4月21日・日本ハム戦『終盤に追い上げを見せ、岡選手の逆転サヨナラ弾で決める』2021シーズン

4月21日のロッテの試合結果

2021-04-21(水)

 

本日(4月21日)は
北海道日本ハムファイターズ戦

 

ロッテは引き分けを挟んでの5連勝で、西武と同率ながらも現在3位まで順位を上げています。

開幕直後はリリーフが苦しみましたが、ここ6登板で無失点を続けるハーマン投手、11登板で未だに無失点・8ホールドを記録している唐川投手の存在が大きいですね。

守護神の益田投手も徐々に調子を取り戻してきているため、勝ちパターンが安定すればさらに勝利数は伸びていくと思います。

 

そんな中、二木投手が登録抹消というニュースが飛び込んできました。

抹消の理由はコンディション不良ということで詳細な情報は分かりませんが、コンディションを万全な状態に整えて再び1軍に戻ってきてくれることを願うのみです。

 

二木投手は開幕戦で敗戦投手となってしまいましたが、それ以降の3試合では7回まで投げ切る好投を続け、今季はここまで防御率2.42・1勝1敗の好成績を残していました。

 

気を取り直して、今日のロッテの先発は小島投手

前回登板は6回1失点(自責点0)の好投でしたが、打線と噛み合わずに勝ち負けは付かず。

4登板目となる今日は今季初勝利を挙げられるように、無駄なボール球を減らして粘り強く投げていただきたいですね。

 

スポンサーリンク

4月20日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H221273
2E2211831
3M2210841.5
3L2010821.5
5B2271235
6F2051236
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月21日「ロッテvs日本ハムの試合結果」

4月21日のロッテの試合結果

勝利投手【M】佐々木千隼投手(2勝0敗)

敗戦投手【F】杉浦投手(0勝1敗)

本塁打 【F】近藤 3号(5回表3ラン)

〃   【M】安田 4号(7回裏2ラン)

〃        岡 2号(9回裏2ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2マーティン1000
3中村0010
4安田1120
5レアード2000
6山口0000
7藤岡0000
8田村0000
91120
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打菅野1001
守備柿沼0000
代打角中1010
守備吉田0000
代走和田0001

 

投手

投球回自責点
小島5回4失点
東條0.1回1失点
田中0.2回0失点
土居2回0失点
佐々木千1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPは安田選手岡選手です。

 

5点ビハインドで迎えた7回裏、先頭の中村奨吾選手が四球を選びノーアウト1塁で打席が回ってきた安田選手は、初球を振り抜いてライトスタンドへの2ランホームランを打ちました。

結果的に、この安田選手のホームランが試合の流れを変える一発となりました。

 

ホームランは打った瞬間の完璧な当たりでしたし、四球の後の初球を思い切って振っていく姿勢も良かったです。

この調子でストライクゾーンに来た球は初球から積極的に振っていき、相手投手が嫌がる4番バッターになってほしいですね。

 

そして、1点ビハインドで迎えた9回裏2アウト、ランナー1塁の場面で岡選手が逆転サヨナラ2ランホームランを放って試合を決めてくれました。

バックスクリーンへと吸いこまれていく綺麗なアーチを描いていました。

良い場面で結果を残してくれる絶好調の岡選手には、もっともっと活躍してほしいですね。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【3回表】小島投手は2アウトを取ってから外野の頭を超える2ベースヒットを打たれてピンチを招くも、続くバッターはセカンドフライに打ち取る
【4回表】小島投手は連打で1アウト1,3塁のピンチを招き、続くバッターは併殺コースのショートゴロに打ち取るも、藤岡選手のファンブルで併殺崩れとなってその間に3塁ランナーが生還し先制を許す
【5回表】小島投手は2アウト1,3塁のピンチでホームランを打たれ4点ビハインドに
【5回裏】この回先頭のレアード選手がチーム1本目のヒットで出塁するも、続く山口選手は併殺打に倒れチャンスを作れず
【6回表】東條投手は先頭バッターをセンターフライに打ち取るも、続くバッターから4者連続四球で押し出しとなり1点を失って降板。
1アウト満塁の大ピンチのマウンドに上がった田中投手は、近藤選手を三振・中田選手をショートフライに打ち取ってそれ以上の追加点を許さず。
【7回表】土居投手は2アウトを取ってからボテボテの内野安打で1塁にランナーを置くも、キャッチャー柿沼選手の2塁への好送球で盗塁を阻止する
【7回裏】中村奨吾選手が四球で出塁し、続く安田選手は初球を振り抜いてライトスタンドへの2ランホームラン。
さらにレアード選手の2ベースヒットなどで2アウト3塁のチャンスを作り、代打角中選手は投手のグラブをはじきながらもセンター前に運ぶタイムリーヒットを放ってこの回3点を返す。
【8回表】回跨ぎをした土居投手は四球を2つ与えて2アウト1,2塁のピンチを招くも、続く近藤選手を三球三振に抑える好リリーフを見せる
【8回裏】先頭の荻野選手が2ベースヒット、マーティン選手は鋭い当たりのフェンス直撃シングルヒット、代走和田選手が盗塁成功でノーアウト2,3塁のチャンスを作り、中村奨吾選手の犠牲フライで1点を返してさらに1アウト3塁のチャンスが続くも、安田選手・レアード選手は連続三振に倒れて追いつけず
【9回裏】藤岡選手が四球で出塁し、2アウト1塁の場面で岡選手がバックスクリーンへの逆転2ランホームランを放ってサヨナラ勝利!

ロッテ打線は終盤に追い上げをみせ、最終回には岡選手がバックスクリーンへの逆転サヨナラ2ランホームランを打って連勝を6に伸ばしました。

 

一時は5点差が付いていた試合ですが、千葉ロッテマリーンズは試合をひっくり返しました。

好リリーフを見せてくれた田中投手・土居投手・佐々木千隼投手も良い活躍をしてくれました。

 

先発の小島投手は5回4失点でマウンドを降りました。

3回表まではテンポ良く抑えていましたし、4回も守備のミスがなければ無失点でしのぐことが出来ていたと思うので、そこまでは良かったと思います。

 

しかし5回に、先頭バッターに四球を与えてランナーを貯めてしまい、近藤選手への初球が高めの甘いコースにいってしまい3ランホームランを打たれました。

小島投手はホームランを打たれることが多くなっているので、特にランナーがいる場面では低めのコースに集めるピッチングをしていただきたいですね。

 

4月22日「ロッテvs日本ハムの予告先発」

【ロッテ】岩下投手
【日本ハム】池田投手

 

明日のロッテの予告先発は岩下投手

防御率2.12・2勝1敗の好成績となっています。

ここまでの3登板とも被安打を2本ずつしか許さない好投を続けていますが、立ち上がりが不安定で球数がかさんでしまうことが多いため、1回表からストライク先行で攻めていっていただきたいですね。

 

対する楽天の予告先発は池田投手

前回登板は6回1失点の好投で今季初勝利を挙げています。

 

池田投手のストレートは140キロ中盤ですが、ストレートと変わらない球速のツーシームや、130キロ後半のスライダーやフォークなど多彩な変化球を持っています。

明日も打たせて取るピッチングをしてくると思いますが、ロッテ打線は簡単に打たされるのではなく、甘いコースに入ってくる球を積極的に狙い得点を取っていってほしいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました