8月12日・日ハム戦『被安打12・被本塁打3で12失点の大敗』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-08-12(水)

 

本日(8月12日)は
北海道日本ハムファイターズ戦でした。

 

昨日はマーティン選手の3ランが決勝点となり、美馬投手は移籍後初となるマリンでの勝利を挙げました。

現在4連勝中なので、この勢いのまま勝ち星を増やしていただきたいです。

 

今日の先発バッテリーは小島投手柿沼選手

徐々に調子を上げてきていますが、良いピッチングと悪いピッチングを交互に繰り返しているのが少し不安です。

ストライクゾーンを広く使って抑えてほしいです。

 

日ハムの先発が左腕の加藤投手ということで、打線が少し変わっています。

6番に清田選手・9番には岡選手がスタメン入りをしています。

左腕投手をなかなか打ち崩せていないので、そろそろ克服していただきたいです。

 

それと、小野投手がベンチ入りしていないのが気になりますね。

昨日はベンチ入りをしていますが、登板無しでブルペンにいないのは不安です。

 

スポンサーリンク

8月11日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H4525191
1E4525191
3M45242011
4F45222122.5
5L43182416
6B45152648.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

8月12日「ロッテ対日ハムの試合結果」

勝利投手【F】玉井投手(4勝1敗)

敗戦投手【M】小島投手(3勝4敗)

本塁打 【F】中田 14号(1回表2ラン)

〃        中田 15号(7回表3ラン)

〃        渡邉 4号(9回表3ラン)

〃   【M】井上 11号(7回裏3ラン)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1角中0000
2中村1000
3マーティン1000
4安田1010
5井上2130
6清田0000
7藤岡0000
8柿沼0000
90000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打田村2000
代打佐藤0000
守備福田秀0000

 

投手

投球回自責点
小島6.2回6失点
1.1回1失点
成田1回5失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは井上選手です。

 

今日の試合は7回表に3ランホームランを打たれ、6点差を付けられていました。

完全に流れは日ハム側に行ってしまったと思いましたが、直後の7回裏に四球でランナーが出てチャンスを作り、井上選手のホームランで再び点差は3点に縮まって終盤に望みをつなぎました。

 

残念ながらそこから逆転とはなりませんでしたが、相手に流れを渡さない良い場面でのホームランだったと思います。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回表、小島投手が4番の中田選手に2ランホームランを打たれて先制を許す
・2回表、この回も3連打と犠牲フライで2点を追加される
・4回裏、2アウト1塁の場面で柿沼選手に打席が回るが、田村選手が代打で送られ一二塁間を破るヒットを放つ
・5回裏、中村奨吾選手の内野安打からランナー1,2塁のチャンスを作り、安田選手のタイムリーヒットで1点を返す
・7回表、小島投手は四球で2人のランナーを出して交代、ランナーを背負った状態でマウンドに上がった南投手は中田選手に今日2本目のホームランを許して3点を追加される
・7回裏、四球で出塁したランナーを2人置き、井上選手はバックスクリーン左横に入る3ランホームランを打って3点差に詰め寄る
・9回表、この回からマウンドに上がった成田投手は先頭バッターの西川選手へ死球を与え・バントの処理では送球が遅れてピンチを招いてから5失点と打ち込まれる
・9回裏、マーティン選手はライトへのヒットを放つも2塁を狙っての走塁死、安田選手は四球で出塁するも得点はできずにゲームセット

マリーンズの連勝は4で止まる

 

先発の小島投手は、残した2人のランナーが還ったこともあり7回途中6失点という結果でした。

7回の2失点は中継ぎが抑えなくてはいけないものなので仕方ありませんが、やはり課題は立ち上がりですね。

 

投げているうちに調子が上がってきているため、序盤でしっかり抑えられるかどうかが非常に重要になります。

内角に要求された球が甘く入る傾向があるため、初回から内角低めの厳しいところに投げ込めるようになっていただきたいです。

 

柿沼選手の代打で田村選手が打席に立った場面は非常に気になりました。

4回という序盤で捕手の代打に捕手を送るというのは、早めの勝負に出たというよりも、懲罰交代の意味合いの方が強い気がします。

 

ただ、打撃面に問題を重く見ているのであれば、腰の状態が芳しくない田村選手とルーキーの佐藤選手でスタメンマスクを順番に被るという起用が出来るため、チャンスで三振した1打席だけで交代するのであれば柿沼選手をスタメン起用している采配に問題があります。

 

リード面に問題があるとしても、小島投手が立ち直って三者凡退をした次のイニングからキャッチャーを変えても、捕手の差はそこまで感じられません

もともと小島投手はスロースターターで、尻上がりに調子を上げていくタイプのピッチャーですから。

 

柿沼選手に危機感を持たせたいのであれば、佐藤選手にマスクを被らせたり、捕手を入れ替えたり、まだやっていない方法がたくさんあります。

もちろん、柿沼選手は打撃面・守備面ともに課題を抱えているためまだまだ成長の余地があります。

捕手全体の底上げをするためにも、スタメンマスクは固定するのではなく競争をさせながら起用していくべきだと思います。

 

8月13日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】岩下投手
【日ハム】河野投手

 

明日の先発は岩下投手

防御率3.48と成績は悪くありませんが、開幕から3連勝の後に3連敗と勝ちが遠のいています。

援護に恵まれないということもありますが、序盤での失点が多いのも気になりますね。

明日はストライク先行のピッチングを期待しています。

 

そして明日の日ハムの先発は、マリーンズがプロ初勝利を献上した河野投手です。

その試合は河野投手の完封ペースで進み、8回にマーティン選手のタイムリーで2点を奪って何とか完封は阻止しました。

他の球団には打たれている投手なので、苦手意識を持たないように打ち崩していただきたいです。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

タイトルとURLをコピーしました