5月15日・西武戦『ロッテ打線は2安打に抑え込まれて完封負け』2021シーズン

5月15日のロッテの試合結果

2021-05-15(土)

 

本日(5月15日)は
埼玉西武ライオンズ戦

 

ここ2試合は最終回に同点に追いつく形で引き分けに持ち込み、マリーンズの粘り強さをみせつけています。

負けている状態で終盤を迎えても、逆転してくれるかもしれないという期待感がある野球は見ていて楽しいです。

 

今日の先発バッテリーは美馬投手柿沼選手

前回登板では打線の援護に恵まれず負けが付いてしまいましたが、7回3失点で先発としての仕事はしっかりと果たしてくれました。

昨シーズンは二桁勝利を挙げて多くの貯金を作ってくれたため、今シーズンも白星を先行させてチームを引っ張っていただきたいです。

 

スポンサーリンク

5月14日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E4018148
2M39181560.5
3H41191660.5
4B41161873
5L39151773
6F36131945
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

5月15日「ロッテvs西武の試合結果」

5月15日のロッテの試合結果

勝利投手【L】松本投手(3勝3敗)

敗戦投手【M】美馬投手(2勝2敗)

セーブ 【L】平良投手(1勝0敗2S)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野0000
2マーティン0000
3中村0000
4安田0000
5角中0000
6レアード0000
7井上0000
8藤岡1000
9柿沼1000

 

投手成績

投球回自責点
美馬7.2回3失点
田中0.1回0失点
佐々木千1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】美馬投手は立ち上がりに内野安打と四球でランナーを溜めてピンチを招くも、2アウトから山川選手を三振に抑えて無失点で切り抜ける
【2回表】美馬投手はこの回2本のヒットを打たれるも、盗塁を阻止してランナーに2塁を踏ませず
【2回裏】安田選手が四球を選び、井上選手が死球で出塁して2アウト1,2塁のチャンスを作るも、続く藤岡選手はセンターフライに倒れて得点は奪えず
【5回表】美馬投手はヒットを1本打たれながらも後続はきっちりと抑え、5回まで無失点
【5回裏】2アウトから柿沼選手がチーム初ヒットを放って出塁するも、荻野選手は三振に倒れて続けず
【7回裏】2アウトから藤岡選手が2ベースヒットを放ってチャンスを作るも、続く柿沼選手はライトフライに倒れて無得点
【8回表】美馬投手は先頭バッターに2ベースヒットを打たれて1アウト3塁のピンチを招き、源田選手に二遊間を破るタイムリーヒットを打たれて先制を許す。さらにそこから2本のヒットを打たれて2点目を失い美馬投手は降板。
2アウト1,2塁のピンチでマウンドに上がった田中投手はピッチャー強襲の内野安打で満塁・押し出しの死球を与えて3点ビハインドに。
【9回表】佐々木千隼投手は8球で三者凡退に抑える好リリーフをみせ最終回の攻撃へ
【9回裏】ロッテ打線は平良投手に三者凡退に抑え込まれてゲームセット

今日のロッテ打線は柿沼選手藤岡選手のヒット2本のみに終わり、ほとんどチャンスも作れず完封負けとなってしまいました。

西武先発の松本投手が良かったですね。

この借りは明日返してくれると信じています。

 

先発の美馬投手は8回途中3失点という結果でした。

立ち上がりは少しボール球が多かったものの、ピンチの場面でも粘り強く抑えて徐々に球数も減らしながら7回までは無失点ピッチングを続けました。

しかし味方打線の援護は無く、球数が100球を超えて迎えた8回には4本のヒットを打たれて勝ち越しを許すことになりました。

美馬投手は良く抑えてくれましたが、やはり打線が得点を奪えなければどうにもなりません。

 

5月16日「ロッテvs西武の予告先発」

【ロッテ】佐々木朗希投手
【西武】平井投手

 

明日のロッテの予告先発は佐々木朗希投手

今シーズンに入って順調な仕上がりを見せる佐々木朗希投手は、ファームで5試合に先発し20イニングを投げて防御率0.45を叩き出す圧巻のピッチングを見せつけています。

平均球速が150キロを超えるストレート、140キロ前後のスライダー・フォークが1軍でどこまで通用するのか楽しみですね。

 

無理をさせないために予め85球前後という球数の制限もあるようですが、おそらく鈴木昭汰投手が第二先発の形でリリーフに控えることが予想されます。

理想としては佐々木朗希投手に5回まで投げてもらって、打線の援護と噛み合う初登板初勝利を期待したいです。

 

対する西武の予告先発は平井投手

ここまで3勝1敗・防御率3.25の好成績を残し、ロッテ打線も今季1度対戦をして7回1失点の好投に抑え込まれてしまいました。

平井投手はストライク先行で攻めてくる投手なので、しっかりと狙いを絞って連打で繋いで得点を奪って佐々木朗希投手を援護していただきたいです。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました