ロッテの交流戦の結果や3日連続の補強、明日の予告先発など

交流戦の結果や3日連続補強など

2021-06-17(木)

 

ロッテは交流戦終了からリーグ戦再開まで4日間の休みがあり、退屈な時間になると思われていましたが、3日連続での補強の発表があり退屈している暇はありませんでした。

そのことに加えて、きのう全日程を終了した交流戦の最終結果、明日の予告先発などを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2つのトレードと新助っ人ロメロ投手の補強

ロッテは交流戦が終わってから、ここまで3つの補強を行いました。

 

1つ目は6月14日に発表された「DeNA・国吉投手」「有吉投手」のトレード

DeNA『国吉佑樹投手』とロッテ『有吉優樹投手』のトレード成立
2021-06-14(月) 6月14日のお昼過ぎ、DeNAの「国吉投手」とロッテの「有吉投手」の交換トレード成立が発表されました。 千葉ロッテマリーンズの有吉投手 先発・中継ぎの両方をこなす30歳の右腕投手...

なかなか固まらない勝ちパターンを任せられるリリーフ投手の選択肢を増やす補強です。

国吉投手は奪三振率の高いパワーピッチャーとして、パリーグでの活躍が期待されます。

 

有吉投手はここ最近1軍での活躍がほとんどありませんでしたが、試合を作る先発候補としてDeNAに移籍となりました。

テンポの良さ・コントロールの良さを武器に、新天地での活躍を期待しています。

 

2つ目は6月15日に発表された「中日・加藤匠馬選手」「加藤翔平選手」のトレード

中日『加藤匠馬選手』とロッテ『加藤翔平選手』のトレード成立
2021-06-15(火) 6月15日の正午過ぎ、中日の「加藤匠馬選手」とロッテ「加藤翔平選手」の交換トレードが成立し、本日中に正式発表が行われるというニュースが入ってきました。 昨日の国吉投手・有吉投手のトレードに続き...

捕手不足に悩まされているロッテは、強肩が武器のキャッチャー・加藤匠馬選手を中日からトレードで獲得しています。

 

加藤翔平選手は2軍で圧倒的な成績を残しながらも、ロッテでは1軍起用のチャンスを活かしきれずにレギュラーの座を掴むことが出来ていませんでした。

セ・リーグへの移籍という環境の変化をきっかけに、打撃力が花開くことを願っています。

 

そして3つ目は、新外国人助っ人「エンニー・ロメロ投手」の獲得

ロッテは元中日『エンニー・ロメロ投手』の獲得を発表
2021-06-16(水) ロッテは2日連続のトレードに引き続いて、今日は新外国人助っ人選手獲得の発表がありました。 2019年に中日でプレーをした「エンニー・ロメロ投手」がロッテに入団します。 ロメロ投手...

ロッテは先発投手の離脱者が多く安定感を欠いていることもあり、2019年に中日でプレーをして8勝10敗・防御率4.26の成績を残したロメロ投手を獲得しました。

 

手薄な捕手・投手陣を強化するための3日連続での補強には驚かされました。

新戦力を加えたことで、チーム内での競争が高まっていくと嬉しいですね。

国吉投手・加藤匠馬選手・ロメロ投手の活躍を期待しています。

 

プロ野球では選手の移籍が少ないため、応援していた選手がチームを離れるのはとても寂しいことですが、選手にとっては他球団に求められて移籍していくため、その期待に応えられるように頑張っていただきたいですね。

セ・リーグの球団へ移籍した有吉投手、加藤翔平選手の活躍も期待しています。

 

今年の交流戦はセ・リーグが12年ぶりの勝ち越し

2021年シーズン・交流戦の順位表

順位チーム試合ゲーム差
1オリックス181251
2阪神1811701.5
3DeNA189632
4中日189722.5
5ヤクルト1810802.5
6楽天189813
7西武187743.5
8ロッテ188914
9巨人187834
10日本ハム1871105.5
11ソフトバンク185945.5
12広島1831238

今シーズンの交流戦はオリックスが12勝5敗1分で優勝を決めました。

そして、セリーグ49勝・パリーグ48勝(引き分け11)で、セリーグが12年ぶりとなる勝ち越しを決めています。

 

ロッテは8勝9敗1分で負け越しとなり、最終順位は8位でした。

交流戦での勝率は5割を切ってしまいましたが、離脱している選手が多い中でよく耐えてくれたと思います。

 

交流戦終了時点でのパリーグの順位表

順位チーム試合ゲーム差
1楽天6632259
2ソフトバンク662926112
3オリックス65302782
4ロッテ64282883.5
5西武652627124
6日本ハム622235510

交流戦が始まる前に首位にいたソフトバンクは大きく貯金を減らし、2位にいた楽天も貯金を1つ増やしただけで大きく差を広げたわけではありません。

一方で、オリックスが大きく勝ち越して借金を返済し3位にまで上がってきています。

 

結果的には、最下位の日本ハムを除く5チームの差が縮まった交流戦となりました。

ロッテはここから置いていかれないよう、上位のチームに食らいついていっていただきたいです。

 

唐川投手が首痛で登録抹消に

今日の公示で唐川投手が登録抹消となっています。

抹消理由は首の痛みのようです。

交流戦最後のカードとなる巨人戦の時には、上半身のコンディション不良ということでベンチ入りをしながらも登板を回避する状態が続いていました。

 

唐川投手の詳しい症状は分かりませんが、出来るだけ早くコンディションを整えて再び1軍の勝ちパターンとしてマウンドに上がっていただきたいですね。

腰痛で登録抹消となっていたハーマン投手や、新戦力の国吉投手がその穴を埋めてくれることを期待しています。

 

先発陣は離脱している選手が多くリリーフ陣もなかなか揃いませんが、今いる選手で戦うしかありません。

主力選手の離脱をチャンスに変えられるように、特に1軍での出場機会を掴み取った選手は良い結果を残してほしいですね。

 

その他にも、江村選手や中日に移籍した加藤翔平選手が抹消となっているため、その代わりとなる選手が明日上がってくるでしょう。

 

田村選手は今日も2軍の試合にスタメン出場していますが、打撃の調子はまだ上がっていないようなのでもう少しファームでの調整が続くかもしれません。

新加入の加藤匠馬選手はチームに合流したばかりということもあり、マリンで1軍の練習に参加しています。

どちらかの選手が明日登録されるはずなので、捕手のポジション争いも楽しみですね。

 

6月18日「ロッテ対西武の予告先発」

【ロッテ】岩下投手
【西武】髙橋投手

 

リーグ戦再開後の最初のカードはメットライフドームで西武との3連戦。

西武には0.5ゲーム差まで詰め寄られているため、勝ち越しで差を広げておきたいところです。

 

ロッテの明日の予告先発は岩下投手

ここまで4勝4敗・防御率3.72という成績で、大きく崩れることのない安定したピッチングが続いています。

交流戦では0勝2敗と勝利を挙げることが出来なかったため、明日はチームを勢いづけるような勝利を期待したいですね。

立ち上がりでの失点は避けて、援護を呼び込むテンポの良いピッチングをしていただきたいです。

 

対する西武の予告先発は髙橋光成投手

ここまで5勝2敗・防御率3.87という成績で貯金を作る活躍を見せています。

しかし交流戦でのここ2試合は、ともに失点が多く3イニングでマウンドを降りることとなってしまっています。

ロッテ打線も序盤から髙橋光成投手を打って、岩下投手を援護してあげてほしいですね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました