9月22日・楽天戦『カード頭を落とす悪い流れは変わらず大敗』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-09-22(火)

 

本日(9月22日)は
東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。

 

昨日ロッテは、中日でもプレーをしていた左腕のチェン・ウェイン投手を獲得しました。

投手(特に先発)が足りていない現状があるため、上限となる支配下70人目の選手は日本のプロ野球の経験がある投手の獲得に動いたようです。

 

年齢は35歳ですが、シーズン途中の契約なのでとりあえず今年活躍してくれれば構いません。

2週間の隔離期間を終えてからの入団会見が行われ、シーズン残り1ヶ月のタイミングで加入となります。

なによりも、ロッテが優勝に向けてしっかりと補強する姿勢が素晴らしいですね。

 

今日は吉田選手が登録されています。

週末に先発する予定の二木投手の枠になるため、捕手4人制をとるわけではないようです。

ベンチ入りしていない江村選手のコンディション不良でしょうか?

 

そして、今日の先発は石川投手です。

前回登板では8回途中3失点で勝ち負けが付きませんでしたが、自身6連勝中としっかり試合を作ってくれています。

今週を良い流れでスタートさせるためにも好投を期待しています。

 

スポンサーリンク

9月20日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H8046313
2M80453321.5
3E80393837
4F80374039
5L78364029.5
6B802748518
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

9月22日「ロッテ対楽天の試合結果」

勝利投手【E】D.J.ジョンソン投手(1勝0敗)

敗戦投手【M】石川投手(6勝3敗)

本塁打 【E】田中 7号(1回裏ソロ)

〃        浅村 25号(4回裏ソロ)

〃        浅村 26号(5回裏2ラン)

〃        浅村 27号(8回裏3ラン)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1角中2010
2マーティン1000
3中村2000
4安田1010
5清田0000
6井上0000
7加藤2000
8藤岡3000
9柿沼0010
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打佐藤1000

 

投手

投球回自責点
石川6.1回8失点
東條0.0回0失点
東妻0.1回0失点
山本1回4失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは藤岡選手です。

 

藤岡選手は猛打賞でチャンスを広げる働きをしました。

マリーンズの3得点目・4得点目に繋がるチャンスを演出しました。

 

しかし、それだけに8回の4打席目の2塁を狙う暴走がもったいなかったですね。

積極的に次の塁を狙う姿勢は悪くないと思いますが、4点ビハインドの8回表にする走塁ではありませんでした。

 

守備面を考えてもチームに欠かせない存在となっているため、これからはコツコツと出塁して下位打線からチャンスを作っていっていただきたいです。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回表、マーティン選手と中村奨吾選手の2連打で1アウト1,3塁のチャンスを作るも、後続は続かず無得点に
・1回裏、石川投手はいきなり高めに浮いた失投を捉えられ、先頭打者ホームランで先制を許す。
その後も二者連続四球でノーアウト1,2塁のピンチを招くも、三振と併殺に打ち取り追加点は許さず。
・3回表、角中選手のヒットと中村奨吾選手の2ベースヒットでランナー2,3塁のチャンスを作り、ワイルドピッチで同点・安田選手のタイムリーヒットで勝ち越しに成功する
・4回表、ヒット2本でランナー1,3塁のチャンスを作り、柿沼選手のセーフティースクイズで追加点を奪う
・4回裏、石川投手は浅村選手に高めに浮いた失投を捉えられ、ソロホームランで1点を失う
・5回裏、石川投手は2アウトを奪った後にランナー2塁からタイムリーヒットを許して同点に追いつかれ、さらには浅村選手に対してど真ん中への失投があり2ランホームランで勝ち越しを許す
・6回表、ランナーを2塁に置いて角中選手がタイムリーヒットを放ち1点差に詰め寄る
・7回裏、石川投手は満塁のピンチを招いて降板し、1アウト満塁の場面でマウンド上がった東條投手はタイムリーヒットを打たれて降板。
1アウト満塁の場面で今度は東妻投手がマウンドに上がり、内野ゴロで1アウトを奪うも続くバッターにタイムリーヒットを打たれて突き放される。
・8回裏、ここまで9登板無失点と好投が続いていた山本投手はタイムリーヒットと3ランホームランを打たれて二桁失点となってしまう
・9回表、三者凡退に倒れて反撃できずにゲームセット

3カード連続でカード頭を落とす悪い流れが続きます。

先制して突き放す勢いも、追い上げて逆転する勢いも見えてきません。
先発の石川投手7回途中8失点と酷い結果でした。

立ち上がりはコントロールが悪いながらもソロホームラン1本の失点に抑えましたが、その後も高めに浮く球が多くて大事な場面での失投が目立ちました。

 

バッテリーを組んだ柿沼選手が可哀そうなぐらいに甘いコース・高めのコースばかりで、要求されたコースに全然投げれていませんでした。

 

なかなか悪い流れから抜け出せそうにありません。

田村選手の復帰が待ち遠しいです。

 

9月23日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】小島投手
【楽天】涌井投手

 

明日のマリーンズの予告先発は小島投手です。

課題となっていた立ち上がりを無失点に抑えて徐々に安定感を増すピッチングを続けていましたが、前回登板では5回を投げ切れずに交代となってしまいました。

 

前回はたまたま調子が悪かっただけと割り切って、明日は立ち上がりからしっかりと楽天打線を抑えていただきたいです。

まだ防御率は3点台なので、このままの調子で今シーズンの終わりまで投げ続けていただきたいです。

 

対する楽天の予告先発は涌井投手です。

開幕から8連勝と勝ち星を積み重ねていましたが、ここ4試合は全く援護が無く1ヶ月以上勝ち投手から遠のいています。

 

しかし、援護があれば勝ち投手になっていてもおかしくない投球内容が続いているため、マリーンズ打線はしっかりと対策をして臨んでいただきたいです。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました