4月1日・楽天戦『ロッテが12安打16得点の猛攻で本前投手は初登板初勝利』2021シーズン

4月1日のロッテの試合結果

2021-04-01(木)

 

本日(4月1日)は
東北楽天ゴールデンイーグルス戦

 

開幕からここまで5連敗、借金は増え続ける一方です。

今日で開幕から一週間となるので、そろそろマリーンズの勝利が欲しいです。

 

マリーンズの先発は本前投手

昨シーズンからファーム・練習試合・オープン戦と結果を残し続け、支配下登録を勝ち取り開幕ローテに名を連ねました。

初登板が連敗中ということで非常に流れが悪い中ではありますが、そんな悪い流れを断ち切れるようなピッチングを期待しています。

 

初先発の本前投手よりも不安なのは、ここまでの5試合で計10得点、1試合平均2得点と低迷するマリーンズ打線。

打率が3割を超えているのは荻野選手中村奨吾選手の2人だけですし、その2人はともに得点圏にランナーがいるチャンスの場面ではヒットを打てていません。

今のところ、絶好調と言えるバッターは1人もいませんね。

 

昨日からの打線のオーダー変更は、7番ショートが鳥谷選手になっています。

得点は奪えていませんが、四球やヒットなどでチャンスは作れているため、そのチャンスを活かせるような攻撃を見せていただきたいです。

 

3月31日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H5410
1E5410
3L53110.5
4B52302
5F51312.5
6M50504
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月1日「ロッテvs楽天の試合結果」

4月1日のロッテの試合結果

勝利投手【M】本前投手(1勝0敗)

敗戦投手【E】瀧中投手(0勝1敗)

本塁打 【E】茂木 2号(2回表2ラン)

〃       小郷 1号(2回表ソロ)

〃       辰己 2号(5回表ソロ)

〃   【M】マーティン 2号(1回裏ソロ)

〃       レアード 1号(2回裏2ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2020
2マーティン1110
3中村1010
4安田2050
5レアード1130
6菅野2010
7鳥谷2000
8田村1010
9藤原0010
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備0000
代走三木0000
守備和田0000
代打角中0000
代打山口0000
代打柿沼0000

 

投手

投球回自責点
本前5回4失点
佐々木千3回1失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPは荻野選手・安田選手・レアード選手です。

 

今日はマリーンズ打線が繋がりました。

これまでの5試合で10得点しか取れていなかった打線が、2回までに10得点を奪う爆発力を見せました。

 

ヒットを打ったり四球を選んだりで野手はみんな活躍していましたが、その中でも特に荻野選手・安田選手・レアード選手が良かったですね。

 

荻野選手は2回に迎えた1アウト満塁のチャンスで、逆転打となるタイムリー2ベースヒットを放ちました。

この一本が出るか出ないかで、今日の試合の流れが変わっていたかもしれません。

 

打率が0割台に落ち込み不調が続いていた安田選手は、タイムリー2ベースヒットを2本放って5打点を挙げる活躍を見せました。

安田選手にはチャンスの場面での活躍が期待されているので、思い切りの良いスイングをもっと見せてほしいです。

 

今日が3試合目となったレアード選手には2ランホームランが飛び出しました。

一振りで試合を決められるレアード選手・マーティン選手には、今シーズンホームランを量産していただきたいですね。

 

もちろん、大量得点を取って勝つことよりも1点を争う接戦を取って勝利を積み重ねてほしいですが、まずは今季1勝目を挙げられたことで一安心です。

今日の勝利からマリーンズに良い流れがやってくることを期待しています。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】マーティン選手のバックスクリーンへのソロホームランで先制!
【2回表】本前投手は四球でランナーを1人出してから茂木選手に2ランホームランを打たれて逆転を許す。
さらには2アウトを奪ってから小郷選手にもホームランを打たれて2点ビハインドに。
【2回裏】田村選手・荻野選手・安田選手のタイムリーヒットやレアード選手の2ランホームランなどでこの回一挙9得点を奪い逆転する
【3回表】本前投手は2ベースヒットなどで1アウト1,2塁のピンチを迎えるも、4番の浅村選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取って切り抜ける
【3回裏】荻野選手のヒットなどでノーアウト満塁のピンチを作り、中村奨吾選手の犠牲フライ・安田選手の今日2本目のタイムリー・レアード選手の犠牲フライで10点リードに
【5回裏】この回は3四死球を貰ってノーアウト満塁のチャンスを作り、安田選手の内野ゴロの間の得点と菅野選手のタイムリーヒットでさらにリードを広げる
【6回表】この回からマウンドに上がった佐々木千隼投手は連打を食らってノーアウト1,2塁のピンチを招くも、後続にヒットは許さず無失点で切り抜ける
【8回表】3イニング目となった佐々木千隼投手は2アウト1,2塁のピンチからタイムリーヒットを打たれて1点を失うも、後続はしっかりと断ち切って3回1失点の好リリーフ
【9回表】11点リードで迎えた最終回のマウンドに上がった益田投手は四球でランナーを出しながらも、最後は三振で抑えてゲームを締める

マリーンズ打線は12安打16得点と大爆発し、6試合目にしてようやく今季初勝利を挙げました。

ここまで連敗していたため、今日から連勝を始めていただきたいです!

 

今日が初登板となった本前投手は5回4失点で初勝利を挙げました。

変化球でなかなかストライクを取ることが出来ず、ストレートを狙い撃ちされてしまい2本のホームランを打たれましたが、打線の大量援護もあり5回までしっかりと投げ切りました。

ストレートで抑えていくタイプの投手では無いため、変化球でカウントを整えることが出来ないと結果が付いてきません。

 

初登板にしては上出来かもしれませんが、開幕ローテで投げる投手としてはまだまだ物足りない気もします。

とは言え、これから1軍の試合で投げていく中でどんどん成長していってくれると信じているので、今年は飛躍のシーズンにしていただきたいですね。

 

4月2日「ロッテvs日本ハムの予告先発」

【ロッテ】二木投手
【日本ハム】吉田投手

 

明日のマリーンズの予告先発は二木投手

開幕戦では相性の良いソフトバンク打線に6回途中5失点、3本のホームランを打たれて結果を残すことが出来ませんでした。

真ん中に甘く入る球が多く、持ち味の制球力がイマイチという感じでしたね。

 

明日は今季2登板目となるので、前回の反省を活かして調整してきてくれると信じています。

勝利を呼び込むようなテンポの良いピッチングをしていただきたいです。

 

対する日本ハムの予告先発は吉田輝星投手

開幕戦は上沢投手が投げていましたが、ローテ2週目から動かしてくるようです。

上沢投手は1軍登録はされたままなので、苦手としているロッテ戦を回避して次のカードにずらすのでしょうか。

 

吉田投手はルーキーイヤーから2年間で9先発していますが、1勝5敗となかなか振るいません。

3月25日にはファームでマリーンズと対戦し、被安打10・与四死球4・5失点と良い結果を残せていませんでした。

マリーンズ打線は吉田投手を苦手としていないため、二木投手とマリーンズ打線が噛み合う形で勝利を挙げていただきたいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました