8月21日・ホークス戦『勝ちパを温存した逆転勝利で単独首位に立つ』2020シーズン

2020-08-21(金)

 

本日(8月21日)は
福岡ソフトバンクホークス戦でした。

 

昨日はマーティン選手のホームランなどで劇的なサヨナラ勝利を挙げ、首位のホークスと並びました。

勝ちパターンの中継ぎ投手の連投が厳しいところですが、前半の3試合は2勝1分で終えたためこの6連戦は確実に勝ち越して終わりたいですね。

 

今日の先発は石川投手

開幕戦ではホークス相手に好投していますし、自身3連勝中と調子を上げてきています。

出来れば勝ちパターンを1人も投げさせたくない状況なので、大量リードで勝利をする試合展開が理想ですね。

 

そのためにも、石川投手には長いイニングを投げていただきたいです

エースの意地を見せてほしいですね。

 

打線はほぼ変わらず、今日は6番DHに角中選手が入りました。

2日連続延長戦とハラハラする試合が続いているので、楽に見れる試合の方が嬉しいです。

 

スポンサーリンク

8月20日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H5329222
1M5329222
3E53282230.5
4F53252533.5
5L51232625
6B531633412
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

8月20日「ロッテ対ホークスの試合結果」

勝利投手【M】石川投手(4勝2敗)

敗戦投手【H】高橋投手(2勝1敗)

本塁打 【H】中村 3号(3回表2ラン)

〃        柳田 16号(6回表ソロ)

〃   【M】井上 12号(5回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1和田2000
2中村4010
3マーティン0020
4安田2010
5井上1110
6角中1020
7菅野0000
8田村2000
9藤岡2000

 

投手

投球回自責点
石川7回3失点
東妻1回0失点
小野1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは中村奨吾選手マーティン選手です。

 

今日も先制を許す展開になりましたが、3回からコツコツと得点を積み重ねて逆転に成功しました。

 

マリーンズの1点目となるタイムリーを打った安田選手・ホームランを打った井上選手・勝ち越しタイムリーを打った角中選手、さらには複数人がマルチ安打を記録しています。

 

その中でも、特に活躍したと思うのは中村奨吾選手です。

6打数4安打1打点、さらには2回エンドランを決めるなどチャンスメーカーとして良い働きをしていました。

打率はもうすぐ3割です。

 

そして、マーティン選手はヒットがないながらも、しっかりと犠牲フライを2つ決めてくれました。

1点が欲しい場面で決めてくれる頼りになる選手です。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回裏、和田選手・中村選手の連打と安田選手の四球で1アウト満塁のチャンスを作るも、井上選手は初球をひっかけてショートゴロ併殺打に倒れる
・3回表、石川投手は内野安打で今日初ヒットを許し、続くバッターにホームランを打たれて2点を先制される
・3回裏、ヒットで出塁した中村奨吾選手を1塁に置き、安田選手が左中間への2ベースヒットを打った間にスタートを切っていた中村奨吾選手がホームまで還り1点を返す。
・4回裏、藤岡選手・和田選手の連打、中村奨吾選手は相手のエラーで出塁して満塁のチャンスとなり、マーティン選手の犠牲フライで同点に追いつく
・5回裏、井上選手がバックスクリーンへの12号ソロホームランを放って勝ち越し
・6回表、石川投手は柳田選手にソロホームランを打たれて同点に追いつかれる
・6回裏、角中選手が2アウト1,2塁からセンター前へのタイムリーヒットを放って勝ち越し。
さらに満塁のチャンスを作るも、田村選手は三振に倒れ追加点は奪えず。
・7回裏、和田選手を1塁に置いて中村奨吾選手がエンドランを決め、1アウト1,3塁のチャンスからマーティン選手がセンターへの犠牲フライを放つ。
さらには角中選手が押し出し死球となり、リードは3点に広がる
・8回裏、藤岡選手のヒット・和田選手の送りバント・中村奨吾選手のタイムリーヒットというきれいな形でリードを4点に広げる
・9回表、小野投手が内野安打でランナーを出しながらも無失点で抑えてゲームセット
今日の勝利で単独首位となり、パリーグでの30勝一番乗りとなりました。
このカードは3勝1分と好調が続きます。

 

先発の石川投手は2本のホームランを打たれて7回3失点となりましたが、得点圏にランナーを置くピンチは無く、無駄な四球もありませんでした。

 

中継ぎが苦しいところでしっかりと7回まで投げ切ってくれたため十分なピッチングです。

先制を許したり援護の後の失点があったりしましたが、今日は好投だったと思います。

 

8回東妻投手・9回小野投手で勝ちパターンを温存しながら取れた今日の勝利はとても大きいです。

 

8月22日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】二木投手
【日ハム】二保投手

 

マリーンズの明日の予告先発は二木投手です。

8月に再昇格してからは7回2失点・7回4失点とまずまずのピッチングが続いているため、明日もしっかりと試合を作ってくれると思います。

明日は得意としているホークス打線が相手なので、大崩れすることがないようにしていただきたいです。

 

一方、マリーンズ打線は二保投手を1回3失点と打ち崩しています。

今シーズンの防御率は5.17と成績もそこまで良くないため、二木投手に今季2勝目が付くような援護を期待しています。

序盤から点を奪って楽に投げさせてあげてほしいです。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

2020年シーズン
スポンサーリンク
あみさかをフォローする
マリーンズ観戦記
タイトルとURLをコピーしました