3月26日・ソフトバンク戦『ソロ2本の2得点止まりでマリーンズ黒星スタート』2021シーズン

3月26日のロッテの試合結果

2021-03-26(金)

 

本日(3月26日)は
福岡ソフトバンクホークス戦

 

全国的に気温が高くやや強めの風が吹く今日、2021年シーズンのプロ野球が開幕しました。

今季は予定通りの日程で開幕を迎えられたことに対して一安心するとともに、これから始まるシーズンがとても楽しみになっています。

 

マリーンズの開幕戦のマウンドを任せられたのは二木投手

昨シーズンは試合数が少ない中で9勝3敗でキャリア最多となる勝利数を記録し、万全な状態で迎えた今シーズンは二桁勝利が期待されています。

チームとしてもエースとしても最高のスタートを切るために、マリーンズに勝利を呼び込むようなピッチングをしていただきたいですね。

 

開幕スタメンとなる打線はオープン戦で試していた形と少し変えてきました。

大きな部分では、鳥谷選手が7番ショートでスタメン入りを果たしています。

 

この起用は鳥谷選手が好調というだけではなく、小川選手が開幕直前で離脱してしまったり、藤岡選手平沢選手が与えられたチャンスの中で結果を残しきれなかったからということでしょう。

若手の選手がチャンスを掴み切れなかったことはとても残念ですが、開幕戦スタメンのチャンスを与えられた鳥谷選手には若手を躍起にさせるような活躍をしていただきたいですね。

 

3月26日「ロッテvsソフトバンクの試合結果」

3月26日のロッテの試合結果

勝利投手【H】石川投手(1勝0敗)

敗戦投手【M】二木投手(0勝1敗)

本塁打 【M】マーティン 1号(6回表ソロ)

〃       吉田 1号(9回表ソロ)

〃   【H】今宮 1号(1回裏2ラン)

〃       周東 1号(3回裏ソロ)

〃       柳田 1号(6回裏2ラン)

〃       甲斐 1号(7回裏ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2菅野0000
3マーティン1110
4安田0000
5山口1000
6中村1000
7鳥谷1000
8田村0000
9藤原0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打吉田1110
代打髙部0000

 

投手

投球回自責点
二木5.0回5失点
田中1回0失点
河村1回1失点
土居1回2失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPはマーティン選手です。

 

今シーズンのマリーンズの初得点・初本塁打はマーティン選手が記録しました。

残念ながら流れを変える一発とはならなかったものの、今季もマリーンズの主砲であるマーティン選手のホームランはたくさん見ることが出来そうですね。

今シーズンも引き続き長打力のあるバッティングとピンチを救う好守でチームを引っ張っていっていただきたいです。

 

開幕スタメンに抜擢される形となった鳥谷選手はヒット1本・四球1つでチャンスを広げる活躍を見せました。

ショートの守備も無難にこなしていましたし、ベテランらしい安定感があったと思います。

これを見た若手の選手やショートのポジションを争う藤岡選手に火が付くような展開になれば良いですね。

 

そして5番指名打者で1軍デビューを果たした山口選手は、6回に三週間を破る当たりを放ちプロ初ヒットを記録しました。

5回には詰まらされながらもレフトフェンス手前まで飛ばす当たりを放っていたこともあり、パワーアップして迎えた今季は1軍でも十分に通用しそうですね。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】先発の二木投手は先頭バッターにヒットを打たれ、続く今宮選手に完璧な当たりの2ランホームランを打たれて先制を許す
【3回裏】二木投手はこの回も失投をスタンドまで運ばれて追加点を許す
【4回表】この回先頭の荻野選手がライト方向への2ベースヒットでチャンスを作るも、後続はランナーを進めることが出来ず無得点が続く
【5回表】中村奨吾選手のフェンス直撃の2ベースヒット・鳥谷選手のライト前ヒットなどで1アウト満塁のチャンスを作るも、藤原選手は強い当たりのファーストゴロ・荻野選手はセンターフライに倒れる
【6回表】マーティン選手のソロホームランでチーム初得点を記録し2点差に詰め寄る。
さらにはプロ初ヒットとなる山口選手のヒットから2アウト満塁のチャンスを作るも、田村選手は三球三振に倒れる
【6回裏】二木投手は四球で出したランナーを1塁におき、柳田選手に2ランホームランを打たれて点差は広がり4点ビハインドに
【7回裏】ルーキーの河村投手はソロホームランで1点を失うも、それ以外のランナーは出さずに1イニング1失点で抑える
【8回裏】プロ初登板となった土居投手は四球2つで2アウト1,2塁のピンチを招き、続くバッターに2点タイムリー2ベースヒットを打たれてさらに点差が広がる
【9回表】代打の吉田選手がレフトスタンドへのソロホームランを放って1点を返すも、6点差をつけられゲームセット。
マリーンズは開幕戦は黒星スタートに…

 

二木投手は開幕投手のプレッシャーからか、立ち上がりは特に球が高く3本のホームランを打たれて6回途中5失点でマウンドを降りました。

ホームランを打たれた3球はいずれもど真ん中への失投で、絶好調だったオープン戦の時とは別人ような制球力でした。

 

球速があまり出ない分だけ厳しいコースを突いていくピッチングが出来なければ結果はついてこないと思うので、次回からは持ち味の制球力を存分に発揮して勝利を挙げられるようなピッチングを見せていただきたいです。

 

3月27日「ロッテvsソフトバンクの予告先発」

【ロッテ】美馬投手
【ソフトバンク】高橋礼投手

 

明日のマリーンズの予告先発は美馬投手です。

美馬投手はオープン戦で1試合のみの登板となっていますが、2軍戦などでもしっかりと抑えているところを見せてくれているため調整はバッチリだと思われます。

 

昨シーズン二桁勝利を挙げた美馬投手は昨季の開幕カードでも5回1失点の好投で勝利を挙げているため、今シーズンもベテランとしてチームを引っ張るような活躍を期待しています。

 

対するソフトバンクの先発は高橋礼投手です。

2019年シーズンには先発として12勝6敗、昨シーズンはリリーフとして52登板と先発・中継ぎともに適性のある良いピッチャーですね。

オープン戦では7回途中無失点とマリーンズ打線は抑え込まれているので打ち崩すのは難しそうですが、美馬投手とマリーンズ打線の噛み合った勝利を見せていただきたいです!

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました