5月28日・広島戦『ロッテは守備の乱れで試合の主導権を掴めず』2021シーズン

5月28日のロッテの試合結果

2021-05-28(金)

 

本日(5月28日)は広島東洋カープ戦

 

交流戦最初のカードとなる阪神戦では2勝1敗で勝ち越しをして、パリーグ上位2チームとのゲーム差を縮めました。

今日からの広島との3連戦でも貯金を増やすことが出来るよう、まずはカード頭を取ってほしいですね。

 

昨日の試合でプロ初勝利を挙げた佐々木朗希投手は登録抹消となっています。

当分の間は、疲労が溜まらないよう間隔を開けながら先発をすることになるのでしょう。

 

今日のロッテの先発は鈴木投手です。

5月中はリリーフとしての登板機会が多かったですが、交流戦が始まった今週からは週6試合の日程となっているため先発に戻りました。

防御率が良く先発としても安定して試合を作ってくれているため、またここから勝利数を増やしていってほしいですね。

 

DH制のある今日は、鳥谷選手が6番ファーストでスタメン出場となっています。

今季は打撃好調で代打としても結果を残しています。

ファーストの守備についてスタメン出場をするのは初めてのことのようですが、持ち味のバッティングで勝利に貢献していただきたいです。

 

一方で、調子の上がらないファースト本職の井上選手・山口選手、そして安田選手はベンチスタートとなってしまっています。

代打としてチャンスが回ってくることもあると思うので、与えられた役目をしっかりと果たして再びスタメンのチャンスを掴んでほしいですね。

 

スポンサーリンク

5月27日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1H5124198
1E5124198
3M49222071.5
4L48192093
5B50192475
6F47162657.5
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

 

交流戦の順位

順位チーム試合ゲーム差
1中日3201
2巨人32100.5
2DeNA32100.5
2ロッテ32100.5
2ヤクルト32100.5
6オリックス31201.5
6楽天31201.5
6日本ハム31201.5
6阪神31201.5
10ソフトバンク30212
西武1001
広島1001

※前日の試合終了時点での順位表です

 

5月28日「ロッテvs広島の試合結果」

5月28日のロッテの試合結果

勝利投手【C】森浦投手(1勝1敗)

敗戦投手【M】鈴木投手(1勝3敗)

セーブ 【C】栗林投手(0勝0敗10S)

本塁打 【M】レアード 11号(1回裏2ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野0000
2マーティン0001
3中村2021
4レアード2130
5角中2020
6鳥谷0000
7エチェバリア0000
8藤岡0000
9佐藤0001
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打0010
代打加藤0000
守備宗接0000
代打山口0000

 

投手成績

投球回自責点
鈴木4回3失点
大嶺1回2失点
小野1回0失点
中村稔2回2失点
横山1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回裏】マーティン選手が四球で出塁し、レアード選手が2ランホームランを放ってロッテが先制
【3回表】鳥谷選手のエラーもあって鈴木投手は1アウト2,3塁のピンチを招き、松山選手に2点タイムリーヒットを打たれて同点に追いつかれる
【4回表】鈴木投手は1アウト2塁のピンチでレフト前へのフライを打たせるも、ショートとレフトがお見合いする形となって1アウト1,3塁にピンチが拡大し、盗塁を阻止するための佐藤選手の2塁への送球が乱れる間に3塁ランナーが生還し勝ち越しを許す。
さらには、1アウト満塁のピンチで鈴木投手はショートゴロを打たせるも、エチェバリア選手は握り替えの際にボールをこぼして記録はタイムリー内野安打、続くバッターはショートへのハーフライナーとなり、2つのアウトを取るもその間に3塁ランナーが生還しこの回3点を失う。
【5回表】この回からマウンドに上がった大嶺投手は2アウト2,3塁のピンチを招き、ワイルドピッチでランナーが1人ホームに還り、バッターを三振に抑えた球もワイルドピッチとなってしまい振り逃げの間にもう1人ランナーが還ってこの回2点を失う
【5回裏】この回のロッテは3つの四球を貰って1アウト満塁のチャンスを迎え、中村奨吾選手の2点タイムリーヒット、続くレアード選手はセカンド後方のフライに打ち取られるも、3塁ランナーマーティン選手がタッチアップを決める好走塁を見せて2点差にまで詰め寄る
【6回表】小野投手は先頭バッターにヒットを打たれ、盗塁阻止のための佐藤選手の二塁送球は大きく逸れてランナーは3塁まで進み、続くバッターに犠牲フライを打たれて3点ビハインドとなる
【7回表】中村稔弥投手はヒットと四球でランナーを溜め、2本のタイムリーヒットを打たれてロッテは二桁失点となる
【8回表】回跨ぎをした中村稔弥投手宗接選手のバッテリーは8球で三者凡退に抑え、ようやく無失点のイニングを作る
【8回裏】中村奨吾選手・レアード選手の連打でノーアウト2,3塁のチャンスを作り、角中選手の1塁線を破る2点タイムリー3ベースヒット、岡選手のセカンドゴロの間の得点で2点差に詰め寄る
【9回表】マリンでの初登板となった横山投手は2ベースヒットを打たれてピンチを招きながらも、無失点に抑えて最終回の攻撃へ
【9回裏】ロッテは、ここまで失点のない栗林選手に三者凡退に抑えられてゲームセット

今日は守備の乱れで相手にチャンスや得点を渡す場面が多く、二桁失点を喫しての敗戦でした。

記録上は3エラーにとどまっていますが、バッテリーエラーも多く数字以上にまずい守備がたくさんありましたね。

5イニング連続失点で相手のペースから全く抜け出せなかったというのも、良くなかった点だと思います。

 

それでも、ロッテの終盤での粘り強さは健在です。

最終回は圧倒的な成績を残している栗林投手を打てませんでしたが、終盤で得点を取ることは出来ています。

 

そして、その粘り強さを活かすためには大きく点差を離されてはいけません。

序盤・中盤をもっと大切に戦ってほしいですね。

 

先発の鈴木投手は4回5失点(自責点3)という結果でした。

初回はいきなりピンチを招きながらも無失点に抑え、2回には3奪三振を記録する上々の立ち上がりでしたが、3回と4回には守備の乱れも絡んで逆転を許してしまいました。

記録上は自責点3になっていますが、野手陣がしっかりとアウトを取ることが出来ていれば失点はもっと少なかったでしょう。

守備にペースを乱されてしまっていたため、今日は何とも言えませんね。

 

5月29日「ロッテvs広島の予告先発」

【ロッテ】美馬投手
【広島】玉村投手

 

明日のロッテの予告先発は美馬投手

ここ3試合は7回以上を投げて3失点以内に抑える好投が続いていますが、打線と噛み合わずに敗戦数ばかりが増えてしまっています。

美馬投手は明日も安定して試合を作ってくれると思うので、打線の援護に期待ですね。

 

対する広島の予告先発は玉村投手

今季はここまで0勝2敗・防御率5.40と勝ちがない左腕投手です。

被本塁打の失点が多く与四球も多いタイプの投手のようなので、ロッテ打線には粘り強く攻めて打ち崩していただきたいですね。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました