11月3日・ホークス戦『序盤にリードを作るも無念の逆転負け』2020シーズン

11月3日のロッテの試合結果

2020-11-03(火)

 

本日(11月3日)は
福岡ソフトバンクホークス戦でした。

 

3位の西武は11月に入ってから2連勝と調子を上げ、試合開始時点でロッテに1ゲーム差まで詰め寄ってきました。

マリーンズは残る6試合で、最低でも3勝以上はしておきたいところですね。

 

ただ、CSでホークスを倒すためにはホームで勝ち越して勢いをつけておく必要があります。

その後も負けられない試合が続いていくため、大事なカード頭で勝利を挙げてほしいです。

 

今日の先発バッテリーは石川投手柿沼選手

石川投手は先発として安定感のあるピッチングを続けていますが、打線の援護に恵まれず10月は勝利がありませんでした。

今日はチームに勢いをつけるという意味でも、HQSを達成するぐらいの好投を期待しています。

 

そして今日は9番キャッチャーで柿沼選手がスタメン入りしました。

田村選手がやや攻守ともに調子を落としているため、出場機会が少なくなっていた柿沼選手としてはアピールのチャンスです。

守備はもちろんですが、そろそろ打撃でも安定感が出てくると嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

11月2日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H11670415優勝
2M1145754313
3L1145655314
4E1155355715.5
5F1165259518
6B1154266726.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

前日の試合終了時点での順位表です

 

11月3日「ロッテ対ホークスの試合結果」

11月3日のロッテの試合結果

勝利投手【H】バンデンハーク投手(2勝2敗)

敗戦投手【M】石川投手(7勝6敗)

セーブ 【H】森投手(1勝1敗31S)

本塁打 【M】清田 7号(1回裏2ラン)

〃       藤岡 3号(4回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2000
2角中0000
3中村1000
4清田2120
5菅野1000
6井上0000
7安田0000
8藤岡2110
9柿沼0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打藤原0000
守備田村0000
代走和田0000
守備茶谷0000
代打鳥谷0000

 

投手

投球回自責点
石川5.2回4失点
唐川0.1回0失点
ハーマン1回0失点
澤村1回0失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは清田選手です。

 

清田選手は一昨日に引き続き、初回に先制のホームランを打ちました。

さらには2ベースヒットを放ってマルチ安打を記録し絶好調です。

4番のバッティングでチームを引っ張っていただきたいですね。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回裏、先頭バッターの荻野選手が左中間を破る2ベースヒットで出塁し角中選手がバントで送ってランナー3塁のチャンスを作り、清田選手の2ランホームランで先制
・2回裏、藤岡選手のヒットと荻野選手の四球で2アウト1,2塁のチャンスを作るも、角中選手はセンターフライに倒れて追加点は奪えず
・4回裏、藤岡選手が高めのボール球を反対方向へ飛ばし、レフトポール際へのソロホームランで3点リードに
・5回裏のマリーンズの攻撃の際、西日が差し込む影響で約15分の中断を挟む
・6回表、石川投手はこの回4本のヒットを打たれて同点に追いつかれ降板。
代わった唐川投手もタイムリーヒットを打たれて勝ち越しを許す。
・8回表、澤村投手は2三振を奪う三者凡退の完璧なリリーフをみせる
・8回裏、この回先頭の中村奨吾選手がヒットで出塁して2アウト1,2塁のチャンスを作るも、安田選手は三振に倒れる
・9回表、益田投手も2三振を奪う三者凡退のピッチングで9回裏の攻撃へ
・9回裏、藤岡選手が三振・代打鳥谷選手がセンターフライ・荻野選手がショートゴロの三者凡退に倒れゲームセット

今日は痛恨の逆転負けとなり、西武とのゲーム差が無くなりました。

勝率は並んでともに2位、西武との対戦では負け越しているためマリーンズはCS進出が厳しい状態となってしまいました。

 

ここからはもう1試合も落とすことができないため、チーム一丸となって1つずつ勝利を取りにいってもらいたいです。

 

先発の石川投手6回途中4失点というピッチングでした。

5回までは多少甘くなる球がありながらもテンポよく投げていましたが、西日での中断を挟んだ後の6回表は一気に同点まで追いつかれてマウンドを降りました。

 

約15分の中断がピッチングに影響してしまったのかもしれませんが、リードを保ったままリリーフに繋いでいただきたかったですね。

 

11月4日の予告先発

【ロッテ】チェンウェイン投手
【ホークス】千賀投手

 

明日のマリーンズの予告先発はチェンウェイン投手

ここまで3試合に先発し、

  • 6回2失点
  • 6回1失点
  • 8回2失点(完投)

素晴らしい成績を残しながらも0勝2敗と打線の援護に恵まれません。

 

明日が今季最後のレギュラーシーズンの登板機会となるため、チェンウェイン投手がどんなピッチングをしたとしても初勝利を付けてあげられるぐらいの打線の援護を期待しています。

もちろんチェンウェイン投手には今まで通りの好投を期待しています。

 

対するホークスの予告先発は千賀投手

すでに優勝を決めているホークスですが、まだタイトル争いが残っています。

 

千賀投手は明日、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振のタイトル獲得をかけて試合に臨むため、千賀投手もホークス打線も気合いを入れてマリーンズを倒しに来ることになりそうです。

 

ただ、マリーンズ打線はこの試合で千賀投手を打ち崩して嫌な印象を与えることが出来ればCSに向けて大きな勝利となるため、千賀投手に簡単に抑え込まれることは無いようにしていただきたいです。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました