9月8日・日ハム戦『三者連続三振デビューの澤村投手と3打点を挙げたマーティン選手』2020シーズン

2020-09-08(火)

 

本日(9月8日)は
北海道日本ハムファイターズ戦でした。

 

9月7日に巨人の澤村投手香月選手のトレードがありました。

中継ぎが欲しいロッテと長打力のある若手野手が欲しい巨人の間で成立したトレードです。

 

その澤村投手はさっそく1軍に登録されています。

マリーンズは勝ちパターンの投手以外が不安定なので、そこの負担を緩和できるような活躍に期待しています。

 

今日抹消されたのは東妻投手

制球を乱す場面が目立ち、9月2日には敬遠を含めて5つの四球を出して2回も押し出しを許した試合がありました。

もう少し制球の精度を上げていただきたいですね。

 

そして、今日の先発は大嶺投手です。

前回登板では5回7失点と打ち込まれているため、今日は失点の数を減らして先発としての仕事を果たしてほしいです。

 

ホークスとの3連戦ではノーヒットに終わった不振が続く井上選手はベンチスタートとなっています。

四球もそこまで選べていないのが不安ですね。

 

そのファーストのポジションを守るのは、外野が本職の菅野選手です。

打撃と守備の両方で活躍を期待しています。

和田選手が1番センター・角中選手が7番レフトでスタメン入りしています。

 

スポンサーリンク

9月6日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H6838273
2M68382820.5
3E68343134
4F68323336
5L66303427.5
6B682241515
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

9月8日「ロッテ対ホークスの試合結果」

勝利投手【M】小野投手(2勝2敗)

敗戦投手【F】上沢投手(5勝3敗)

セーブ 【M】益田投手(1勝2敗21S)

本塁打 【M】マーティン 20号(1回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1和田0000
2マーティン2130
3菅野0000
4安田1000
5中村0000
6佐藤0000
7角中2000
8田村0000
9藤岡0001
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備三木0000
代走0000
守備鳥谷0000

 

投手

投球回自責点
大嶺4回2失点
小野1回0失点
澤村1回0失点
唐川1回0失点
ハーマン1回0失点
S益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPはマーティン選手澤村投手です。

 

マーティン選手は攻守で活躍しました。

打撃では、初回の先制ホームランと満塁の場面での勝ち越しタイムリー

守備では、レーザービームで追加点を防ぐ好守がありました。

 

今日で20号ホームランまで到達したため、このままのペースで30本打ってほしいですね。

 

そして、今日トレードからの入団会見を行った澤村投手が登板しました。

ユニフォームが間に合わない中で、1点リードの6回に登板です。

 

風の強いマリンで田村選手がキャッチャーフライを落球してエラーが記録される場面もありましたが、澤村投手は150キロを超えるストレートと140キロ後半のスプリットで三者連続三振を奪う最高の内容でした。

まだ1登板目ですが、接戦でのリリーフとして期待できるピッチングです。

 

もちろん澤村投手だけでなく、無失点リレーで繋いでくれたリリーフ陣全員良かったです

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回裏、マーティン選手の20号ソロホームランで先制
・3回表、大嶺投手は長打2本を打たれて同点に追いつかれるも、その後のピンチは抑える
・4回表、大嶺投手は1アウト満塁のピンチを招き、犠牲フライで勝ち越しを許す。
さらには、2アウト1,2塁からライト前ヒットを打たれるも、マーティン選手の好返球でホームタッチアウトとなり追加点は許さず
・5回裏、角中選手が2打席連続となる右中間への3ベースヒットで出塁し、藤岡選手はバットにキャッチャーミットが当たる打撃妨害で1塁へ進み、和田選手が四球を選んで満塁のチャンスを作り、マーティン選手のタイムリーヒットで逆転に成功する
・6回表、移籍後初登板となった澤村投手は三者連続三振に抑える好リリーフをみせる
・7回唐川投手、8回ハーマン投手の勝ちパターンが無失点リレーで繋ぐ
・1点のリードで迎えた9回表のマウンドに上がった益田投手はランナーを2,3塁に置くピンチを招きながらも、無失点で抑えきりゲームセット

リリーフ陣マーティン選手の活躍で今週は勝利からのスタートとなりました。

接戦を制して5連勝と、マリーンズは好調が続きます。

 

先発の大嶺投手4回2失点という結果でした。

初回は三者凡退でスタートしましたが、やはり右肩下がりのピッチングになってしまっています。

 

とは言え、ピンチから大きく崩れることはありませんでした。

4回86球と先発としては物足りない結果になってしまいましたが、状態は徐々に良くなってきていると思います。

 

9月9日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】小島投手
【日ハム】金子投手

 

マリーンズの予告先発は小島投手

ここ2試合はともに7回まで粘り強く投げていますが、あまり打線の援護に恵まれません。

 

それに日ハム打線とも相性が悪く、8月のマリンでの対戦では7回途中6失点と打たれています。

立ち上がりが良ければそのまま尻上がりに調子を上げていくため、明日も初回は無失点で切り抜けていただきたいですね。

 

日ハムの先発は金子投手です。

前回登板も先発で、ホークス打線相手に1回5失点と打ち込まれて降板しています。

そこから中10日での登板となるため、おそらくショートスターターという形ではなく5,6イニングは投げてくる予定でしょう。

 

中継ぎとしては、マリーンズに対して守備のミスでの失点はあるものの、5登板で自責点はまだゼロのままです

相性の良くない投手ですが、点を奪えない投手では無いと思うので、早めに小島投手を援護してほしいですね。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました