8月8日・オリックス戦『16安打9打点、ロッテ打線の猛攻』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-08-08(土)

 

本日(8月8日)は
オリックス・バファローズ戦でした。

 

昨日の試合の良い終わり方はあまり良くなかったですが、結果的に益田投手の100セーブ目を記録して勝利出来たので良かったです。

 

今日先発する二木投手の昇格に合わせて抹消されたのはチェン投手でした。

もちろん昨日の試合で打たれていたことも理由の一つだと思いますが、制球を乱す場面や失点が多くなってきていました。

1軍は左腕の枚数が揃ってきたので、もう一度調子を上げて1軍に戻ってきていただきたいです。

 

今日の先発バッテリーは二木投手田村選手

二木投手は6月30日以来の登板、今シーズン3度目の先発登板となります。

今日こそは勝利が付くような好投を期待しています。

 

田村選手が2試合連続でスタメンマスクを被るのは7月1日以来です。

腰痛で満身創痍な状態ながらも、昨日は2本のタイムリーに盗塁阻止も見せてくれました。

状態が良くなっていることを期待して、二木投手をしっかりとリードしていただきたいです。

 

そして、福田秀平選手がスタメンを外れました。

ヒットが全く出ていない訳ではありませんが、打率.140・出塁率.210で、三振が多いバッタ―です。

センターの守備でプラスがあるわけでもないので、固定し続けるのは難しいですね。

今日は岡選手が9番センターでスタメン出場です。

 

荻野選手の復帰も遅れているようなので、センターを守れる選手は福田秀平選手・岡選手・和田選手、又は2軍から調子の良い選手を上げるしかありません。

和田選手もまだバッティングは時間がかかりそうなので、荻野選手が戻ってくる前に1人ぐらい2軍の選手を9番スタメンで試してみても面白いと思います。

 

スポンサーリンク

8月7日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H4223181
1E4223181
3M42212012
4F42202022.5
5L40182114
6B42152346.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

8月8日「ロッテ対オリックスの試合結果」

勝利投手【M】二木投手(1勝1敗)

敗戦投手【B】K-鈴木投手(0勝2敗)

本塁打 【M】マーティン 10号(3回表2ラン)

〃   【B】西村 1号(9回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1角中2000
2中村3010
3マーティン3140
4安田1010
5井上2010
6菅野2010
7藤岡2010
8田村0000
90000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打佐藤1000
代走茶谷0000
守備和田0000
代打福田秀0000
代打鳥谷0000
守備柿沼0000

 

投手

投球回自責点
二木7回2失点
1回0失点
成田1回1失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは藤岡選手マーティン選手です。

 

今日(8月8日)が誕生日の藤岡選手は、先制打となるタイムリー3ベースヒットを放って勝利に貢献しました。

5打席でヒット2本・四球3つを選んで全打席出塁の大活躍でした。

 

マーティン選手は打線に勢いをつけるホームランを打ち、さらにはタイムリーヒットもあって3安打4打点の猛打賞です。

2試合連続となった今日のホームランが10号となりました。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・2回表、2アウトから菅野選手がヒットで出塁し、藤岡選手のタイムリー3ベースヒットで先制
・3回表、2試合連続となるマーティン選手の2ランホームラン、菅野選手のタイムリーヒットでこの回3点を追加する
・4回表、この回もチャンスを作りマーティン選手・井上選手のタイムリーヒットで3点を追加
・4回裏、二木投手が先頭バッターにヒットを打たれてこの試合初の出塁を許し、内野ゴロの間に1点を返される
・6回表、マーティン選手が2ベースヒットを打って猛打賞を記録し、安田選手のタイムリーヒットで再びリードは7点に
・7回表、代打で出場した佐藤選手は2試合連続のヒットで出塁し、中村奨吾選手の猛打賞となるタイムリーヒットでさらに1点を追加
・9回裏、この回からマウンドに上がった成田投手は先頭バッターに初球の甘いストレートを捉えられホームランを打たれるも、後続は三者凡退に抑えてゲームセット

二木投手は今シーズン初勝利を記録する

 

先発の二木投手は7回2失点と好投しました。

球速は140キロ前半のままでしたが、3回まではランナーを出さないピッチングが続き、ピンチを招いても大崩れすることはありませんでした。

まだこのピッチングだけで信頼できるわけではありませんが、次の登板も期待しています。

 

8月9日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】中村稔弥投手
【オリックス】アルバース投手

 

明日は左腕先発の投げ合いとなります。

 

中村稔弥投手はここまで2先発して、共に5回でマウンドを降りています。

立ち上がりは安定しているため、どこまで長いイニングを投げることが出来るかが課題です。

ここまでの2先発では中継ぎの調整登板も含めて早めの交代となってしまっていますが、そろそろ100球近く投げるところも見てみたいです。

 

オリックスの先発のアルバース投手はマリーンズ打線が苦手とする左腕投手ですが、今シーズンは3本のホームランで打ち崩しています。

明日はしっかりと左投手の対策をして試合に臨んでいただきたいです。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました