6月20日・西武戦『6回から試合が動き出すも引き分けで終了』2021シーズン

6月20日のロッテの試合結果

2021-06-20(日)

本日は埼玉西武ライオンズ戦

 

このカードは1勝1敗、今日はカード勝ち越しがかかった試合となります。

今日はロッテが序盤でリードを作る展開に期待したいですね。

 

そして、ハーマン投手が1軍に登録されています。

腰痛で少しの期間離脱していましたが、勝ちパターンを務めることの出来るピッチャーとして安定感のあるピッチングを見せてほしいですね。

 

今日の先発バッテリーは小島投手柿沼選手

先週の試合でもバッテリーを組んで好投をしていましたし、小島投手は開幕から状態がどんどん良くなってきているため、岩下投手と共に先発陣の軸となれるよう頑張っていただきたいです。

 

柿沼選手には、どんな場面を迎えたとしても落ち着いてプレーを続けてほしいです。

そして、昨日のミスを挽回する意地を見せてほしいです。

 

ロッテの野手陣も、相手の投手の状態が良すぎて打てないというのは仕方がないことですが、守備のミス・走塁のミスを出さず、集中力を切らさずに試合に臨んでいただきたいですね。

スタメンの選手は昨日と変わっていません。

 

スポンサーリンク

6月19日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E6732269
2B66312781
3H682927122
4M66292983
5L672728123.5
6F64233569
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

6月20日「ロッテvs西武の試合結果」

6月20日のロッテの試合結果

本塁打 【L】山川 11号(6回裏2ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2マーティン1000
3中村2010
4角中0010
5レアード0000
6安田1000
7藤岡1010
8柿沼0000
9髙部0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代走和田0001
代走0001
代打菅野0000
守備加藤0000
守備三木0000
守備髙濱0000

 

投手成績

投球回自責点
小島6回2失点
東妻1回1失点
佐々木千1回0失点
益田1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】中村奨吾選手が三塁線を破る2ベースヒットを放って2アウト2塁のチャンスを作るも、続く角中選手はセカンドゴロに倒れて先制ならず
【1回裏】小島投手は連打を食らってノーアウト1,2塁のピンチを招くも、後続をショートフライ・セカンドゴロ併殺打に打ち取り得点を許さず
【3回裏】ヒット・盗塁成功・四球と繋がれて小島投手は2アウト1,2塁のピンチを招くも、続く森選手をサードゴロに打ち取って無失点で切り抜ける
【6回表】荻野選手がヒットで出塁し、マーティン選手も四球を選んで続き、1アウト1,2塁のチャンスで中村奨吾選手のタイムリーヒット・角中選手の犠牲フライで2点を先制
【6回裏】小島投手は2アウトを取ってから制球を乱して四球を出してしまい、続く山川選手に初球の甘く浮いた変化球を捉えられる2ランホームランを決められて同点に追いつかれる
【7回表】先頭の藤岡選手がヒットで出塁し、柿沼選手が送りバントを決めて1アウト2塁のチャンスを作るも、後続は続けず
【7回裏】同点のマウンドに上がった東妻投手は、2アウトから連打を浴びて勝ち越しを許してしまう
【8回表】マーティン選手の2ベースヒットから四球を2つ貰って2アウト満塁のチャンスを作り、藤岡選手がストレートの四球で押し出しとなり同点に追いつく。
さらに2アウト満塁のチャンスが続き、平良投手の無失点記録を崩すチャンスを作るも、代打の菅野選手はファールフライに倒れて勝ち越しならず。
(押し出しの得点は前の投手が残したランナーのため平良投手は無失点継続)
【8回裏】佐々木千隼投手は三振を1つ奪い、8球で三者凡退に抑える好リリーフ
【9回表】2アウトから和田選手が粘って四球を選び、盗塁も決めて得点圏に進むも、中村奨吾選手はレフトフライに倒れて勝ち越しならず
【9回裏】同点のマウンドに上がった益田投手は、下位打線を危なげなく三者凡退に抑えてゲームセット

今日は小島投手ニール投手の投げ合いで5回まで両チーム0を並べ、6回から両先発が点を失って試合が動き始めましたが、引き分けで試合が終わりました。

メットライフドームで1勝1敗1分、悪くなかったと思います。

 

先発の小島投手は6回2失点で勝ち負け付かず。

初回は連打でピンチを招きながらも、5回までは無失点ピッチングを続ける好投でした。

しかし、援護を貰った後の6回は2アウトから制球を乱し、四球⇒2ランホームランというもったいない得点の取られ方ですぐさま同点に追いつかれ、無失点に抑えきることが出来ませんでした。

 

それでも今日は苦手としている左バッターに対して内角の厳しいコースにストレートを投げ込めていましたし、145キロ前後の球威のあるストレートを投げ続けることが出来ていたため内容はかなり良かったと思います。

 

さらに、スライダー・チェンジアップの変化球の精度を上げていくことが出来れば、3巡目・4巡目も安定して抑えていくことが出来るようになるでしょう。

小島投手にはまだまだ伸びしろがありますね。

 

来週はマリンと静岡で5試合の日程

来週からも余裕のある日程が続き、火曜日からはマリンにソフトバンクを迎えての3連戦、金曜日の移動日を挟み、土日は静岡で日本ハムとの2連戦が行われます。

 

ロッテはソフトバンクとここまで8試合を戦い、3勝4敗1分と負け越している状態です。

そのソフトバンクは交流戦の辺りから調子を落としているように見えるので、まずは対戦成績をイーブンに戻せるように勝ち越しを決めてほしいところです。

 

日本ハムとの対戦を行うのは、静岡県の草薙球場。

日本ハム主催での2連戦となっています。

 

ロッテは日本ハムとここまで6試合を戦い、4勝1敗1分と大幅に勝ち越しをしている状態です。

交流戦を挟んだため約2ヶ月ぶりの対戦となりますが、相性の良さを活かして2つとも勝利を取れるように応援しています。

Comment

タイトルとURLをコピーしました