、マリーンズ打線を引っ張る存在になって欲しいです。

 

スポンサーリンク

7月2日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1M12930
2E128401
3L127502
4H125613.5
5F124714.5
6B1221007
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

7月3日「ロッテ対楽天の試合結果」

勝利投手【E】則本投手(3勝0敗)

敗戦投手【M】石川投手(0勝1敗)

セーブ 【E】森原投手(1勝0敗3S)

本塁打 【E】辰巳 1号(5回裏ソロ)

〃        島内 1号(6回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2角中0000
3清田0000
4レアード0000
5マーティン0000
6中村1000
7井上0000
8柿沼1000
9藤岡1000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打0000
守備田村0000
代打福田光0000

 

投手

投球回自責点
石川6回3失点
小野1回0失点
石崎1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは該当者なしです。

 

今日は4安打1失点と、マリーンズ打線は則本投手に抑え込まれてしまいました。

唯一の得点も相手のパスボールで、マリーンズ打線が繋がることはありませんでした。

 

石川投手は6回3失点と悪いピッチングではありませんでしたが、なかなかマリーンズペースに試合を持ち込むことは出来ませんでした。

小野投手石崎投手もそれぞれピンチを招く投球で、終始楽天に主導権を握られた試合でした。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・2回裏、2アウト3塁から太田選手の放った打球はレフト後方へ、角中選手は落下点に入るもボールをグラブで弾いて落とし先制点を許す(記録はヒット)

・4回表、荻野選手がピッチャー返しのヒットでチーム初の出塁。その際、則本投手は素手でボールを掴みにいき、治療のため一度ベンチに下がるも続投

その後、角中選手が死球・清田選手が送りバントで2,3塁にランナーを置き、相手バッテリーのパスボールで同点に追いつく

・5回裏、石川投手はこの回先頭の辰巳選手に1号ソロホームランを打たれて再び勝ち越しを許す

・6回裏、石川投手はこの回も先頭の島内選手に1号ソロホームランを打たれて追加点を許す

・7回表、中村奨吾選手藤岡選手のヒットでチャンスを作るも、続く荻野選手はショートゴロに倒れ得点できず

・2点ビハインドで迎えた9回裏は中村奨吾選手井上選手が粘りを見せるも、結局は三者凡退に倒れゲームセット。

楽天に3敗し、再び同率首位で並ぶ

 

石川投手6回3失点という結果でした。

ただ、先制点は角中選手のまずい守備もあったので投球内容としてはそこまで悪くありません。

 

5回・6回の先頭バッターのホームランはもったいなかったですね。

ソロホームランだったので失点は最小限ですが、同点の場面だったのでもう少し丁寧さが欲しかったです。

 

6回を投げて113球という球数はやや多いですが、今の楽天打線は甘い球を捉えてくるので仕方がありません。

なかなか勝ちが付きませんね。

 

7月4日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】種市投手

【楽天】岸投手

 

明日のマリーンズの先発は種市投手です。

今シーズンは6回1失点・7回1失点と好投が続いていますが、未だ勝ちはありません。

種市投手が登板した2試合ともチームは勝利していますが、勝利投手はともにハーマン投手です。

 

おそらく明日も楽天打線を抑えてくれると思うので、打線が多めに援護をして今シーズン初勝利を付けてあげてほしいです。

 

対する楽天の先発は岸投手

明日が今シーズン初登板となります。

開幕ローテには入っていませんでしたが、ロッテ打線からすると苦手なピッチャーの印象があります。

 

明日は投手戦になると思いますが、岸投手を打ち崩してほしいです。

日曜日の美馬投手でも勝って、連勝で勢いをつけてから西武戦に臨むのが理想の形だと思います。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました