10月27日・ホークス戦『9回の反撃も実らずマリーンズは優勝を逃す』2020シーズン

10月27日のロッテの試合結果

2020-10-27(火)

 

本日(10月27日)は
福岡ソフトバンクホークス戦でした。

 

昨日はドラフト会議が行われ、マリーンズの1位指名は鈴木昭汰投手となりました。

将来性のある選手をたくさん指名できた楽しいひとときでした。

 

しかし、今日からは崖っぷちに立たされた首位攻防戦が始まります。

首位ホークスはマジック2で王手をかけているため、この3連戦の中で1試合でもマリーンズが負けてしまえばその時点でパリーグの優勝チームが決定してしまいます。

 

とは言え、ホークスとマリーンズの調子を見ると3タテを決めるのはかなり厳しい状態です。

少なくなってきた貯金をこれ以上減らすことが無いよう、CS進出のためにも1つでも多く勝っておきたいところです。

もし目の前で優勝を決められてしまったら、CSの舞台で反撃すれば良いだけの話です。

 

そして今日はハーマン投手が1軍に帰ってきました。

9月中旬に右手の負傷で抹消されていましたが、防御率は2点台前半でリーグ4位のホールドを挙げているセットアッパーです。

いきなり接戦の場面で投げるかは分かりませんが、勝ちパターンを投げられる投手が増えたのはとても嬉しいことですね。

 

盤石な勝ちパターンに加え、防御率2点台の小野投手東條投手

ロングリリーフで好投を続けるフローレス投手・左の便利屋中村稔弥投手

接戦をものに出来るリリーフ陣は揃ってきたので、後は打線に頑張ってもらうだけです。

 

外国人枠の関係で登録抹消となったのはチェングァンユウ投手です。

貴重な中継ぎ左腕として安定したピッチングを続けていましたが、10月に昇格してから好投が続くフローレス投手が1軍に残りました。

2人ともビハインド中心の登板ですが、ともに安定して長いイニングを投げてくれる良い投手です。

 

今日の先発バッテリーは石川投手田村選手

石川投手は打線の援護に恵まれず10月はまだ1勝も挙げることが出来ていませんが、先発としての仕事はしっかりと果たしてくれています。

今日は相性の良いホークス打線が相手なので、勝利を呼び込む粘り強いピッチングに期待です。

 

打線は日曜日にヒットの無かった井上選手・柿沼選手が外れ、5番DHに清田選手・6番ファーストに菅野選手となっています。

福田秀平選手はちょっと三振が目立っていますが、今日は9番バッターとして1番に繋ぐようなバッティングをしていただきたいですね。

 

スポンサーリンク

10月25日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H11065405M2
2M108565029.5
3L1075252312.5
4E1095152613
5F1094757517.5
6B1094161722.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

10月27日「ロッテ対ホークスの試合結果」

10月27日のロッテの試合結果

勝利投手【H】和田投手(8勝1敗)

敗戦投手【M】石川投手(7勝5敗)

本塁打 【H】甲斐 10号(6回裏2ラン)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1藤原0000
2荻野0000
3中村1000
4安田0000
5清田3000
6菅野0000
7田村1000
8藤岡0000
9福田秀0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打角中0000
守備鳥谷0000
代打井上0000

 

投手

投球回自責点
石川6回3失点
ハーマン1回0失点
小野1回2失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは清田選手です。

 

残念ながら打線はイマイチでしたが、清田選手は猛打賞の活躍でした。

9回の2ベースヒットは守備のミスも絡んで打点こそつかなかったものの、必ず明日に繋がる1点になると信じています。

今はかなり調子が良さそうなので、今シーズンが終わるまでこの調子を保ち続けていただきたいですね。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回裏、石川投手はヒット2本で2アウト1,3塁のピンチを招くも、続くバッターはセカンドゴロに打ち取り無失点でしのぐ
・5回表、菅野選手が四球で出塁し田村選手がヒットで繋いで2アウト2,3塁のチャンスを作るも、福田秀平選手はレフトフライに倒れる
・5回裏、石川投手は先頭バッターに2ベースヒットを打たれ、送りバント・犠牲フライで先制を許す
・6回裏、石川投手は先頭バッターにヒットを打たれ、2アウト3塁の場面でホームランを打たれて3点ビハインドに
・7回表、清田選手の2ベースヒットから1アウト1,2塁のチャンスを作るも、田村選手はサードライナー・代打角中選手は三振に倒れて得点できず
・8回裏、この回は小野投手がマウンドに上がるも、タイムリーヒットとパスボールで2点の追加点を許す
・9回表、先頭の中村奨吾選手が四球を選んで出塁し、清田選手の2ベースヒットでようやく1点を返す。
さらには四球と相手のエラーで2アウト満塁のチャンスを作るも、最後は福田秀平選手がセカンドゴロに倒れゲームセット

今日はなかなか打線が繋がらず、投手陣は二桁安打を許す敗戦となってしまいました。

ホークスの優勝が決まってしまいましたが、ここからはCS争いに集中してもう一度気持ちを切り替えて戦っていただきたいですね。

この悔いはCSで晴らしましょう!

 

先発の石川投手6回3失点で敗戦投手となりました。

序盤はピンチをしのいで粘り強いピッチングをしていましたが、やっぱり6回の2ランホームランが痛かったですね。

 

QSを達成して先発としての仕事を果たしているので決して悪いピッチングではないのですが、欲を言えば簡単に先制を許してほしくなかったです。

次の登板では自身の連敗を止めるようなピッチングをしていただきたいです。

 

10月28日の予告先発

【ロッテ】チェンウェイン投手
【ホークス】千賀投手

 

明日のマリーンズの予告先発はチェンウェイン投手

2試合に先発し6回2失点・6回1失点と好投をしていますが、打線の援護に恵まれず0勝1敗と初勝利はまだ挙げていません。

きっとチェンウェイン投手はホークス打線も抑えてくれると思うので、野手陣の援護に期待ですね。

 

対するホークスの予告先発は千賀投手

今シーズンも9勝6敗・防御率2.49と好投が続き、明日は二桁勝利のかかったマウンドになります。

しかし今シーズンはマリーンズとの対戦が1度のみで、その時は7回途中6失点で敗戦投手となっています。

 

千賀投手は全く打てない投手ではないため、チェンウェイン投手の初勝利のためにも打線には頑張って得点を奪っていただきたいですね。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように…

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました