4月23日・ソフトバンク戦『中村稔弥投手は5回1失点の好投も逆転負けで連敗』2021シーズン

4月23日のロッテの試合結果

2021-04-23(金)

 

本日(4月23日)は
福岡ソフトバンクホークス戦

 

今日から、開幕カード以来となるソフトバンクとの3連戦が始まります。

ホームで勝ち越して3連敗の借りを返しておきたい大事な首位攻防戦です。

 

今日は、コンディション不良で一時ローテを外れた二木投手に代わり、中村稔弥投手が今季初先発を務めます。

先発バッテリーを組むのは、同じく今日1軍に登録された佐藤都志也選手

ファームではこの2人の組み合わせで抑えてきているため、1軍の試合でも気負わずに活躍していただきたいですね。

 

佐藤選手はバッティングもアピール出来れば良い場面での代打起用も増えてくると思うので、今日のチャンスを活かしてさらなる出場機会を掴み取ってほしいです。

 

中村稔弥投手佐藤選手の昇格により、東條投手・吉田選手が登録抹消となっています。

東條投手はファームで好成績を残し1軍昇格を果たしましたが、期待されていた対右打者への被安打も多く、4者連続四球で押し出しの得点を与えてしまったりで思うようにはいきませんでした。

5登板をした中で1度も三振を奪うことが出来ていなかったため、空振りを取るために必要な変化球の精度を磨いてきていただきたいですね。

 

吉田選手はオープン戦などでバッティングを存分にアピールし、開幕カードではDHでのスタメン出場もあったものの、ヒットは開幕戦でのソロホームラン1本のみでした。

今季は9回打ち切りのルールとなっているため、ベンチに控える第三捕手としての存在よりもバッティングで結果を残せる選手が必要となります。

ファームでバッティングの調子を上げ、代打の切り札として1軍再昇格を目指してほしいです。

 

スポンサーリンク

4月22日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H231373
2M2411942
2E2311932
4L22101023
5B2491234.5
6F2261336.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月23日「ロッテvsソフトバンクの試合結果」

4月23日のロッテの試合結果

勝利投手【H】髙橋純平投手(1勝0敗)

敗戦投手【M】益田投手(0勝3敗)

セーブ 【H】森投手(1勝0敗7S)

本塁打 【H】柳田 4号(4回表ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2000
2マーティン1000
3中村2010
4安田0010
5レアード0000
6山口1000
7藤岡1001
8佐藤0001
90000
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備田村0000
守備三木0000
代打角中0000
代走和田0001

 

投手

投球回自責点
中村稔5回1失点
小野1回0失点
ハーマン1回0失点
唐川1回0失点
益田1回2失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

今日のマリーンズ個人的MVP

今日の個人的MVPは中村稔弥投手です。

 

先発の中村稔弥投手は5回1失点の好投でした。

ストライクゾーンを広く使うピッチングで相手に的を絞らせず、甘いコースへの球が少なかったので被安打も少なく抑えました。

 

2日前に二木投手が登板を回避するイレギュラーな形での先発登板でしたが、5回78球でソロホームランの1失点のみに抑える素晴らしいピッチングだったと思います。

中村稔弥投手にとっては最高のアピールになりましたね。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】荻野選手がヒット・マーティン選手が死球で出塁しノーアウト1,2塁のチャンスを作り、続く中村奨吾選手のタイムリーヒット・安田選手の犠牲フライで2点を先制する
【2回表】中村稔弥投手はヒットやボークなどで2アウト1,2塁のピンチを招くも、続く松田選手はレフトフライに打ち取り得点を許さず
【4回表】中村稔弥投手はこの回先頭の柳田選手にソロホームランを打たれて1点を失う
【6回表】この回からマウンドに上がった小野投手は四球とヒットで1アウト2,3塁のピンチを招くも、後続をファーストライナーと三振に抑えて無失点で切り抜ける
【6回裏】2アウトから山口選手がヒットを放つなどで2アウト1,2塁のチャンスを作るも、続く佐藤選手は三振に倒れて追加点を奪えず
【7回表】ハーマン投手は甲斐選手の打席で「15秒以内に投球を始めなかったためボールを宣告」という珍しい判定があり、その打席はヒットを許すも、続くバッターを初球で打ち取り無失点に抑える
【7回裏】2アウトからマーティン選手・中村奨吾選手の連打、安田選手が四球を選んで満塁のチャンスを作るも、続くレアード選手はセンターフライに倒れる
【8回表】唐川投手は上位打線から2奪三振を奪い、11球で三者凡退に抑える
【9回表】1点リードのマウンドに上がった益田投手は、1アウトを奪ってから下位打線に4連打を打たれて2失点。逆転を許す。
【9回裏】1アウトから荻野選手がヒットを放ち、代走の和田選手が盗塁を決めて2アウト2塁のチャンスを作るも、中村奨吾選手はレフトフライに倒れてゲームセット

 

先発の中村稔弥投手が5回1失点の好投で試合を作り、小野投手・ハーマン投手・唐川投手は無失点リレーでリードを守りましたが、守護神の益田投手は逆転を許してしまいました。

 

このカードを有利に進めるためにも初戦を取れれば大きかったですが、逆転負けでロッテは2連敗。

ソフトバンクに対しては今季4連敗となりました。

 

打線は初回に中村奨吾選手のヒットと安田選手の犠牲フライで2点を取りましたが、その後にもたくさんあったチャンスで得点を挙げられなかったのがもったいなかったですね。

得点力が下がっているようにも見えるので、連勝を続けていた時のような粘り強さが出てきて欲しいです。

 

4月24日「ロッテvsソフトバンクの予告先発」

【ロッテ】美馬投手
【ソフトバンク】高橋礼投手

 

明日のロッテの予告先発は美馬投手

ここまで登板した4試合とも2点以下の失点に抑え、打線とも噛み合ってきて2勝0敗・防御率2.49の好成績を残しています。

開幕カードではソフトバンク打線を6回1失点の好投で抑えていますし、テンポ良く打ち取る美馬投手らしいピッチングも出来ているので、明日も好投を期待できますね。

 

対するソフトバンクの予告先発は高橋礼投手

今季はかなり四死球が多く、失点が多くなったり球数が多くなったりで1勝1敗・防御率4.37と安定感を欠いています。

それでも、先週は西武打線を6回1失点(自責点0)に抑える好投で勝利を挙げていますし、開幕カードのロッテ打線は9つの四死球を貰いながらも2得点しか奪えていないこともあり、楽な相手ではありません。

 

ロッテ打線はチャンスで多くの得点を奪い、早めに美馬投手を援護できるかどうかがカギになってくると思うので、特に序盤のチャンスの場面での打席を大事に使ってほしいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました