7月15日・日ハム戦『打線は追加点を奪えず、中継ぎは抑えきれず』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-07-15(水)

 

本日(7月15日)は北海道日本ハムファイターズ戦でした。

 

死球を受けて右肩甲骨を骨折していた福田秀平がそろそろ実戦復帰の予定となっているようです。

今は荻野選手・マーティン選手・菅野選手と外野には好調な選手が揃っていますが、上に行くためには必ず必要になる選手なので、ゆっくりと調整してから1軍に戻ってきていただきたいです。

 

そして、今日の先発は小島投手柿沼捕手のバッテリーです。

今シーズン初の組み合わせとなります。

 

小島投手はローテを守って3試合投げていますが、低めに投げ切れず不安定なピッチングが続いています。

前回登板では勝ちが付かなかったものの6回2失点と良いピッチングでしたし、今日は天候に影響されないドームなので良い内容を期待しています。

美馬投手が作ってくれた良い流れのまま、この6連戦を戦っていきたいですね。

 

少し不安なのは田村選手です。

打撃成績も良くないですし、盗塁阻止率も.067とほとんど刺すことが出来ていません。

 

そういう点も踏まえて今日は柿沼選手を選んだということもあるでしょう。

まだ腰の不調が続いている可能性もあるので、柿沼選手・佐藤選手にも頑張ってほしいですね。

 

スポンサーリンク

7月14日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E211380
2M2112901
3L2010912
4H22111012
5B2281224.5
6F2271325.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

7月15日「ロッテ対日ハムの試合結果」

勝利投手【F】宮西投手(1勝0敗)

敗戦投手【M】小野投手(1勝1敗)

セーブ 【F】秋吉投手(1勝1敗4S)

本塁打 【M】マーティン 5号(5回表3ラン)

〃   【F】ビヤヌエバ 2号(6回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2マーティン1130
3菅野0000
4レアード2000
5井上1010
6中村0000
7安田0000
8柿沼1000
9藤岡0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打清田0000
守備田村0000

 

投手

投球回自責点
小島4.2回2失点
田中0.1回0失点
チェン0.2回2失点
東條0.1回0失点
ハーマン1回0失点
小野1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPはマーティン選手です。

 

今日も内角高めのストレートをライトスタンドの上段まで飛ばしました。

打った瞬間という凄い当たりで、飛距離も伸びていました。

 

2試合連続ホームランと長打も増えてきましたし、2番バッターとして重要な出塁率も上がってきているため、荻野選手との1,2番コンビが定着しましたね。

一発のある選手が2番いることで荻野選手の盗塁もおそらく増えてくると思うので、足もどんどん使っていってほしいです。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回裏、小島投手は2本のヒットで2,3塁にランナーを置いてから、4番の中田選手にタイムリーヒットを打たれ2点を失う

・3回裏、ヒットと四球2つで1アウト満塁のピンチを招くも、続くバッターを三振・ライトフライに打ち取り無失点で切り抜ける

・4回表、菅野選手の四球とレアード選手のヒットで1,3塁のチャンスを作り、井上選手のセンターとセカンドの間に落ちるタイムリーヒットで1点を返す

・5回表、柿沼選手の内野安打からランナー1,2塁のチャンスを作り、マーティン選手のライトスタンドへの特大3ランで逆転に成功する

・5回裏、小島投手は再び制球を乱して2アウト満塁のピンチを招いたところで降板。代わった田中投手は続くバッターを三振に抑え得点は許さず

・6回裏、1週間ぶりの登板となったチェン投手は先頭のビヤヌエバ選手にホームランを打たれ、その後も連打で点を失い同点に追いつかれる

・8回表、中村奨吾選手安田選手が粘って四球で出塁し1アウト1,2塁のチャンス。しかし、代打の清田選手・藤岡選手が連続三振に倒れ得点できず

・8回裏、いきなりレアード選手の送球エラーでランナー2塁のピンチを招いた小野投手は満塁のピンチを招き、犠牲フライとタイムリー内野安打で勝ち越しを許す。

エラーが無ければ中田選手の犠牲フライが3アウト目となるため、小野投手は自責点0

・9回表、荻野選手が出塁して一発出れば同点のチャンスという場面も、後続は続かずゲームセット

 

先発の小島投手のピッチングは安定感がなく、立ち上がりは特に高めに浮く球が多いですね。

3回と5回には制球が乱れて満塁のピンチを作ることもあったため、球数も多かったです。

 

結局、あとアウト1つ取れば勝ち投手の権利を得られるところで降板となりました。

5回途中2失点と最低限の仕事しましたが、今シーズンの小島投手に求められていることはローテを守りながら先発としての仕事を果たすことです。

 

5回で100球近くなってしまうと中継ぎに負担がかかってしまいますし、昨シーズンの終盤とオープン戦や練習試合での好投もあったため、首脳陣の期待が高くなっていることも事実です。

6回、7回と安定して投げられるピッチャーになって欲しいですね。

 

7月16日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】岩下投手

【日ハム】バーヘイゲン投手

 

明日の先発は、マリーンズ先発陣で一番好調な岩下投手です。

先週も勝利が付きそうな好投がありましたが、ノーゲームとなってしまい残念でした。

 

2戦2勝・防御率1.69と一番勝利を期待できるピッチャーです。

中継ぎに不安があるため、調子の良い先発はできるだけ長いイニングを投げてほしいですね。

岩下投手の3勝目を期待しています。

 

対する日ハムの先発バーヘイゲン投手はここ2試合で4本のホームランを打たれるなど、好調というわけではなさそうです。

新外国人投手なので初対戦にはなりますが、確実に打ち崩して岩下投手の勝ち星を増やしてあげていただきたいですね。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました