『10月19日の日本ハム戦は雨天中止となりました』2020シーズン

2020-10-19(月)

 

本日(10月19日)はZOZOマリンスタジアムでの日本ハム戦が予定されていましたが、降雨により雨天中止の判断が下されました。

 

11月の試合が増えてしまいますが、打線の調子がまだ上がっていないためマリーンズにとっては悪いことではないと思います。

 

しかし本当に、古谷投手が予告先発の試合は雨が続きますね。

これまで10月8日・10月17日の試合も中止となっているため「3度目の正直」を期待していたのですが、「2度あることは3度ある」の方でした。

古谷投手の次の予告先発に期待です。

 

そして昨日は美馬投手を援護できずに負けてしまったため、日本ハムとの2試合は1勝1敗で終えました。

 

8連勝中の首位ホークスとのゲーム差は5.5にまで広がり、マリーンズの優勝はかなり厳しい状況になっています。

とは言え、まだ自力優勝も残っているので最後まで優勝目指して戦い抜いていただきたいです。

 

10月18日終了時点での順位表はこのようになっています。

順位チーム試合ゲーム差
1H10460395
2M102554525.5
3E1034950411
4L1014850311.5
5F1034653414
6B1033859621

残り18試合となったマリーンズは、首位ホークスとは5.5ゲーム差・3位楽天とも5.5ゲーム差です。

CSに出場できなくなる3位転落の可能性もかなり低くなっていますが、優勝の可能性もそれと同じぐらい低くなっています。

 

ホークスがここから調子を落としてくるとは考えられないため、直接対決6試合全てで勝利する勢いがないとひっくり返ることはなさそうですね。

 

ただ、今のマリーンズ打線の調子はかなり悪いので相性の良いホークスに対しても勝ち越せる保証がありません。

 

マリーンズは10月に入ってからの14試合で1試合約2.6得点と打線が繋がっていません。

完封負けも4試合もあり、投手陣でなんとか6勝を挙げたという感じです。

 

藤原選手を筆頭に若手の選手がチャンスを作る場面は多くあるため、ランナーを返す役割を務めるバッターの復調を待つしかありませんね。

 

そして、10月20日(火)の予告先発が発表されました。

  • ロッテは石川投手
  • 西武は髙橋光成投手

です。

 

石川投手はここ2試合7回3失点でQSを達成するピッチングが続いていますが、試合序盤での失点が目立って打線の援護に恵まれません。

ここ最近は毎試合ホームランを打たれて失点しているため、低めに投げて打ち取る丁寧なピッチングを期待しています。

 

髙橋光成投手は10月に入ってから無失点の好投を2回続けて連勝中です。

防御率3点台の好投手に対してマリーンズ打線が得点を挙げられるかどうかはわかりませんが、そろそろ復調してもらわないと今シーズンが終わってしまうため、明日からの6連戦では打線がチームを引っ張るような展開にしていただきたいです。

 

そして、今日は

  • 美馬投手
  • 福田光輝選手
  • 加藤翔平選手

が登録抹消となりました。

 

美馬投手はローテを一回飛ばし、最短で昇格してホークス戦での先発登板をすると思われます。

 

福田光輝選手は昨日ショートでスタメン出場しましたが、2打席で結果を残せず代打を送られていました。

登録抹消となった理由は、コロナ感染で離脱していた内野手の選手の目途がついたからということでしょう。

 

加藤翔平選手の登録抹消も、レギュラーの外野手が復帰してくるのだと思われます。

入れ替わって昇格した選手が活躍してチームに勢いがつくことを願っています。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました