9月23日・楽天戦『打線も投手陣も勢いがなく連敗』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-09-23(水)

 

本日(9月23日)は
東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。

 

昨日は二桁失点での大敗でカード頭を落としてしまいました。

ホークスも連敗中なのでゲーム差は開いていませんが、3位以下のチームとの差が少しずつ詰まってきているので連敗をしている余裕はありません。

 

今日は福田秀平選手が昇格しています。

残り1ヶ月半ほどですが、離脱前は調子が良かったのでここから頑張っていただきたいです。

 

登録抹消されたのは江村選手茶谷選手です。

江村選手は腰の状態が芳しくないようで、昨日はベンチ入りをせずそのまま抹消となってしまいました。

茶谷選手はなかなか1軍での出場機会が無かったため、2軍の試合で力を付けてもらうということでの抹消でしょう。

 

今日の先発バッテリーは小島投手柿沼選手です。

前回登板では5回を投げ切れずに交代となってしまっているため、今日はその分だけ長いイニングを投げていただきたいですね。

今日は好投してくれるでしょう。

 

福田秀平選手の昇格でスタメンは大きく変わり、

1番にはレフトの福田秀平選手、3番にはDHで佐藤選手、7番にセンター和田選手がスタメンに名を連ねています。

マリーンズの流れを変えるような試合展開を期待しています。

 

スポンサーリンク

9月22日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H8146323
2M81453421.5
3E81403836
4F81384038
5L79364129.5
6B812848517
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

9月23日「ロッテ対楽天の試合結果」

勝利投手【E】涌井投手(9勝3敗)

敗戦投手【M】唐川投手(0勝1敗)

セーブ 【E】ブセニッツ投手(1勝1敗14S)

本塁打 【E】浅村 28号(7回裏2ラン)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1福田秀1010
2マーティン1020
3佐藤0000
4安田1000
5井上0000
6中村1000
7和田0000
8藤岡0000
9柿沼0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打清田1000
守備吉田0000
代走三木0000
代走0000
代打角中0000

 

投手

投球回自責点
小島5回3失点
小野1回0失点
唐川1回2失点
澤村1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは福田秀平選手です。

 

ようやく今日が1軍復帰となった福田秀平選手はいきなり1番バッターとしてスタメンに入り、下位打線が作ったチャンスでタイムリーヒットを打ってくれました。

チャンスの場面での勝負強さはとても期待できるため、残り1ヶ月半ほどは1軍で活躍し続けていただきたいです。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・試合開始時点は雨が強く降り、30分ほど遅れての試合開始となる
・2回裏、小島投手は先頭バッターに四球を与えて出塁を許してからピンチを招き、連続タイムリーで3点を先制される
・5回表、この回はかなり強い雨が降り続くも中断はなく、ロッテが無得点でこの時点で試合成立となる
・6回表、藤岡選手が死球・代打清田選手のヒットでチャンスを作り、福田秀平選手マーティン選手のタイムリーヒット2本で同点に追いつく
・7回裏、今シーズンここまで無失点の唐川投手がマウンドに上がるも、高めに浮いたカットボールを浅村選手に捉えられ2ランホームランで勝ち越しを許す
・9回表、安田選手のヒットからチャンスを作るも得点を奪えずゲームセット

今日は接戦を落とし、3カード連続での負け越しとなってしまいました。

 

先発の小島投手5回3失点で交代となりました。

初回は無失点ながらも2四球と制球を乱し、2回には四球でランナーを出してから3連打と課題となっている立ち上がりがイマイチでした。

 

その後もランナーを出しながらのピッチングとなり、5回87球で交代です。

コーナーに投げ切れるかどうかで結果が大きく変わってきますね。

 

9月24日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】岩下投手
【楽天】松井投手

 

マリーンズの明日の予告先発は岩下投手です。

前回は自身初の完封勝利をかけて9回のマウンドに上がるほどの好投がありました。

制球力が良く、ストライク先行の理想的なピッチングが出来ていました。

 

明日は防御率7.80と相性の悪い楽天打線との対戦になりますが、前回登板のようなストライク先行のピッチングが出来ればどのチームも抑えることが出来るはずです。

 

対する楽天の予告先発は松井投手です。

約1ヶ月前の対戦で、マリーンズ打線に対し7回無失点と完璧に抑え込んでいます。

 

相変わらず左腕投手を打ち崩せないマリーンズ打線に対して、どこのチームも優先的に左腕投手を当ててきているような気がするほど打てていません。

左腕投手を攻略できずに終盤戦へと入ってしまいましたが、マリーンズ打線にはそろそろ攻略の糸口を見い出してほしいです。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました