4月13日・楽天戦『投打が噛み合い石川投手が1勝目を挙げる』2021シーズン

4月13日のロッテの試合結果

2021-04-13(火)

 

本日(4月13日)は
東北楽天ゴールデンイーグルス戦

 

先週はホーム6連戦で2勝3敗1分と負け越してしまい、借金が3に増えてしまいました。

今日から3連戦を行う楽天は現在首位のチームなので、ゲーム差をこれ以上離されないようにしてほしいですね。

 

ロッテの先発は今季初登板となる石川投手

コンディション不良で2軍調整を続けていましたが、先週火曜日にファームで6回1失点のピッチングをして1軍合流となりました。

これまでの実績を踏まえてのカード頭でのローテ入りだと思うので、チームに良い流れを呼び込む好投を期待しています。

 

そして、石川投手と入れ替わる形で横山投手が登録抹消となりました。

先週金曜日に1軍登録されて3試合ベンチ入りをしていましたが、ロッテは接戦が続いていたため登板機会はありませんでした。

元から先発投手が入れ替わる分の枠だったので、横山投手の1軍デビューを見れなかったのは残念でしたがこうなるのは仕方ありませんね。

近いうちに再び1軍のチャンスはやってくると思うので、ファームで結果を残し続けていただきたいです。

 

今日の楽天の先発は岸投手

先々週にロッテ打線が完封負けを喫した相手です。

ヒットで出塁は出来ていたものの、得点圏までランナーを進めることはほとんどできていませんでした。

四球の少ない投手なので、連打で得点を挙げるしかありません。

 

スポンサーリンク

4月11日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E15942
2H158521
2L148511
4M155824
4B155824
6F143835
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月13日「ロッテvs楽天の試合結果」

4月13日のロッテの試合結果

勝利投手【M】石川投手(1勝0敗)

敗戦投手【E】岸投手(2勝1敗)

セーブ 【M】益田投手(0勝2敗2S)

本塁打 【M】山口 2号(2回表ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2マーティン1000
3中村0000
4安田1000
5レアード1000
6山口2120
7藤岡2010
8田村0000
9藤原0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走和田0000
代打角中0000
代走三木0000
守備0000

 

投手

投球回自責点
石川7回1失点
河村1回0失点
東條0.2回1失点
S益田0.1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPは山口選手石川投手です。

 

今日は前回完封負けを喫した岸投手が相手でしたが、石川投手が初回に失点した直後に山口選手が同点打となるソロホームランを放って楽天に流れを渡しませんでした。

さらに、チャンスで回ってきた次の打席ではフルスイングした打球が詰まりながらも内野の頭を超えて今日2打点目を挙げました。

思い切ってフルスイングを出来る日本人バッターがロッテにはいなかったので、山口選手にはこの調子で大きく育ってほしいですね。

 

今日が初登板の石川投手は7回1失点の好投で初勝利を記録しました。

ストライク先行で四球を出さず、良い時の石川投手らしい打たせて取るピッチングで球数も少なく抑えました。

 

序盤は少し球が高くて長打を打たれましたが、尻上がりにコントロールが良くなって低めのコースでストライクを取れていましたね。

今日が1軍での初登板というところで、100球を超えないように早めの交代となったのでしょう。

次回も、今日のようなテンポの良いピッチングを期待しています。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】石川投手は2アウトを取ってから二者連続で2ベースヒットを打たれ先制を許す
【2回表】山口選手が岸投手のカーブを捉え、レフトポール際へのソロホームランを放って同点に追いつく
【4回裏】石川投手はヒットを2本打たれて1アウト1,2塁のピンチを招くも、後続は2者連続で内野フライに打ち取って得点を許さず
【6回表】マーティン選手が四球を選んで出塁し、中村奨吾選手の送りバントや相手のエラーなどで2アウト1,3塁のチャンスを作り、バッテリーエラーの間に3塁ランナーがホームに還って勝ち越し。
さらには、山口選手が詰まりながらもセカンドの頭を超えるタイムリーヒットを放ってリードを2点に広げる
【8回表】この回先頭の安田選手がヒットで出塁するなどで1アウト1,2塁のチャンスを作り、外野手は前進していたものの藤岡選手のセンター前ヒットで2塁ランナーの和田選手が生還しリードを広げる。
さらに2アウト2,3塁の場面で代打角中選手の打球をセカンドがファンブルする間に、ランナーが2人とも還って5点リードとなる。
【8回裏】河村投手は二者連続での初球打ちもあり、6球で三者凡退に終わらせる
【9回裏】5点リードのマウンドに上がった東條投手は3本のヒットを打たれて2アウト満塁のピンチを作り、セーブシチュエーションになったこともあり抑えの益田投手に交代。
益田投手はヒットを打たれて1点を返されるも、続くバッターをショートフライに打ち取ってゲームセット。

今日は石川投手が7回1失点の好投で試合を作り、打線も山口選手を筆頭に8安打6得点で投打の噛み合った勝利となりました。

相手のミスで取った点も多く、東條投手が最後にピンチを招いてしまう終わり方となって、イマイチ締まらない試合になってしまいましたが…

 

とは言え、どういう勝ち方をしても1勝には変わりないので、今日の勝利を足掛かりにまた連勝を始めていただきたいです。

 

4月14日「ロッテvs楽天の予告先発」

【ロッテ】小島投手
【楽天】則本昂大投手

 

明日のロッテの予告先発は小島投手

先々週の楽天戦では6回5失点で敗戦投手となり、先週は6回3失点で試合結果は引き分けとなっていました。

昨シーズンの課題となっていた立ち上がりは安定していますが、被本塁打が多かったり要所で抑えきることが出来なかったりで、なかなかテンポの良いピッチングにはなりません。

 

それでも、球数を少なく抑えて試合を作れているため、甘いコースに入ってしまう球を減らすことが出来れば被安打・被本塁打が減っていくのでしょう。

明日は低めに集めるピッチングに期待したいですね。

 

対する楽天の予告先発は則本昂大投手

今シーズンは2登板で2勝を挙げ、防御率2.03と無駄な失点もありません。

球数がかさんでも長いイニングを投げられるピッチャーなので、ロッテ打線にはストライクとボールをしっかりと見極めてもらい、甘い球を狙っていって打ち崩してほしいですね。

 

楽天には実績のある先発陣が揃っていますが、そこを崩していかなければチームとして上回ることが出来ません。

ロッテ打線には若手中心の先発陣をしっかりと援護していただきたいです。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました