8月26日・楽天戦『小島投手が7回無失点・二桁奪三振の好投で勝利』2020シーズン

2020-08-26(水)

 

本日(8月26日)は
東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。

 

昨日は打線の繋がりと美馬投手の粘り強いピッチング、勝ちパターン投手の好リリーフで勝利しました。

 

その美馬投手は今日抹消されています。

ここからの火曜日は苦手な西武・楽天との対戦が多く、得意なホークスに当てるという意味でも中10日で週末に移動となりそうです。

 

支配下登録された大嶺投手も先発として控えているため、シーズン折り返しで休養を兼ねてのローテ再編が行われるのでしょう。

 

そして、このカードからは3連戦なので今日勝てば勝ち越しです。

 

しかし、楽天の先発は無敗の難敵涌井投手

防御率も良いですし、援護率も高い好投手です。

ここら辺で連勝記録を止めておきたいですね。

 

今日のマリーンズの先発は小島投手柿沼選手のバッテリー

柿沼選手がスタメンマスクを被るのは2週間ぶりです。

 

小島投手は序盤さえ切り抜ければ好投をしてくれるはずなので、球数をかけても良いので序盤は甘い球がいかないように気をつけていただきたいです。

 

打線は大幅に変更がありました。

好調が続く福田秀平選手が1番、昨日ベンチスタートだった藤岡選手が7番、9番レフトで和田選手がスタメンに入りました。

 

和田選手が1番でも良いと思いますが、和田選手から上位打線に繋がっていく打線も悪くありません。

この2人が出塁できるかどうかで試合の流れが変わりそうです。

 

スポンサーリンク

8月25日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H5732232
2M57312421
3E57292532.5
4F57282633.5
5L55233028
6B571934412
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

8月26日「ロッテ対楽天の試合結果」

勝利投手【M】小島投手(4勝4敗)

敗戦投手【E】涌井投手(8勝1敗)

セーブ 【M】益田投手(1勝2敗17S)

本塁打 【M】藤岡 1号(2回表ソロ)

〃        福田秀 3号(2回表ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1福田秀2110
2中村0000
3マーティン0000
4安田0000
5井上0000
6角中0000
7藤岡1110
8柿沼0000
9和田0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打菅野0000
守備田村0000

 

投手

投球回自責点
小島7回0失点
ハーマン1回0失点
S益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは先発バッテリーの小島投手と柿沼選手です。

 

小島投手は7回無失点の好投で4勝目を挙げました。

ランナーを出しながらのピッチングだったので球数は多かったですが、粘り強く尻上がりに調子を上げ、6回には三者連続三振を奪って自身初の二桁奪三振も記録しました。

 

いつも立ち上がりが不安定なところがあり、初回に内角の甘く入った球を仕留められることが多くありましたが、今日は柿沼選手が外角一辺倒の慎重なリードで引っ張って何とか無失点に抑えました。

 

2回からは小島投手が低め中心で内角の厳しいところにも投げ切れていたため、バッテリーは2週間前の反省を良く活かせていたと思います。

 

ただ、柿沼選手が田村選手の正捕手の座を脅かすためにはバッティングでも結果を残さないといけませんね。

打率1割台で送りバントも決められないと、打線の流れを切ってしまうことになりかねません。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回表、先頭バッターの福田秀平選手が2ベースヒットで出塁してから満塁のピンチを作るも得点は奪えず
・1回裏、小島投手はいきなり2連打で得点圏にランナーを進めるも、後続は抑えて無失点でしのぐ
・2回表、藤岡選手の今季1号ソロ・福田秀平選手のソロホームランで2点を先制
・6回裏、ここまで無失点の小島投手はクリーンナップを三者連続三振に抑えて二桁奪三振を記録する
・7回表、四球2つで追加点のチャンスを迎えるも、柿沼選手のバント失敗が響いて無得点に
・8回裏、2点リードの場面でマウンド上がったハーマン投手は上位打線を三者凡退に抑える
・9回裏、益田投手はランナーを出しながらもきっちりと無失点に抑えてゲームセット

小島投手の好投があり、涌井投手の連勝記録を8で止めました。

そして、相性の悪い楽天に勝ち越しを決めました!

 

初回のチャンスで得点を奪えなかった場面でかなり厳しくなりましたが、藤岡選手・福田秀平選手のホームランで早めに複数点を取れたのが良かったですね。

 

最終的にマリーンズ打線は3回以降ヒットが出ず、3安打2得点と抑えられています。

投手の好投を無駄にせず接戦をものにしましたが、打線には不安が残る結果です。

 

8月27日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】岩下投手
【楽天】松井投手

 

岩下投手はホームランでの失点や無駄な四球・ボール球が目立っています。

制球を乱し、甘く入った球を狙われて6回持つか持たないかのピッチングをする印象です。

 

簡単なことではないと分かっていますが、ストライク先行で攻められれば力強いストレートで抑えられると思うので、ボール球少なめのピッチングを期待しています。

 

楽天の先発は今季初対戦となる松井投手です。

0勝1敗・防御率5.16と成績はあまり良くありませんが、マリーンズ打線が苦手とする左腕投手です。

 

前回登板は6回2失点と好投しているため、今季初勝利を献上すると勢いに乗って勝ち始めるかもしれません。

先発の松井投手に苦手意識を持たないように、早めに打ち崩しておきたいですね。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

2020年シーズン
スポンサーリンク
あみさかをフォローする
マリーンズ観戦記
タイトルとURLをコピーしました