5月27日・阪神戦『今日も逆転勝利で佐々木朗希投手はプロ初勝利を挙げる』2021シーズン

5月27日のロッテの試合結果

2021-05-27(木)

 

本日(5月27日)は阪神タイガース戦

 

今日はカード勝ち越しのかかった大事な試合となります。

2登板目となる佐々木朗希投手にはもちろんプロ初勝利を挙げてほしいですが、まずは先発としてしっかりと試合を作ってほしいですね。

無駄な与四球のないテンポの良いピッチングを期待しています。

 

そして、今日は安田選手がスタメンを外れています。

今季は開幕から4番サードとして試合に出場し続けていましたが、ここ最近は結果を残せず早めにベンチに下がることも多くなっていました。

疲労が溜まっているということもあると思うので、ベンチスタートを良いリフレッシュの機会にして再び調子を上げてきて欲しいですね。

 

代わって4番に入ったのは好調のレアード選手

得点圏でもしっかりと結果を残していますし、ホームランもあるのでランナーを置いた場面では特に怖さがあります。

 

サードには藤岡選手が入り、エチェバリア選手が7番ショートでスタメン出場です。

藤岡選手が好調なためショートのポジションを争うエチェバリア選手はなかなか出場機会が増えませんが、攻守にアピールしてスタメン出場の機会を掴み取ってほしいですね。

 

スポンサーリンク

5月26日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H5024197
2E50231980.5
3M48212072
4L47192083
5B49192374.5
6F46162557
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

 

交流戦の順位

順位チーム試合ゲーム差
1巨人2200
1中日2200
3オリックス21101
3DeNA21101
3日本ハム21101
3ロッテ21101
3阪神21101
3ヤクルト21101
9ソフトバンク20202
9楽天20202
西武0000
広島0000

※前日の試合終了時点での順位表です

 

5月27日「ロッテvs阪神の試合結果」

5月27日のロッテの試合結果

勝利投手【M】佐々木朗希投手(1勝0敗)

敗戦投手【T】アルカンタラ投手(1勝1敗)

セーブ 【M】益田投手(0勝3敗13S)

本塁打 【M】荻野 3号(1回表ソロ)

〃       マーティン 16号(8回表ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1110
2マーティン1110
3中村0000
4レアード1000
5角中2020
6藤岡1000
7エチェバリア1010
8佐藤1000
9佐々木朗0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
守備0000
代打鳥谷0000
守備江村0000
守備井上1000

 

投手成績

投球回自責点
佐々木朗5回3失点
佐々木千1回0失点
ハーマン1回0失点
唐川1回0失点
S益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】荻野選手の先頭打者ホームランでロッテが先制
【2回裏】佐々木朗希投手は3連打を食らって同点に追いつかれ、その後2三振を奪ってから投手のアルカンタラ選手にタイムリーヒットを打たれて逆転を許す
【3回裏】佐々木朗希投手は先頭バッターにフルカウントからの四球を与え、牽制球をレアード選手がエラー・佐藤選手のパスボールでランナーが3塁まで進み、タイムリーヒットを打たれて2点ビハインドに
【5回表】角中選手が2ベースヒットを放ってから1アウト3塁のチャンスを作り、エチェバリア選手が犠牲フライを放って1点を返す
【5回裏】佐々木朗希投手は2アウトから四球を与えてランナーを出し、ワイルドピッチで2アウト2塁のピンチを招いて、続くバッターにタイムリー2ベースヒットを打たれて再び2点ビハインドに
【6回表】2アウトから中村奨吾選手が四球を選び、レアード選手もヒットで続いてランナー1,2塁のチャンスを作り、続く角中選手は左中間への2点タイムリー2ベースヒットを放って同点に追いつく。
さらには、2アウト2塁のチャンスで藤岡選手がファーストゴロを放つも、一塁への送球が乱れる間にランナーが生還し勝ち越しに成功する。
【6回裏】佐々木千隼投手は二者連続三振・ピッチャーゴロでテンポ良く三者凡退に抑える好リリーフをみせる
【7回裏】ハーマン投手も10球で三者凡退に抑える好リリーフ
【8回表】マーティン選手の16号ソロホームランでリードが2点に広がる
【8回裏】唐川投手は先頭バッターにヒットを打たれ、盗塁も決められてノーアウト2塁のピンチを作るも、後続を二者連続三振とファーストゴロに抑えて得点を許さず
【9回表】2点リードのマウンドに上がった益田投手は、危なげなく三者凡退に打ち取るピッチングでゲームセット

荻野選手マーティン選手のホームラン、角中選手が同点タイムリーを含む2本の2ベースヒットを放つ活躍で今日も逆転勝利となりました。

 

打線は9安打6得点と良かったですし、佐々木朗希投手は5回4失点で試合を作り、リリーフも無失点リレーで逃げ切りチームが噛み合っていましたね。

 

佐々木朗希投手は5回4失点(自責点3)でプロ初勝利を記録しました。

初回はストライク先行の立ち上がりで良かったですが、ボール先行になってしまうとカウントを整えにいったストレートを狙い打ちされてしまいますね。

味方のミスもあったりなどでまだまだポテンシャルを十分に発揮しきれていないようにも見えますが、そんな中でも先発として最低限の仕事はしてくれたと思います。

どんどん1軍のマウンドに上がって、経験を積んで自信を付けていってほしいですね。

 

5月28日「ロッテvs広島の予告先発」

【ロッテ】鈴木投手
【広島】矢崎投手

 

明日からはマリンに戻り、広島カープとの3連戦が行われます。

広島は先週、チーム内に新型コロナ感染が広がって1軍・2軍ともに試合が出来ない状況が続いていましたが、今日は西武と8日ぶりに1軍の試合を行いました。

そのため、明日からの3連戦は予定通り決行となるでしょう。

 

明日のロッテの先発は鈴木投手

石川投手の離脱により、カード頭での先発を任されることになりました。

鈴木投手は5月に入ってから先発で1試合、中継ぎで4試合投げています。

 

週5日が続くイレギュラーな日程などによってリリーフに回っていましたが、先発としても好投を続けていました。

しかし、打線の援護と噛み合わず1勝2敗と勝利数が伸びていないため、明日は打線の援護を呼び込めるようなテンポの良いピッチングを期待しています。

 

対する広島の予告先発は矢崎投手

明日が今季初の1軍登板となり、先発登板は2017年シーズン以来のようです。

データが少ないためどのような投手かが分かりませんが、ファームでは5月14日に7回1失点の好投を見せています。

 

その時は140キロ中盤のストレートに、フォークとスライダーを交えるピッチングをしていたようです。

奪三振数と与四球数がともに多そうなので、ロッテ打線は粘り強くチャンスを作り、そのチャンスをしっかりと活かすような攻撃を見せてほしいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました