4月16日・オリックス戦『ミスを取り返す安田選手の3ランで引き分けに』2021シーズン

4月16日のロッテの試合結果

2021-04-16(金)

 

本日(4月16日)は
オリックス・バファローズ戦

 

昨日までの楽天との3連戦では先発投手の好投が続き、打線もその好投に応える援護で2勝1分と勝ち越しました。

後はリリーフ陣の安定感があればというところなので、この連勝を伸ばすためにも接戦を守り切るピッチングに期待したいですね。

 

今日からは、強力な先発陣を擁するオリックスとの3連戦です。

まずは今日の試合で勝って開幕に作った借金を全て返しきり、勝率5割からの再スタートを切ってほしいです。

 

今日の先発バッテリーは二木投手田村選手

二木投手は長いイニングを最小失点で抑える好投で試合を作ってくれているため、今日もテンポの良いピッチングでロッテ打線の援護を呼び込んでいただきたいですね。

 

そして、今日は角中選手が6番指名打者で出場します。

代打としては11打数1安打と結果を残すことが出来ていませんが、今日は相手先発が相性の良い山岡投手ということで今季初スタメンです。

相手投手にプレッシャーを与える代打の切り札になってもらうためにも、スタメンのチャンスで少しでも打率を上げてほしいですね。

 

スポンサーリンク

4月15日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H181062
2L169610.5
2E189630.5
4M187832.5
5B1861024
6F164934.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月16日「ロッテvsオリックスの試合結果」

4月16日のロッテの試合結果

本塁打 【M】安田 3号(8回表3ラン)

〃   【B】杉本 2号(2回裏ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2マーティン1000
3中村1000
4安田2130
5レアード0000
6角中1000
7藤岡1000
8田村0000
9藤原0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走0000
守備菅野0000
守備和田0000
守備三木0000

 

投手

投球回自責点
二木7回1失点
田中1回0失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPは安田選手です。

 

7回までチャンスを作りながら得点を奪えなかったロッテ打線、7回裏には安田選手のエラーからさらに点差を広げられてしまいました。

そして3点ビハインドで迎えた8回表、ランナーを2人置いたチャンスの場面で4番の安田選手に打順が回り、初球を力強く引っ張って同点の3ランホームランを打ってくれました。

自身のミスを挽回し、二木投手の負けも消す最高のホームランでした。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】二木投手は2ベースヒットを打たれて1アウト2塁のピンチを招くも、後続はセカンドゴロ・レフトファウルフライに打ち取り得点を許さず
【2回裏】二木投手は、6番の杉本選手にソロホームランを打たれて先制を許す
【4回裏】二木投手はヒットと2四死球で2アウト満塁のピンチを招くも、最後はストレートで空振り三振に抑えて追加点を許さず
【5回表】角中選手・藤岡選手の連打、田村選手の送りバントで1アウト2,3塁のチャンスを作るも、藤原選手・荻野選手は連続三振に倒れて得点を奪えず
【6回表】中村奨吾選手のフェンス直撃となる2ベースヒットから2アウト1,3塁のチャンスを作るも、代走で途中出場していた岡選手は空振り三振に倒れる
【6回裏】二木投手は先頭バッターに内野安打で出塁を許し1アウト2塁のピンチを招くも、後続はきっちりと打ち取り1点ビハインドのまま
【7回裏】安田選手のエラーで先頭バッターの出塁を許してピンチを招き、この回2本のタイムリーヒットを打たれて3点ビハインドに
【8回表】荻野選手の2ベースヒットから1アウト1,2塁のチャンスを作り、安田選手の3ランホームランで同点に追いつく
【8回裏】田中投手は2本のヒットで2アウト1,2塁のピンチを招くも、この回から一塁の守備に入った菅野選手のファインプレーもあって無失点で切り抜ける
【9回表】7番の下位打線から始まるロッテの最後の攻撃は、三者凡退に倒れて勝ち越すことが出来ず
【9回裏】同点のマウンドに上がった益田投手はヒットを1本打たれながらも、無失点に抑え切りゲームセット

今日は打線がなかなか二木投手を援護できない展開が続きましたが、安田選手の同点3ランホームランで追いついて引き分けに持ち込みました。

リリーフの失点がなかったという意味でも、良い引き分けだったと思います。

 

先発の二木投手7回3失点(自責点1)の好投でした。

被安打7、3四死球とランナーは多く出しましたが、自責点として記録されたのはソロホームランの1点のみです。

 

7回裏は安田選手のエラーからピンチを招く形となりましたが、結果的にはエラーの後に4本のヒットを許してしまっているため、味方のミスをカバーするという意味でも最少失点に抑えていただきたかったですね。

それでもしっかりと試合を作ってくれたことには変わりないため、次回も好投を期待しています。

 

4月17日「ロッテvsオリックスの予告先発」

【ロッテ】美馬投手
【オリックス】山﨑福也投手

 

明日のロッテの予告先発は美馬投手

開幕から好投を続け、7回2失点だった前回登板でようやく打線の援護に恵まれて今季初勝利を挙げました。

美馬投手らしくない四球が目立って少し球数が増えてしまっている点は気になりますが、明日も長いイニングを投げていただきたいですね。

 

対するオリックスの予告先発は山﨑投手

今季2登板でまだ勝利はありませんが、5回2失点・6回2失点と安定したピッチングをしています。

 

ロッテの苦手とする左腕投手ということで明日も美馬投手に援護があるのかどうかは分かりませんが、美馬投手らしいテンポの良いピッチングで投打の噛み合った勝利を期待しています。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました