3月23日・DeNAとの練習試合『佐々木朗希投手は2回2失点で課題を明確に』2021シーズン

3月23日のロッテの試合結果

2021-03-23(火)

 

本日は横浜DeNAベイスターズとの練習試合が行われました。

本来であればオープン戦の振替試合というものは行われませんが、DeNAはロッテ戦を含めて計3試合が雨天中止となってしまった事もあり練習試合が組まれました。

マリーンズとしても、佐々木朗希投手の初先発の機会が再び巡ってきたため嬉しい限りですね。

 

ファームを除けば開幕前の最後の試合・最後の調整の機会となるため、マリーンズには投打の噛み合った勝利を見せていただきたいです。

 

3月23日「ロッテvsDeNAの試合結果」

3月23日のロッテの試合結果

勝利投手【De】大貫投手

敗戦投手【M】佐々木朗希投手

本塁打 【M】吉田選手 (8回表ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1藤原1000
2荻野1001
3マーティン0000
4安田0000
5山口1000
6中村1000
7井上0000
8田村0000
9藤岡0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備菅野0000
守備1000
守備吉田1110
守備鳥谷1000
守備角中1010
守備平沢0000
代走和田0000

 

投手

投球回自責点
佐々木朗2回1失点
鈴木2回0失点
唐川1回3失点
ハーマン1回0失点
益田1回0失点
小野1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPは吉田選手鈴木投手です。

 

今日は守備から途中出場となった吉田選手がソロホームランを放って結果を残しました。

オープン戦では代打メインの起用となり、開幕に近づくにつれてやや調子を落としながらも8打数4安打+今日のホームランという大きなアピールで開幕1軍スタートの可能性は高くなりました。

 

開幕1軍のチャンスを掴み取れれば田村選手・柿沼選手に続く第三捕手及び右の代打要員という立ち位置となると思いますが、打てるキャッチャーになれるよう活躍してほしいですね。

 

そして開幕ローテに入るであろうルーキー鈴木投手は2回無失点の危なげないピッチングでした。

オープン戦で安定感のある良いピッチングを見せた鈴木投手には凄く期待しているので、シーズンに入ってからも結果を残してほしいです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】先発の佐々木朗希投手は150キロを超えるストレート中心のピッチングで三者凡退を奪う立ち上がり
【2回裏】佐々木朗希投手は2アウトを取ってからセカンドへの内野安打・レフト前へのポテンヒットでランナー1,2塁のピンチを招き、2者連続四球で押し出しとなり先制を許す。
さらにはパスボールの間に三塁ランナーが還り追加点を許す。
【4回表】荻野選手がセンター前ヒット・二盗成功でチャンスを作って安田選手は四球を選んで出塁するも、続く山口選手の一二塁間を抜けそうな当たりは好守備に阻まれ得点を奪えず
【5回裏】唐川投手はヒット・送りバントを決められ1アウト2塁のピンチを招き、そこから3本のタイムリーヒットを打たれて3点を失う
【7回表】安田選手・山口選手・中村奨吾選手は、山﨑投手に対し三者連続三振に倒れる
【8回表】守備から途中出場していた吉田選手が左中間へのホームランを放ち1点を返す
【9回表】岡選手・鳥谷選手・角中選手、途中出場の3選手の連打で1点を返す。
その後1アウト2,3塁のチャンスが続くも、後続は打ち取られゲームセット

 

先発のマウンドに上がった佐々木朗希投手は前回の試合同様、ストレートは安定して150キロを超えていました。

変化球は抜け気味の球が目立っていましたが、初回はストレートの制球が安定していたと思います。

 

しかし2回には2アウトを奪ってから内野安打・ポテンヒットと不運な当たりが続いてピンチを招き、クイックモーションに変わってから制球が乱れ始めて2者連続四球となり痛恨の押し出しで失点を喫しました。

さらには高めに浮いた球を田村捕手が後ろに逸らしてしまうバッテリーエラーでの失点もあり、変化球のコントロール・クイックモーション・ピンチを招いてからの投球などなど、多くの課題が見つかるピッチングとなりました。

 

まだ高卒2年目のピッチャーなので、今季はファームで実戦を積みながら課題を1つずつクリアしていっていただきたいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました