4月18日・オリックス戦『最終回に2点を奪って逆転勝利を挙げる』2021シーズン

4月18日のロッテの試合結果

2021-04-18(日)

 

本日(4月18日)は
オリックス・バファローズ戦

 

ロッテは昨日の勝利で引き分けを挟んでの3連勝となり、ようやく勝率が5割に復帰しました。

ここで手を緩めることなく、一気に貯金を作り上げていただきたいですね。

 

今日のロッテの先発は鈴木投手

開幕から好投を続けながらも援護に恵まれず、3登板で防御率2.12・0勝1敗と勝利を挙げることが出来ていません。

きっと今日も好投をしてくれると思うので、後は打線とリリーフ次第ということになるでしょう。

そして、前回課題に上がったランナーを出してからのピッチングにも注目ですね。

 

オリックスの先発が防御率1.23・2勝0敗の成績を残している左腕の宮城投手ということですが、鈴木投手の粘り強いピッチングとロッテ打線の粘り強いバッティングで勝利を掴み取っていただきたいです。

 

スポンサーリンク

4月17日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H201172
2L1810710.5
2E2010730.5
4M208842
5B2061134.5
6F1851034.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月18日「ロッテvsオリックスの試合結果」

4月18日のロッテの試合結果

勝利投手【M】佐々木千隼投手(1勝0敗)

敗戦投手【B】ヒギンス投手(0勝1敗)

セーブ 【M】益田投手(0勝2敗3S)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1001
2マーティン1020
3中村0000
4安田0000
5レアード1000
6山口0000
7藤岡0000
8田村1000
9藤原0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打1011
代走和田0000
代走三木0000
代打菅野0000
守備柿沼0000

 

投手

投球回自責点
鈴木6回2失点
東條1回0失点
佐々木千1回0失点
S益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPは鈴木投手です。

 

今日も鈴木投手6回2失点の好投でしっかりと試合を作ってくれました。

球速にムラがあったり、少しボールが荒れているような感じもありましたが、そんな状態でも粘り強くQS達成をする安定したピッチングです。

 

1失点目は追い込んでからど真ん中への失投でタイムリーヒットを打たれ、2失点目は打球に足を出しての内野安打からピンチを招いたことなど、それがもったいない失点だったかもしれませんが、それよりも打線の援護が無かったことの方が残念でしたね。

 

鈴木投手は粘り強く投げてくれているので、序盤に味方打線が援護をして楽に投げさせてあげるような展開を見せていただきたいです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【2回裏】鈴木投手は四球で先頭バッターの出塁を許すも、続くバッターをフルカウントから三振ゲッツーに抑える
【3回表】先頭の田村選手がセンター前ヒットを放つも、2塁を狙ってタッチアウトに。
2アウトから荻野選手がヒット・盗塁成功でチャンスを作り、マーティン選手のタイムリー2ベースヒットで先制する。
【3回裏】中村奨吾選手・山口選手・安田選手の好守備もあり、鈴木投手はこの回三者凡退に打ち取る
【4回裏】鈴木投手は、吉田正尚シフトを破られる形の2ベースヒットでピンチを招き、2アウトを奪ってからタイムリーヒットを打たれて同点に追いつかれる
【6回裏】鈴木投手は2アウトを取ってから内野安打で出塁を許し、続くバッターにレフトフェンス直撃のタイムリー2ベースヒットを打たれて勝ち越しを許す
【7回表】振り逃げで出塁した藤岡選手田村選手が送って1アウト2塁のチャンスを作るも、代打の岡選手・荻野選手にヒットは生まれず
【7回裏】この回からマウンドに上がった東條投手はヒットと四球で2アウト1,2塁のピンチを招き、続くバッターにライト前ヒットを打たれるも、マーティン選手の好返球で2塁ランナーをタッチアウトにして無失点で切り抜ける
【8回表】ロッテは2番からの好打順も、三者連続三振に抑えられる
【8回裏】佐々木千隼投手は10球で三者凡退に打ち取る好リリーフを見せる

【9回表】二者連続フォアボール、藤岡選手の送りバントで1アウト2,3塁のチャンスを作って代打の菅野選手は内野フライに倒れるも、岡選手が三遊間の深い位置への内野安打を放って同点に追いつく。

さらに四球を貰って満塁のチャンスを作り、マーティン選手が押し出しの四球を選んでロッテが勝ち越し。

【9回裏】1点リードのマウンドに上がった益田投手は2三振を奪っての三者凡退で抑えて試合を締める

 

今日は最終回に逆転をし、益田投手が1点リードを守り切り連勝が継続しました。

今週は4勝2分で負けなし、借金生活から一気に貯金生活へと切り替わっています。

 

好投をしてくれた鈴木投手に勝ちを付けることは出来ませんでしたが、何とか負けを消すことが出来て一安心です。

打線には序盤からもっと頑張っていただきたいですね。

 

来週は再びホームでの6連戦

今週は仙台と大阪でのビジター6戦でしたが、来週はホームに戻っての6連戦になります。

火曜日からは日本ハムとの3連戦・金曜日からはソフトバンクとの3連戦という日程です。

 

日本ハムには札幌ドームで2勝1分と勝ち越しているため、マリンでの3連戦でも2勝1敗以上で勝ち越してほしいですね。

 

ソフトバンクとの対戦は、開幕カードで3タテを食らった時以来となります。

今シーズンも優勝候補筆頭のチームなので、ホームでも負け越して簡単に首位を走らせるわけにはいきません。

まずは来週のカードで勝ち越してソフトバンクとの対戦成績を良化させ、シーズンを通してロッテが勝ち越せるようにしていただきたいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました