4月29日・西武戦『マーティン選手の10号2ランなどで逃げ切り連敗ストップ』2021シーズン

4月29日のロッテの試合結果

2021-04-29(木)

 

本日(4月29日)は
埼玉西武ライオンズ戦

 

ロッテは2連敗で貯金を減らしていますが、上位チームが揃って白星を伸ばすことが出来ずにゲーム差が詰まってきて混パの様相となってきました。

1~6位までが4.5ゲーム差以内に収まっているため、置いていかれないように今日は連敗を止めていただきたいです。

 

今日の先発バッテリーは岩下投手柿沼選手

岩下投手はイニング数を多く消化することが出来ていませんが、最少失点に抑えてゲームを作る先発としての役割はしっかりと果たしています。

コントロールが持ち味の投手では無いのでボール球が多いのは仕方ないですが、ストライク先行の省エネピッチングを期待したいですね。

 

柿沼選手は守備面での不安はありませんが、やっぱり代打を出さなければいけない前提の打席になってしまっているのがもったいないですね。

打率が伸びないにしても、出塁率を2割後半ぐらいにまで上げて上位打線に繋ぐ仕事をしてほしいです。

 

そして、今日は井上選手が6番ファーストでスタメン出場です。

本調子であれば長打力もハイアベレージも期待できるバッターなので、若手たちに負けずに活躍していただきたいです。

 

スポンサーリンク

4月28日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E281396
2H28141130.5
3M29131241.5
4L27121232
5B29101363.5
6F2791444.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月29日「ロッテvs西武の試合結果」

4月29日のロッテの試合結果

勝利投手【M】岩下投手(3勝2敗)

敗戦投手【L】伊藤投手(0勝1敗)

セーブ 【M】益田投手(0勝3敗5S)

本塁打 【M】マーティン 10号(1回表2ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2マーティン1120
3中村1000
4安田0010
5角中2000
6井上1010
7髙部1010
8藤岡0000
9柿沼1000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走和田0000
代打鳥谷0000

 

投手成績

投球回自責点
岩下6回2失点
ハーマン1回0失点
唐川1回0失点
S益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】荻野選手が四球を選んで出塁し、続くマーティン選手の10号2ランホームランでロッテが先制。さらには四球2つで1アウト1,2塁のチャンスを作り、井上選手のライト線へのタイムリーヒットで3点目を奪い、先発の伊藤投手はマウンドを降りる。
投手が代わってからも、髙部選手のセンター前に落ちるタイムリーヒットで1点を加えて4点リードに。
【1回裏】岩下投手は制球が定まらず、ヒットを3本打たれるなどで2点を返される
【4回表】2アウトから柿沼選手が今季初ヒットを放って出塁するも、フルカウントからの牽制で戻り切れずタッチアウトに
【5回表】荻野選手中村奨吾選手のヒットで1アウト2,3塁のチャンスを作り、続く安田選手の犠牲フライでリードを3点に広げる
【7回裏】ハーマン投手は三振を1つ奪い、15球で三者凡退に抑える好リリーフ
【8回裏】唐川投手は2アウトを取ったあと、森選手に10球粘られながらも最後はカットボールで空振りを取り三者凡退に抑える
【9回裏】3点リードのマウンドに上がった益田投手は、ストレート中心のピッチングで危なげなく三者凡退に抑えてゲームセット

今日はマーティン選手のリーグ最速10号となる2ランホームランや4番安田選手の犠牲フライ、さらには井上選手・髙部選手がそれぞれ打点を挙げて、投手陣がしっかりとリードを守り切りました。

序盤での援護があればバッテリーも伸び伸びできると思うので、打線は今日のようにチャンスを活かしてどんどん得点を取ってほしいですね。

 

先発の岩下投手は6回2失点で今季3勝目を挙げました。

今日も立ち上がりは制球が荒れて初回に2点を失うスタートとなりましたが、2回以降は得点を許しませんでした。

 

変化球は良い高さに決まって空振りを取れている球も多かったですが、ストレートは高めに浮いた球が多く外野フェンス手前まで運ばれる打球が多くなっていましたね。

岩下投手は大きくストライクゾーンから外れる球を減らすことが出来れば、長いイニングを投げることが出来ると思いますし、安定した成績を残せると思います。

まだまだ伸びしろがある投手だと思うので、シーズンを通して投げていく中で成長していっていただきたいです。

 

4月30日「ロッテvs楽天の予告先発」

【ロッテ】中村稔弥投手
【楽天】涌井投手

 

ロッテは明日からは仙台に移動し、ここ2カードで負けのない好調楽天との3連戦です。

 

明日のロッテの予告先発は中村稔弥投手

先週は登板直前に1軍での先発が決まる形となりましたが、佐藤選手とのバッテリーで5回1失点に抑え、勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りる良い仕事をしてくれました。

明日もストライク先行のピッチングでテンポ良く抑えてもらい、打線と噛み合って今季初勝利を挙げることが出来るような試合にしてほしいですね。

 

対する楽天の予告先発は涌井投手

ここまで5試合に登板し、全ての試合で7イニング以上を投げて2失点以内に抑えるという好投を続けています。

3勝0敗・防御率1.47という圧巻の成績を残しているため、まだ今シーズンは対戦が無いものの打ち崩すのは厳しいことが分かりますね。

 

涌井投手は球数が増えても球威は落ちないため、ヒットを打ってチャンスを作り、ヒットを打って得点を奪うしかありません。

ロッテ打線には粘って繋ぐバッティングではなく、攻めて繋ぐバッティングを期待しています。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました