9月29日・日ハム戦『終盤の追い上げを何とか断ち切り接戦を取る』2020シーズン

スポンサーリンク

2020-09-29(火)

 

本日(9月29日)は
北海道日本ハムファイターズ戦でした。

 

今週は札幌ドーム・西武戦と相性の良くない6連戦となりますが、3勝3敗以上で貯金を減らさずに乗り切っていただきたいです。

 

今日の先発バッテリーは石川投手柿沼選手

石川投手は前回登板で7回途中8失点と打たれていて、日ハム打線には相性が良くないということが心配です。

 

今日はエースらしいピッチングで週の頭の試合を勝利で飾る試合にしていただきたいですね。

チームに勢いをつける好投を期待しています。

 

打線はそこまで変わっていませんが、角中選手が2番指名打者でスタメン出場です。

肩のコンディション不良が心配されていた藤岡選手も8番ショートでスタメン出場となっているため一安心です。

 

スポンサーリンク

9月27日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H8647354
2M86473721
3E86424135.5
4L84404227
5F86404337.5
6B863149615
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

9月29日「ロッテ対日ハムの試合結果」

勝利投手【M】石川投手(7勝3敗)

敗戦投手【F】上沢投手(7勝4敗)

セーブ 【M】益田投手(2勝2敗25S)

本塁打 【M】マーティン 24号(9回表ソロ)

〃   【F】王 1号(8回裏2ラン)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2角中1010
3マーティン1110
4安田3010
5井上1010
6福田秀0000
7中村2001
8藤岡0000
9柿沼1000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走和田0000
守備三木0000
守備田村0000

 

投手

投球回自責点
石川7.1回2失点
澤村0.2回0失点
S益田1回1失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは石川投手です。

 

今日の石川投手はストライク先行のピッチングでランナーを出しても冷静でした。

三振も取れていましたし、初回から援護があったことで楽に投げることが出来ていたのでしょう。

 

8回に2ランホームランを許しての降板となってしまいましたが、無四球でテンポよく抑えることが出来ていたので良かったと思います。

結果的には8回途中2失点のピッチングで7勝目を挙げています。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回表、先頭バッターの荻野選手が粘って四球を選んだところから打線は繋がり、角中選手・安田選手・井上選手の計3本のタイムリーヒットで3点を先制する
・1回裏、石川投手は連打で1アウト2,3塁のピンチを招くも続くバッターをライトフライに打ち取り、さらにマーティン選手がタッチアップを阻止して併殺打に抑える
・7回表、先頭の柿沼選手が四球で出塁してから満塁のチャンスを作るも、井上選手はサードゴロに倒れ追加点を奪えず
・8回裏、石川投手は先頭バッターにヒットを打たれ、代打で出てきた王選手に2ランホームランを打たれて1点差に詰め寄られる。
1アウトを取った後は代わってマウンドに上がった澤村投手が最速156キロのストレート中心に後続を7球で抑える。
・9回表、マーティン選手が打った瞬間という完璧な当たりのホームランを放ちリードを2点に広げる
・9回裏、益田投手は3本のヒットで1点を失うもリードを守り切ってゲームセット

終盤は1点を争うヒヤヒヤする展開でしたが、何とか逃げ切ってくれました。

打線は10安打4得点と繋がり、4番の安田選手は猛打賞の活躍でした。

 

9月30日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】小島投手
【日ハム】バーヘイゲン投手

 

明日のマリーンズの予告先発は小島投手です。

一時は課題の立ち上がりを克服して好投を続けていましたが、ここ2試合は序盤で打ち込まれて長いイニングを投げることが出来ていません。

 

ただ、序盤で崩れなければHQSの好投でチームを勝利に導く力もあるため、立ち上がりから低めのコースに投げ続けるピッチングを期待しています。

 

対する日ハムの予告先発はバーヘイゲン投手

6勝4敗・防御率4.08と安定した成績を残し、本拠地札幌ドームでの防御率は2点台と好投を続けています。

 

しかし、マリーンズ打線相手には防御率7.45と相性が良くありません。

マリーンズ打線には明日も粘り強く四球で出塁し、足で揺さぶるような攻撃で打ち崩していただきたいです。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました