4月30日・楽天戦『ロッテ打線は押し出しで貰った1点止まり』2021シーズン

4月30日のロッテの試合結果

2021-04-30(金)

 

本日(4月30日)は
東北楽天ゴールデンイーグルス戦

 

今日からは現在首位の楽天との3連戦が始まります。

上位のチームに勝てればゲーム差を離されることは無いため、カード勝ち越しを目標に頑張っていただきたいです。

 

そして今日は、期待の助っ人エチェバリア選手が1軍に昇格しました。

ショートなどの守備が持ち味ということですし、ファームでは打撃で結果を残しているので攻守ともに活躍してほしいです。

 

その代わりに三木選手が抹消となっています。

内野ならどこでも守れる守備の良いユーティリティー選手ですが、今季は一塁の守備固めが主な役割となり、井上選手が1軍に昇格してから出場機会は減っていました。

今は特に田村選手の離脱によって代打を出す機会も増えているため、控えの選手には守備よりも打撃を求めているということでしょう。

 

今日の先発バッテリーは中村稔弥投手佐藤都志也選手

前回はリリーフが逆転を許してしまって勝ちは付かなかったものの、急な1軍登板でも5回1失点の好投で試合を作ってくれました。

先発ローテ入りを目指して、今日も好投をお願いしたいです。

 

スタメンマスクを被る佐藤選手には打撃で結果を残してもらいたいですね。

捕手のポジションを争っているのが打撃にあまり期待の出来ない柿沼選手江村選手なので、キャッチャーとしての経験が足りないとしても、スタメンで使いたいと思わせるような成績をバッティングで残せれば自ずとスタメンマスクを被る機会が増えてくるでしょう。

 

スポンサーリンク

4月29日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E281396
2H29151130
3M30141241
4L28121332.5
5B29101363.5
6F2891545
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

4月30日「ロッテvs楽天の試合結果」

4月30日のロッテの試合結果

勝利投手【E】涌井投手(4勝0敗)

敗戦投手【M】中村稔弥投手(0勝1敗)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野0000
2マーティン1000
3中村1000
4安田1000
5レアード2000
6井上0000
7エチェバリア0000
81010
9佐藤0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打山口0000

 

投手成績

投球回自責点
中村稔5回3失点
佐々木千1回0失点
河村1回0失点
土居1回3失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【2回表】レアード選手のヒットから3者連続で四球を選び、押し出しで先制点を取る。
その後も1アウト満塁のチャンスが続くも、佐藤選手はショートライナー・荻野選手はセカンドフライに倒れて1点止まり。
【2回裏】中村稔弥投手はヒットで出塁したランナーを2塁に置き、続くバッターにはショートゴロを打たせるもエチェバリア選手が後ろに逸らしてしまい同点に追いつかれる。
さらには、2アウト2塁から井上選手がフライを落としてしまい逆転を許す。
【3回裏】中村稔弥投手はヒットと四球で2アウト1,2塁のピンチを招き、5番のディクソン選手に2点タイムリー3ベースヒットを打たれて3点ビハインドに
【4回裏】この回は2ベースヒットを2本打たれ、さらにリードを広げられてしまう
【5回裏】中村稔弥投手はセーフティーバントなどを決められノーアウト1,2塁のピンチを招くも、後続を三振と併殺打に打ち取って切り抜ける
【6回裏】この回からマウンドに上がった佐々木千隼投手は8球で三者凡退に打ち取る
【7回裏】河村投手も危なげなく三者凡退に打ち取るピッチングを見せる
【8回裏】土居投手は先頭バッターに四球を与えて出塁を許し、3本のヒットを打たれて3点を失う
【9回表】2アウトから岡選手がセンター前ヒットを放って出塁するも、得点は奪えずゲームセット

今日のロッテの得点は押し出しで貰った1点のみ。

その裏にエラーで2点を失って逆転を許す形となり、流れを変えることは出来ませんでした。

野手陣が頼りないですね。

打たなきゃ勝てないので、打ってほしいです。

 

先発の中村稔弥投手は5回5失点(自責点3)という結果でした。

立ち上がりは悪くありませんでしたが、2回には2アウトから味方のエラー2つで逆転を許してしまい、結果的に球数もかさんでしまいました。

ストライクとボールがはっきりしていて、甘いコースに入ってくる球を狙われてしまったという感じでしょうか。

 

それでも、球数が100球を超えた5回にノーアウト1,2塁のピンチを無失点に抑えきってマウンドを降りたというのは1つの収穫だと思います。

エラーがなければ5回3失点、制球が定まりきらない中で悪いなりに試合を作ってくれました。

 

5月1日「ロッテvs楽天の予告先発」

【ロッテ】二木投手
【楽天】田中将大投手

 

明日のロッテの予告先発は二木投手

コンディション不良ということで先週の先発登板予定日の2日前に抹消されていましたが、最短で1軍に戻ってきました。

色々と不安はありましたが、予定通りローテを1回飛ばすだけで戻ってきてくれて嬉しいです。

 

ここ3試合は7回を投げて自責点をいずれも1点以下に抑える好投が続いていたため、ここからまた白星を積み重ねていっていただきたいです。

 

対する楽天の予告先発は田中将大投手

開幕直前でふくらはぎを痛めて少し出遅れる形にはなりましたが、先週は西武打線を6回68球で1失点に抑える好投を見せ、日本球界復帰後初勝利を記録しています。

これからまだまだ調子を上げてくると思うので、楽天ペースで試合が進んでいかないように二木投手とロッテ野手陣には粘り強く戦っていただきたいです。

 

二木投手がこのタイミングでローテに戻ってきたことで、土曜日に投げていた美馬投手・日曜日に投げていた鈴木投手がそれぞれ1日後ろにずれる形となれば9連戦の日程の先発が埋まります。

その後は3週連続で木曜日が移動日となっているため、ローテ投手を休ませながら回していくことが出来そうですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました