5月16日・西武戦『佐々木朗希投手は5回4失点(自責点2)で今週3つ目の引き分け』2021シーズン

5月16日のロッテの試合結果

2021-05-16(日)

 

本日(5月16日)は
埼玉西武ライオンズ戦

 

今日は待ちに待った佐々木朗希投手の初先発です。

2軍でしっかりと結果を残して1軍での先発のチャンスを掴み取っているため、今日は初先発初勝利を達成できるよう願っています。

 

その佐々木朗希投手とバッテリーを組むのは佐藤都志也選手

今シーズン2軍でバッテリーを組んでいるというのも考慮しての組み合わせでしょう。

2019年のドラ1・ドラ2同期コンビで勝利を掴み取っていただきたいです。

 

そして、今日は8番レフトで髙部選手がスタメン出場です。

なかなかヒットの本数は増えず出場機会は少ないままですが、代打できっちりと送りバントを決めるなど任された仕事は果しています。

今日は次に繋げるためにもヒットを放って結果を残してほしいですね。

 

昨日2安打無得点に終わったロッテ打線ですが、今日は佐々木朗希投手のために序盤から援護をして楽に投げさせてあげてほしいです。

 

5月15日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H4220166
2E41181580.5
3M40181661
4B42171872.5
5L40161772.5
6F37132045.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

5月16日「ロッテvs西武の試合結果」

5月16日のロッテの試合結果

本塁打 【M】荻野 2号(1回裏ソロ)

〃       マーティン 11号(1回裏ソロ)

〃       マーティン 12号(5回裏2ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野3120
2マーティン3230
3中村0000
4安田0000
5角中1000
6レアード1000
7藤岡1000
8髙部0000
9佐藤1010
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打0000
代打井上0000
守備江村0000
守備エチェバリア0000
代走和田0000
代打鳥谷0000

 

投手成績

投球回自責点
佐々木朗5回2失点
鈴木1回0失点
ハーマン1回0失点
唐川1回2失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】佐々木朗希投手は2本のヒットを打たれて1アウト1,3塁のピンチを招くも、後続を三振とレフトフライに抑えて無失点で切り抜ける
【1回裏】荻野選手の先頭打者ホームラン、二者連続となるマーティン選手のホームランでロッテは2点を先制する
【2回裏】レアード選手のヒットから2アウト3塁のチャンスを作り、佐藤選手のタイムリー2ベースヒット、荻野選手のタイムリーヒットで4点リードに
【3回表】佐々木朗希投手レアード選手のエラーで出たランナーをタイムリーヒットで返されて初失点を記録、さらにはタイムリー3ベースや犠牲フライでこの回3点を失う
【5回表】佐々木朗希投手は四球で出したランナーを盗塁と進塁打で進められてしまい、2アウトを取ってからのワイルドピッチで3塁ランナーの生還を許して同点に追いつかれる
【5回裏】相手のエラーで出塁した荻野選手を2塁に置き、マーティン選手の今日2本目のホームランで2点を勝ち越す
【6回表】この回からマウンドに上がった鈴木投手はヒットを打たれながらも、三振と併殺打でテンポ良く抑える
【7回表】ハーマン投手は2四死球を出しながらも、佐藤選手の2つの盗塁阻止で2アウトを取り、最後は三振を奪って結果的に3人で抑える
【7回裏】マーティン選手が好走塁をした2ベースヒットなどで1アウト1,2塁のチャンスを作るも、安田選手はレフトフライ・代打の井上選手は三振に倒れて追加点を奪えず
【8回表】唐川投手は四球を2つ出して2アウト1,3塁のピンチを招き、右中間方向へのヒットを打たれてスタートを切っていた1塁ランナーも生還し同点に追いつかれる。
さらに2アウト2,3塁のピンチが続くも、マーティン選手のファインプレーで勝ち越しは許さず。
【8回裏】藤岡選手がセンターの頭を超える3ベースヒットを放って1アウト3塁のチャンスを作るも、続く岡選手はサード正面のゴロを放ち、ゴロゴーでホームへ突っ込んだ藤岡選手はタッチアウトとなり得点を奪えず
【9回表】益田投手は粘られながらもフライアウト3つで三者凡退に抑え、同点のまま最後の攻撃へ
【9回裏】2アウトから中村奨吾選手が四球を選んで出塁するも、代走の和田選手が盗塁失敗となりゲームセット

今日は先発の佐々木朗希投手が5回を投げ切り勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りましたが、リリーフが追いつかれる形で引き分けとなっています。

それぞれ展開は違いますが、今週3つ目の引き分けですね。

 

マーティン選手が好守に大活躍し、2本のホームランを放って3打点・猛打賞を記録しています。

守備でもチームを救うファインプレーがありました。

荻野選手も先頭打者ホームランを放つなどで2打点・猛打賞の活躍でした。

 

今日が初先発となった佐々木朗希投手は5回4失点(自責点2)という結果でした。

立ち上がりはピンチを招きながらも、その場面では落ち着いて無失点で切り抜けていますし、コントロールも良く最小失点で抑えるピッチングを出来ていたと思います。

 

盗塁を多く許して得点に繋げられてしまったクイックについてはこれからというところでしょう。

107球と予定より球数は多くなり、リリーフが打たれて初勝利はお預けとなりましたが、5回までしっかり投げ切ったというのも大きな収穫ですね。

 

来週も移動日を挟む5試合の日程

今週と来週は、2週連続で週5試合の日程が続きます。

マリーンズはGW休みもあり、良い具合に疲れを溜めずシーズンを序盤を過ごすことが出来ていることでしょう。

 

来週は火曜日から大阪でオリックスとの2連戦を行い、木曜日の移動日を挟んで、金曜日からマリンで楽天との3連戦が行われます。

 

オリックスには今シーズン5勝2敗と大きく勝ち越しているため、来週も連勝で2つ貯金を稼ぐ勢いで頑張ってほしいですね。

楽天とはここまで4勝4敗でイーブンです。

現在は上位で争っている状態なので、ここで勝ち越しをして優位に立ちたいところですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました