5月9日・オリックス戦『ロッテは投打が噛み合い小島投手が今季初勝利』2021シーズン

5月9日のロッテの試合結果

2021-05-09(日)

 

本日(5月9日)は
オリックス・バファローズ戦

 

昨日は4位以下の3チームが勝利を挙げ、パリーグは1位~6位までが3.5ゲーム差の大混戦となっています。

連敗をすれば一気に順位が落ちることになるため、カード勝ち越しを目標に貯金を増やしていってほしいですね。

 

今日のロッテの先発バッテリーは小島投手柿沼選手

ここまで先発投手の仕事は最低限果たしてくれていますが、ホームランを打たれて失点をする場面が多く、もったいないピッチングが続いて今季はまだ勝利がありません。

今日は投打が噛み合うように、ストライク先行のテンポの良いピッチングを期待したいですね。

 

そして、今日のショートのスタメンは藤岡選手です。

休み休みの起用で比較的負担も少ないと思うので、高いパフォーマンスでの打撃と守備を見せていただきたいです。

 

スポンサーリンク

5月8日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E3616137
2H37171550.5
3M35161541
4L35151551.5
5B37141672.5
6F32121643.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

5月9日「ロッテvsオリックスの試合結果」

5月9日のロッテの試合結果

勝利投手【M】小島投手(1勝1敗)

敗戦投手【B】増井投手(1勝4敗)

セーブ 【M】益田投手(0勝3敗8S)

本塁打 【B】杉本 7号(1回表2ラン)

〃       T-岡田 1号(7回表ソロ)

〃   【M】柿沼 1号(2回裏ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野2000
2マーティン2010
3中村1010
4安田2000
5角中0000
6レアード1010
7井上1020
8藤岡1000
9柿沼1110
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走和田0001
代打髙部0000
守備エチェバリア0000

 

投手成績

投球回自責点
小島5回3失点
田中1回0失点
ハーマン1回1失点
唐川1回0失点
S益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】小島投手は2本のヒットで先制を許し、さらに1アウト2塁のピンチで2ランホームランを打たれて3点ビハインドからのスタートに
【1回裏】荻野選手・マーティン選手の二者連続2ベースヒットで1点を返し、2アウト1,3塁のチャンスでもレアード選手がタイムリーヒットを放って点差を1点に縮める
【2回裏】柿沼選手が左中間スタンドに入るソロホームランを放って同点に追いつく
【3回表】この回は井上選手や二遊間の好守備があり、小島投手はヒットを打たれながらも3人を9球で打ち取る
【3回裏】安田選手のヒットからノーアウト満塁のチャンスを作り、井上選手のサードゴロ併殺打の間に3塁ランナーが生還し1点を勝ち越す
【4回裏】マーティン選手の2ベースヒットなどで1アウト2,3塁のチャンスを作り、続く中村奨吾選手のライト前タイムリーヒットでリードを2点に広げる(2塁ランナーのマーティン選手はホームタッチアウトになる)
【7回表】ハーマン投手はソロホームランを打たれて1点を失いながらも、それ以外の出塁は許さずリードを守る
【7回裏】安田選手のヒットや代走和田選手の盗塁成功、代打髙部選手の送りバントなどで1アウト2,3塁のチャンスを作り、井上選手は高いバウンドで前進守備のショートの頭上を越える2点タイムリーヒットを放ってリードを3点に広げる
【8回表】この回からエチェバリア選手がショート・藤岡選手がサードの守備につき、唐川投手はランナーを1人出しながらも無失点に抑える
【9回表】3点リードのマウンドに上がった益田投手は7球であっさりと三者凡退に抑えてゲームセット

初回3点ビハインドで始まった今日のゲームでしたが、柿沼選手の同点ホームランなどがあって打線が逆転し、小島投手は粘り強く投げて逃げ切りました。

最終的に、ロッテ打線は二桁安打で7得点を挙げる快勝でした。

 

先発の小島投手は5回3失点で今季初勝利を挙げました。

初回は杉本選手にホームランを打たれるなどで3点を失いましたが、2回以降は尻上がりに調子を上げてそれ以上の得点は許しませんでした。

 

ホームランを打たれた球は少し高めに浮きながらも内角を突いた良いストレートに見えましたが、立ち上がりは変化球が外れていたため厳しいコースに投げ込めたとしても、ストレート一本に狙いを絞られてしまえば捉えられてしまいます。

小島投手は球威で抑えるタイプの投手では無いため、変化球でカウントを整えながら投げることが出来ないと安定感のあるピッチングは期待できません。

立ち上がりからストレート・変化球ともにコースを突いていく投球が出来るピッチャーになってほしいですね。

 

来週は移動日を挟んで5試合の日程

来週は火曜日から福岡でソフトバンクとの2連戦を行い、木曜日の移動日を挟みマリンで西武との3連戦が行われます。

日本ハムとの3連戦が延期になった影響もあってローテ投手が休みながらの起用となっていて、来週も先発は5人しか使わないため先発陣をどう起用していくのかも楽しみですね。

 

ソフトバンク戦では二木投手・岩下投手・鈴木投手の中で2人が登板することになると思いますが、誰も抹消されていないためソフトバンク戦で先発しない投手が週末の西武戦に回るのか、はたまた中継ぎ待機をすることになるのか。

どちらにせよローテに余裕がある状況の方が良いに越したことはありません。

来週からの吉井コーチの投手起用にも注目ですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました