10月22日・西武戦『10月初の二桁安打を記録するも投打は噛み合わず』2020シーズン

10月22日のロッテの試合結果

2020-10-22(木)

 

本日(10月22日)は
埼玉西武ライオンズ戦でした。

 

2日連続のサヨナラ負けマーティン選手の離脱で心が折れかけていますが、まだマリーンズは2位にいます。

怪我人や離脱者が多い中で優勝争い・CS争いを出来ているだけでも十分凄いことだと思います。

 

そして、10連勝となった首位ホークスにはマジック8が点灯してマリーンズの自力優勝が消滅しました。

ここから絶好調のホークス相手に7.5ゲーム差をひっくり返すのは相当厳しいですが、西武に3タテを食らってしまうと2位の座も危うくなるため連敗を止めていただきたいです。

 

西武に勝てば2位と3位は5ゲーム差・負ければ3ゲーム差と大きく動く大事なゲームです。

首位攻防戦の前に正念場がやってきてしまいました。

 

今日は新型コロナで抹消となっていた岡選手菅野選手が昇格しています。

2人の外野手が戻って来てより代打の層も厚くなりますし、岡選手の足も交えて終盤での得点力アップを期待しています。

 

マーティン選手は昨日の走塁で左足を捻挫しての登録抹消です。

捻挫とは言えかなり足にダメージがあったようですし、死球や疲労で調子を落としていたこともあるのでゆっくり休んでいただきたいですね。

 

西巻選手も登録抹消となり、今日は2軍戦に出場していました。

レギュラー陣が戻ってくるとなかなか出場の機会を貰えないため2軍で経験を積ませておくということでしょう。

守備での不安は残るものの、バッティングは1軍でも十分に通用しそうです。

 

西巻選手が抜けたことで、内野手のバックアップは鳥谷選手茶谷選手の2人だけになりました。

おそらく二遊間は中村奨吾選手藤岡選手で固めることになるため、期待に応える活躍をしていただきたいですね。

 

今日の先発バッテリーは小島投手柿沼選手

小島投手はこれまで西武打線をしっかり抑えてくれているので心配はないでしょう。

打線の援護にはあまり期待できませんが、粘り強く投げていただきたいです。

 

柿沼選手は10月3日以来のスタメンマスクとなりました。

田村選手の合流でずっと出番がありませんでしたが、スタメンを外される直前で打撃の状態が上がってきていたのでバッティングにも期待しています。

 

今日昇格の菅野選手は3番指名打者で先発出場となり、4番安田選手・5番福田秀平選手と続いていきます。

6番の中村奨吾選手・7番の井上選手にはチャンスを無駄にしないバッティングを期待しています。

 

スポンサーリンク

10月21日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H10662395M8
2M104554727.5
3L1035050311.5
4E1054951512.5
5F1054655416
6B1053959721.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

10月22日「ロッテ対西武の試合結果」

10月22日のロッテの試合結果

勝利投手【L】ニール投手(5勝7敗)

敗戦投手【M】小島投手(7勝8敗)

セーブ 【L】平良投手(1勝0敗1S)

本塁打 【L】スパンジェンバーグ 13号(4回裏2ラン)

〃       外崎 6号(5回裏3ラン)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1藤原3010
2荻野1000
3菅野1000
4安田1000
5福田秀0000
6中村1010
7井上0000
8藤岡3020
9柿沼0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打佐藤0000

 

投手

投球回自責点
小島5回6失点
東條1回0失点
チェングァンユウ0.2回0失点
佐々木千0.1回0失点
永野1回1失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは藤原選手藤岡選手です。

 

藤原選手は猛打賞の活躍でした。

1打席目の3塁を狙ってのアウトはもったいなかったですが、チャンスを作ろうという積極的な姿勢は見えましたし、際どいプレーだったので悪いプレーではないと思います。

1番バッターとしてチャンスを演出するヒットをしっかりと打ってくれていて、犠牲フライを打てるのも頼もしいですね。

 

藤岡選手も猛打賞を記録しました。

良い当たりのヒットは少なかったですが、先制点を呼び込むヒットやタイムリー内野安打など得点に絡むプレーが多かったのでここから調子を上げてきてくれると嬉しいです。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回表、先頭の藤原選手は右中間を破るヒットを放って3塁を狙うも、中継からの好返球に阻まれアウトに
・1回裏、小島投手は四球でヒットで1アウト1,3塁のピンチを招き、犠牲フライで先制を許す。
その後1塁ランナーを牽制で誘い出すが、挟殺プレーの際に井上選手の送球ミスでランナーを進めてしまい再びピンチを招くも追加点は許さず。
・3回表、藤岡選手のレフト前へのポテンヒットはバウンドが変わってレフトが後逸する形となり3塁へ到達し、藤原選手の犠牲フライで同点に追いつく
・4回裏、小島投手は2ランホームランを打たれて勝ち越しを許す
・5回表、2アウトから藤岡選手ヒット・柿沼選手死球・藤原選手内野安打で満塁のチャンスを作るも、荻野選手はサードゴロに倒れる
・5回裏、小島投手は3ランホームランを打たれて5点ビハインドに
・6回表、菅野選手の内野安打と安田選手の四球でチャンスを作り、中村奨吾選手のタイムリーヒットで1点を返す。
さらには2アウト2,3塁のチャンスで藤岡選手はショートへの内野安打を打ち、ファーストがボールをこぼす間に2塁ランナーもホームへ還り2点差に詰め寄る
・8回裏、この回からマウンドに上がった永野投手は先頭バッターに2ベースヒットを打たれ、犠牲フライで1点を失う
・9回表、佐藤都志也選手が四球を選んで出塁するも、反撃はできずゲームセット

西武に3タテを決められ4連敗となってしまいました。

投打が噛み合わずCS進出も怪しくなってきましたが、今日は10月に入って初めての二桁安打を記録しました。

 

打てるバッターと打てないバッターの差が開いていますが、ヒットを期待できる選手は増えているので采配次第では得点力がアップしていきそうです。

 

先発の小島投手は5回6失点と2試合続けて打ち込まれました。

ピンチを招く場面が多く、三者凡退で抑えた2回以外は毎回得点圏にランナーを進められるテンポの悪いピッチングでしたね。

 

今日は持ち味であるストレートがコースに決まらずばらつきがあり、変化球でストライクを取りに行ったところを狙われていた感じです。

今シーズンはローテ入りして投げ続けているため疲れも溜まっていると思いますが、なかなか代わりの先発投手も見つからないのでもう少し頑張っていただきたいです。

 

10月23日の予告先発

【ロッテ】二木投手
【オリックス】山岡投手

 

明日のマリーンズの予告先発は二木投手です。

自身6連勝中と絶好調な二木投手は防御率3.07と好成績を残し、四球も少なく安定感があります。

オリックスには相性が良く3勝0敗・防御率2.20と抑えているので、ここから二桁勝利まで自身の連勝を伸ばしていただきたいです。

 

対するオリックスの予告先発は山岡投手です。

マリーンズとの対戦成績は防御率0.00ですが、6回2失点でマリーンズが勝利を挙げた試合もあります。

16勝3敗とかなり相性の良いチームなので、確実にカード勝ち越しをしておきたいところです。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました