11月14日・CS第1戦『安田選手の2ランで先制するもリードを守り切れず』2020シーズン

11月14日のロッテの試合結果

2020-11-14(土)

 

本日(11月14日)は
福岡ソフトバンクホークス戦でした。

 

今日からパリーグのクライマックスシリーズが始まります。

優勝したホークスが1勝のアドバンテージを持ち、3勝先取したチームが日本シリーズへ進みます。

 

石川投手がふくらはぎを痛めて離脱したことでマリーンズはさらに主力を欠くことになってしまっていますが、今シーズンはそんな状態の中でも2位につけたチーム力があります。

クライマックスシリーズでもチーム一丸となって投打が噛み合う展開にしていただきたいですね。

 

大事なCS1試合目の先発を任されたのは美馬投手

今季5勝1敗とホークスに対して相性が良く、防御率3点台で二桁勝利を挙げる成績も残しています。

今日投げ合う投手は三冠を挙げた千賀投手ですが、粘り強く抑え続けて打線の援護を待っていただきたいですね。

 

そして打線は、4番に指名打者清田選手が座る布陣で臨みます。

シーズン終盤には徐々に打線が機能し始めていたため、好調な上位打線を活かせるよう中軸には特に頑張っていただきたいですね。

チャンスは少ないと思いますが、しっかりと得点を奪っていただきたいです。

 

スポンサーリンク

CS第1戦「ロッテ対ホークスの試合結果」

11月14日のロッテの試合結果

勝利投手【H】モイネロ投手(1勝0敗)

敗戦投手【M】澤村投手(0勝1敗)

セーブ 【H】森投手(0勝0敗1S)

本塁打 【M】安田 1号(2回表2ラン)

〃   【H】柳田 1号(4回裏ソロ)

 

本日のロッテの試合成績

本日の試合に出場したロッテの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2010
2藤原0000
3菅野0000
4清田2000
5井上0000
6中村1000
7安田1120
8田村1000
9藤岡1000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打角中0000

 

投手

投球回自責点
美馬5.1回3失点
東條0.0回0失点
唐川0.2回0失点
ハーマン1回0失点
澤村1回1失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございます。ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは安田選手です。

 

CS初戦となる今日の試合の先制点を挙げたのは7番安田選手の2ランホームランでした。

少し甘めに入ってきたフォークボールをすくい上げてライト方向へ運ぶ見事なバッティングだったと思います。

この調子でプレッシャーを感じずに思い切ってプレーしていただきたいですね。

 

先発の美馬投手6回途中3失点という結果になりました。

初回はコントロールが定まらず3連打で満塁のピンチを招きながらも、きっちりと併殺打を打たせる美馬投手らしい立ち上がりでした。

 

しかし6回裏に1アウト2,3塁のピンチを招き、マウンドを降りた後は守備の乱れがあり同点まで追いつかれて勝ち投手の権利を失うことになってしまいました。

美馬投手のピッチングは悪くなかったので、リードを守り抜いてあげてほしかったです。

 

~戦評~ 個人的ハイライト

・1回裏、美馬投手は3連打を食らって1アウト満塁のピンチを招くも、続くバッターは併殺打に打ち取り無失点でしのぐ
・2回表、2アウトから中村奨吾選手がヒットで出塁し、安田選手のライトへの2ランホームランで先制
・4回裏、美馬投手はこの回先頭の柳田選手にソロホームランを打たれて1点を返される
・5回表、先頭の田村選手がライト線を破る2ベースヒット・藤岡選手の送りバントで1アウト3塁のチャンスを作り、荻野選手のタイムリーヒットで再び2点リードに
・5回裏、藤岡選手のミスでショートへの2塁打を許してノーアウト2塁のピンチを招くも、後続にヒットは許さずリードを守る
・6回裏、美馬投手は2連打と送りバントで1アウト2,3塁のピンチを招き交代。
代わってマウンドに上がった東條投手は内野安打を許して1点差に詰め寄られる。
続いてマウンドに上がった唐川投手は1アウト1,3塁のチャンスでセカンドゴロを打たせるも、守備が乱れる間に同点のホームインを許して試合は振り出しに
・7回裏、ハーマン投手は1番からの好打順を9球で三者凡退に抑える好リリーフ
・8回裏、澤村投手は先頭バッターに四球を与えてから2アウト満塁のピンチを招き、追い込んでからボテボテのショートゴロを打たせるも不運な内野安打となり勝ち越しを許す
・1点ビハインドで迎えた9回表、マリーンズ打線は三者凡退に倒れてゲームセット

今日は安田選手の2ランホームランで先制する理想的な展開でしたが、守備の乱れもあってリードを守り切ることができませんでした。

投手が打たれて失点するのは仕方ありませんが、攻守に隙の無いホークスを倒すためには細かいミスを無くさなければいけませんね。

 

ホークスは1勝のアドバンテージがあるため早くも王手をかけられてしまいましたが、マリーンズはチャレンジャーとして気負わずに明日からも戦っていっていただきたいです。

あっさりと連敗で終わってしまうのは寂しいので、明日は勝利を期待しています!

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました