8月2日・楽天戦『終盤8回に試合をひっくり返して3勝3敗』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-08-02(日)

 

本日(8月2日)は
東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。

 

昨日は種市投手の大乱調、さらには打線は得点を奪えず大敗となってしまいました。

楽天とはこのカード2勝3敗と負け越しているため、今日は確実に勝っておきたいところです。

 

昨日はロッテは負けてしまいましたが、勝率の関係でロッテは3位に浮上しました。

勝率は色々とややこしいですね。

 

そして、昨日打ち込まれてしまった種市投手は抹消となっています。

おそらく完封勝利をしたときの疲労などを考慮してのリフレッシュということでしょう。ゆくゆくは136球で完封をした試合があっても疲れを気にせず投げてもらわないといけませんが、まだ若い投手なので仕方がありません

 

代わりに昇格したのは成田投手です。

おそらく接戦の場面では出てこないと思いますが、今年で5年目なのでそろそろ1軍で投げ始めてほしいですね。

 

昨日ロングリリーフをした永野投手がベンチ入りをしていないため、このままオリックス戦でも投げるようです。

長距離移動での負担が懸念されますが、早めに大阪への移動を始めているのかもしれませんね。

 

今日のバッテリーは中村稔弥投手柿沼選手です。

前回登板では5回1失点の好投があったため、今日はもう少し長いイニングを投げての好投を期待しています。

 

そして、井口監督は完封負けをしたことに対して入れ替えを含めてやりたいというコメントがあったようですが、スタメンの岡選手菅野選手に、藤岡選手鳥谷選手に代わっただけでした。

 

菅野選手がスタメンに戻ってきたのは良かったですが、調子を上げてきている藤岡選手をスタメンから外してしまうのはもったいない気がします。

 

それよりも、DHのレアード選手の打席チャンスのもらえていない若手選手に与えたり、良い当たりが続きながらもなかなか出塁できていない福田秀平選手の打順を変えてみたり、先にやるべきことがあると思います。

 

チームに必要な選手の復調を待つことも大切かもしれませんが、将来を見据えるのであれば若手に活躍の場を与えるのも大切なことです。

 

スポンサーリンク

8月1日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H3822151
2E37201611.5
3M37181904
4L36171814
5F38171924.5
6B38142137
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

8月2日「ロッテ対楽天の試合結果」

勝利投手【M】チェン投手(1勝1敗)

敗戦投手【E】酒居投手(1勝1敗)

セーブ 【M】益田投手(1勝2敗11S)

本塁打 【E】ロメロ 10号(4回表2ラン)

〃        ロメロ 11号(7回表2ラン)

〃   【M】角中 1号(7回裏ソロ)

〃        マーティン 8号(8回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1福田秀0000
2中村1000
3マーティン3110
4安田0000
5井上1020
6菅野1010
7鳥谷0000
8レアード1000
9柿沼0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打角中2120
代打藤岡0010
守備田村0000
代走0001

 

投手

投球回自責点
中村稔5回2失点
唐川1回0失点
1回2失点
チェン1回1失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPはマーティン選手と角中選手です。

 

マーティン選手は猛打賞の活躍で、8回には反撃を呼び込むホームランを放ちました。

荻野選手が離脱してからは、一番頼りになるバッターですね。

 

そして、角中選手は代打で出場して1打席目はソロホームラン、2打席目は満塁の場面で同点打となるタイムリーヒットを放ちました。

スタメンで結果を残してほしい選手ですが、これからも代打で勝負強さを見せていただきたいです。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・3回裏、レアード選手が4試合ぶりのヒットを放ってランナーが出るも、柿沼選手のバントはファースト内田選手の好チャージで併殺に
・4回表、中村稔弥投手は2アウトから連打で1,3塁のピンチを招き、少し逸れた投球を柿沼選手がホームへの悪送球をした間に先制を許す(記録はワイルドピッチ捕手の送球エラー
さらにはロメロ選手に2ランホームランを打たれてこの回3点を失う。
・4回裏、1アウト2,3塁の場面で井上選手のショートゴロの間にランナーが生還し1点を返す
・6回裏、中村奨吾選手・マーティン選手の連打から満塁のチャンスを作り、井上選手の犠牲フライで1点を返し、菅野選手の二遊間へのバウンドの高い打球は楽天の二遊間がどちらも捕球できずにタイムリーヒットとなり同点に追いつく
・7回表、南投手がロメロ選手に今日2本目の2ランホームランを打たれて勝ち越しを許す
・7回裏、代打の角中選手がライトスタンドへのホームランを放ち1点差に
・8回表、チェン投手がマウンドに上がるも、ヒットと盗塁で得点圏にランナーを置いてからタイムリーヒットを打たれて点差が広がる
・8回裏、マーティン選手のソロホームランで再び点差は1点となり、その後も酒居投手を攻め立てて満塁で角中選手のタイムリー、藤岡選手の犠牲フライで逆転に成功する
・1点リードで迎えた9回裏のマウンドに上がった益田投手はランナーを出しながらも無失点で抑えきり試合終了

楽天との6連戦は3勝3敗の五分で終え、チームの勝率も五分に

益田投手は11セーブ目を記録

 

中村稔弥投手は5回3失点(自責点2)という結果でした。

今日は左打者の内角にも良い球を投げ込めていましたし、右打者にも低めの良いボールを投げていました。

球速以上に球の力強さが感じられます。

 

4回表の2アウトまでは1人もランナーを出さないピッチングでしたが、ヒットを打たれてから守備も乱れもあって連打を食らってしまいました。

ランナーを出してからが課題ですね。

 

5回72球で早めの交代となったのは、登板間隔の空いた中継ぎにも投げさせておくためでしょう。

種市投手がすでに抹消されているため、中村稔弥投手は来週も投げるはずです。次こそは6回以上を投げていただきたいです。

 

オリックスとの6連戦へ、コロナ感染

明後日からは、ホームのマリンで開幕早々6タテを決めたオリックスとの6連戦です。

今度は京セラドームでの6連戦となりますし、あの時のマリーンズ打線と比べると今の状態は悪いので結果は全く違うものになるでしょう。

 

ただ、日ハムとの連戦を戦っていたオリックス打線の調子も悪そうなので、やはりカード頭を取れるかどうかというのが重要になってきそうです。

火曜日に投げている美馬投手はここ2試合とも大量失点で相手打線に勢いをつける結果になっているため、来週こそは好投を期待します。

 

後は、荻野選手の復帰に期待ですね。

最短であればオリックス戦から合流になるため、早い復帰を願っています。

 

そして、土曜日にホークスの長谷川選手がコロナウイルスに感染したことが分かりました。

今は全国的に感染が拡大しているため、いくら対策をしていてもこうなることは仕方がありません。

 

大切なのは、そこから感染が広がらないようにすることです。

長谷川選手が同じチームの誰かから感染したということもあり得ますし、他のチームの選手から感染している可能性も十分に考えられます。

長谷川選手には、早く治して元気になっていただきたいですね。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました