3月31日・楽天戦『岩下投手の好投も報われず連敗は続く』2021シーズン

3月31日のロッテの試合結果

2021-03-31(水)

 

本日(3月31)は
東北楽天ゴールデンイーグルス戦

 

マリーンズは開幕から4連敗、未だに勝利はなく借金4を抱えています。

本来の調子を取り戻し、他球団に早めに追いついて欲しいですね。

 

今日の先発マウンドを任されたのは岩下投手

2年連続で開幕ローテを勝ち取り、昨シーズンの7勝を超える活躍が期待されています。

 

制球の調子にやや波はありますが、150キロを超えるストレートと大きく落ちるフォークを武器に三振を奪っていくタイプのパワーピッチャー。

今日は連敗ストッパーとして、流れを変えるようなピッチングを期待しています。

 

昨日のマリーンズ打線は8本のヒットを記録しましたが、チャンスでの一本が出ずに完封負けを喫しました。

今日こそはチャンスを活かし、しっかりと得点を挙げていっていただきたいです。

 

3月30日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H4400
2L43101
2E43101
4F41303
4B41303
6M40404
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

3月31日「ロッテvs楽天の試合結果」

3月31日のロッテの試合結果

勝利投手【E】則本昂大投手(1勝0敗)

敗戦投手【M】岩下投手(0勝1敗)

セーブ 【E】松井投手(0勝0敗1S)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2001
2マーティン1000
3中村0000
4安田0000
5レアード0000
6菅野1010
7藤岡0000
8田村1000
9藤原1000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打角中0000
代走和田0000
守備三木0000
代走0000
代打鳥谷1000
代打山口0000
代打吉田0000

 

投手

投球回自責点
岩下5.2回2失点
田中0.1回0失点
唐川1回0失点
小野1回0失点
河村1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPは菅野選手です。

 

今日は楽天の先発則本昂大投手の前にチャンスを作る事すら難しかったマリーンズ打線でしたが、7回裏1アウト1,2塁のチャンスで菅野選手は2ベースヒットを放ち得点を挙げてくれました。

開幕直後は調子を落としていましたが、代打でホームランを打ってから調子が上がってきているようですね。

チャンスに強いバッターとして今シーズンも活躍してほしいです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】岩下投手はストレート中心に、初回を9球で三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる
【2回裏】この回先頭の安田選手が四球を選んで出塁するも、レアード選手は初球打ちでダブルプレーに倒れランナーは溜まらず
【3回裏】1アウトから田村選手が二遊間の真ん中を抜けるヒットで出塁するも、続く藤原選手はピッチャーゴロ併殺打に倒れてチャンスを作れず
【4回裏】先頭の荻野選手がヒットで出塁し、盗塁も決めてチャンスを広げるも、後続は3人ともフライアウトに打ち取られる
【6回表】岩下投手はこの回3与四球で2アウト満塁のピンチを招き、茂木選手にライト前タイムリーを打たれて2点を先制される。
その後も2アウト1,3塁のピンチが続くが、代わってマウンドに上がった田中投手が続くバッターをショートゴロに打ち取り追加点は許さず。
【7回裏】安田選手・レアード選手が四球を選んで1アウト1,2塁のチャンスを作り、菅野選手のレフトの頭を超えるタイムリー2ベースで1点を返す。
さらに1アウト2,3塁のチャンスが続くも、代打角中選手の強烈なライナーはセカンド正面に飛んでしまい、続く田村選手はサードゴロに倒れ追いつけず。
【8回表】小野投手は2アウトを奪ってからストレートの四球2つとヒット1本で満塁のピンチを招くも、続くバッターは空振り三振に抑えて無失点でしのぐ
【8回裏】藤原選手の内野安打とマーティン選手のライト線を破る2ベースヒットで1アウト2,3塁のチャンスを作るも、中村奨吾選手は浅いレフトフライ、安田選手はショートゴロに倒れて得点できず
【9回裏】先頭の代打鳥谷選手がヒットを打って出塁し、菅野選手が送りバントを決めて1アウト2塁のチャンスを作り、続く代打山口選手はライト方向へ大きな当たりを飛ばすもファインプレーに阻まれ2アウト3塁、吉田選手は四球を選んで出塁するも、最後は藤原選手が三振に倒れてゲームセット

今日もマリーンズ打線は1得点と振るわず、連敗は止まりませんでした。

明日で先発が一周することになるので、そろそろ悪い流れを断ち切りたいですね。

 

岩下投手6回途中2失点という結果でした。

持ち味の力のあるストレート中心に4回までノーヒットピッチングを続け、5回までは楽天打線を無失点に抑える好投をみせてくれました。

しかし、6回には制球を乱して3四球で満塁のピンチを招き、タイムリーヒットで先制点を奪われ降板となってしまいました。

 

球数は少なめに抑えていましたが、序盤から少し飛ばし気味に投げていたのでスタミナの減少とともに制球力が落ちてしまったような感じでしょうか。

それに加えて打線の援護はなく、常に一発が許されない場面で抑え続けるプレッシャーもあったのでしょう。

岩下投手は5回まで無失点に抑える好投をしてくれていたので、打線にはその間に何とか得点を挙げてほしかったですね。

 

4月1日「ロッテvs楽天の予告先発」

【ロッテ】本前投手
【楽天】瀧中投手

 

明日のマリーンズの先発投手は本前投手です。

昨シーズンはファームで結果を残し、さらにはシーズン前の練習試合とオープン戦での猛アピールによって支配下登録を勝ち取り、今季は開幕ローテ入りを果たしました。

少し前までマリーンズは左腕投手が少ないイメージがありましたが、小島投手・鈴木投手・本前投手と、開幕ローテの半分を左腕投手が務めます。

 

本前投手は練習試合やオープン戦でのピッチングが明日の試合でも出来れば楽天打線を抑えられると思うので、しっかりと自分のペースのピッチングをしていただきたいですね。

まずは支配下登録を勝ち取りましたが、大切なのは1軍で投げ始めるここからのスタートです。

 

対する楽天の先発は瀧中投手

ルーキーイヤーとなる昨季はシーズン後半からローテーション入りをし、8先発で2勝1敗・防御率3.40の好成績を残しました。

今シーズンからは1軍でどんどん投げてくると思われるので、あまり苦手意識を持たないようにマリーンズ打線は打ち崩しておきたいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました