4月11日・西武戦『ロッテ打線は再三のチャンスを活かせず1得点に終わる』2021シーズン

4月11日のロッテの試合結果

2021-04-11(日)

 

本日(4月11日)は
埼玉西武ライオンズ戦

 

昨日はマーティン選手の2打席連続ホームランなどでロッテが連敗をストップさせました。

勝ちパターンを務める投手には、試合数を重ねていくとともに調子を上げていただきたいですね。

 

今日のロッテの先発は鈴木投手

被安打の少ないピッチングで好投を続けていますが、援護に恵まれず未だプロ初勝利を挙げることが出来ていません。

今日もロッテ打線の得点次第で試合が決まることになると思いますが、味方打線を信じて西武打線を最少失点に抑える好投を見せていただきたいです。

 

そして、昨日途中交代でベンチに下がっていたマーティン選手は、今日は守備に就かないDHでの出場となりました。

昨シーズン痛めた足の状態がまだ万全ではないため、守備での負担を減らすという判断ですね。

チームに欠かすことの出来ないバッターなので、無理をしない程度に頑張ってほしいです。

 

マーティン選手がDHに入ったため、レアード選手がファーストに入ります。

公式戦で一塁の守備に就くのは、ロッテに来てから初めてのことです。

 

レアード選手がファーストの守備を無難にこなすことが出来れば、これからもマーティン選手をDHで休み休み起用出来るため、このオプションがあるのとないのとでは戦い方が大きく変わってきそうですね。

 

スポンサーリンク

4月10日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E14932
2H147522
2L137512
4M145724
5B145814.5
6F133825.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月11日「ロッテvs西武の試合結果」

4月11日のロッテの試合結果

勝利投手【L】平井投手(3勝0敗)

敗戦投手【M】鈴木投手(0勝1敗)

セーブ 【L】増田投手(0勝0敗4S)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2マーティン2000
3中村1010
4安田0000
5レアード0000
6菅野0000
7藤岡2000
8田村0000
9藤原0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打角中0000
代打鳥谷0000
守備柿沼0000
代走和田0000
代走三木0000
代打0000

 

投手

投球回自責点
鈴木5回2失点
田中1回0失点
ハーマン1回0失点
河村1回0失点
東條1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】中村奨吾選手が2ベースヒットを放って2アウト2塁のチャンスを作るも、続く安田選手は三振に倒れる
【3回表】鈴木投手はこの回も三振を奪って三者凡退に打ち取り、3回までノーヒット・5奪三振の好投を続ける
【3回裏】荻野選手マーティン選手の連打で1アウト1,3塁のチャンスを作り、中村奨吾選手のサードゴロの間に荻野選手がホームへ還って1点を先制
【4回表】鈴木投手はこの回先頭の源田選手にヒットを打たれて出塁を許し、二盗・三盗を決められ、犠牲フライで同点に追いつかれる
【4回裏】2アウトから藤岡選手が2ベースヒットを放ってチャンスを作るも、田村選手はファールフライに倒れて得点を奪えず
【5回表】鈴木投手はヒットで出したランナーをワイルドピッチで3塁まで進めてしまい、犠牲フライで勝ち越しを許す
【6回表】この回からマウンドに上がった田中投手はヒットと四球で2アウト1,2塁のピンチを招くも、続くバッターはサードゴロに打ち取り追加点を許さず
【7回裏】藤岡選手が四球で出塁し、代打角中選手の進塁打で2アウト2塁のチャンスを作るも、代打鳥谷選手はセカンドフライに打ち取られて追いつけず
【8回表】河村投手は先頭バッターに2ベースヒットを打たれるなどで2アウト満塁のピンチを招くも、続くバッターは三球三振で抑え無失点で切り抜ける
【8回裏】マーティン選手の2ベースヒットなどで2アウト満塁のチャンスを作るも、菅野選手は三振に倒れて1点ビハインドのまま
【9回表】今季初登板となった東條投手は盗塁阻止にも助けられ、12球で3アウトを取る
【9回裏】ロッテは3人連続で外野フライに倒れてゲームセット

今日はロッテ打線がチャンスを多く作りながらも、得点は中村奨吾選手の内野ゴロの間の得点のみでした。

チャンスで1本が出ればチームとしての流れも大きく変わると思うので、特に序盤で作ったチャンスでは確実に得点を取っていってほしいですね。

 

先発の鈴木投手は5回2失点、今日も援護に恵まれませんでした。

序盤はスライダー多めの配球で三振を多く奪い、3回まではノーヒットピッチングです。

しかし、2ストライクと追い込んでから粘られる場面が多く、球数がかさんだこともあって5回92球でマウンドを降りました。

 

許したヒットは3本のみでしたが、二盗・三盗を連続で決められて進んだランナーワイルドピッチで1塁から3塁まで進めてしまったランナーを犠牲フライで返されるもったいない失点となってしまいましたね。

 

そして、盗塁を簡単に許してしまったというところで、クイックモーションが今回の課題となりました。

鈴木投手はクイックでも足を高く上げて投げ込む投球フォームのため、足を絡めて攻撃してくる西武打線に狙われてしまいました。

あまりランナーを出さないピッチングを続けていますが、クイックの速さは成績に大きく関わってくるため、制球力を乱さない程度で徐々に改善していただきたいですね。

 

来週は仙台・大阪でのビジター6連戦

ロッテは月曜の移動日を挟み、来週はビジターでの6連戦となります。

 

火曜日からは仙台・楽天生命パークで楽天との3連戦、

金曜日からは大阪・京セラドームでオリックスとの3連戦という日程です。

 

ホームでは楽天に1勝2敗・オリックスには1勝1敗1分で、2カードともまだ勝ち越せていません。

シーズン序盤であまり苦手意識は持ちたくはないので、来週は両カードとも勝ち越しを期待したいですね。

 

来週には先発の石川投手が1軍に合流する可能性もありますし、エチェバリア選手も2軍戦に数試合出場して状態を見てからですが、調子が良ければ早めに昇格の可能性もあります。

その他にもファームで結果を残している人はたくさんいるので、1軍で戦っているメンバーは簡単にポジションを奪われないようにどんどんアピールしていってほしいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました