6月22日・ソフトバンク戦『ロッテは序盤で流れを引き寄せられず』2021シーズン

6月22日のロッテの試合結果

2021-06-22(火)

本日は福岡ソフトバンクホークス戦

 

今日からは1ゲーム差に近付いている3位ソフトバンクとの3連戦です。

このカードでは、もちろんロッテの勝ち越しを期待しています。

 

今日の先発バッテリーは二木投手柿沼選手

二木投手はここ最近少し調子を落とし、前回登板でも初回から2本のホームランを浴びて3点を先制される立ち上がりとなりましたが、それでも6回3失点にまとめてQSを記録しています。

少し登板間隔が空いて疲れも取れていると思うので、今日は長いイニングを投げるテンポの良いピッチングを期待しています。

 

スタメンは先週から変わっていません。

チームの得点力が少し落ちているようにも見えるので、打線が投手陣を引っ張れるように序盤から援護していってほしいですね。

 

スポンサーリンク

6月21日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1B6833278
2E69322891
3H692927132
4M67292993
5L682728133.5
6F65233579
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

6月22日「ロッテvsソフトバンクの試合結果」

6月22日のロッテの試合結果

勝利投手【H】レイ投手(1勝0敗)

敗戦投手【M】二木投手(3勝4敗)

セーブ 【H】岩嵜投手(2勝1敗1S)

本塁打 【H】柳田 16号(7回表2ラン)

〃   【M】中村 5号(8回裏2ラン)

〃       菅野 2号(9回裏ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1001
2マーティン0000
3中村1120
4角中0000
5レアード0000
6安田1000
7藤岡0000
8柿沼0000
9髙部1011
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打髙濱0000
守備佐藤0000
代打菅野1110

 

投手成績

投球回自責点
二木7回5失点
小野1回0失点
大嶺1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】二木投手は先頭バッターに3ベースヒットを打たれ、続くバッターに犠牲フライを打たれて先制を許す
【3回表】この回の二木投手は連打を食らって1アウト2,3塁のピンチを招き、犠牲フライで追加点を奪われる
【3回裏】ロッテは2つの四球や髙部選手の盗塁などで1アウト1,2塁のチャンスを作るも、続くマーティン選手はピッチャーゴロ併殺打に倒れて得点できず
【4回表】安田選手の悪送球などで2アウト2塁のピンチを招いてしまい、今宮選手にタイムリーヒットを打たれて3点ビハインドに
【5回裏】ロッテはこの回も2つの四球を選んで1アウト1,2塁のチャンスを作り、髙部選手のセンター前タイムリーヒットで1点を返す。
さらには荻野選手が盗塁成功、マーティン選手が四球を選んで2アウト満塁のチャンスを作るも、続く中村奨吾選手は三振に倒れて追いつけず
【7回表】この回もマウンドに上がった二木投手は2本のヒットで1アウト2,3塁のピンチを招き、レフト前に落ちそうな当たりを髙部選手が掴み取るファインプレーを見せるも、結果的には犠牲フライとなって追加点を奪われる。
さらには、続く柳田選手に2ランホームランを打たれて5点ビハインドに。
【8回表】小野投手は2三振を奪って13球で三者凡退に抑える好リリーフ
【8回裏】荻野選手が内野安打で出塁し、中村奨吾選手が左中間への2ランホームランを放って点差を3点に縮める
【9回表】大嶺投手も三振を1つ奪って13球で三者凡退に抑える好リリーフを見せる
【9回裏】2アウトから代打菅野選手がソロホームランを放って1点を返すも、反撃はここまででゲームセット

ロッテ打線はソフトバンクの先発レイ投手から何度かチャンスを作りましたが、打ち崩すことは出来ませんでした。

それでも終盤に粘り強さを見せて、一時は5点差まで開いていた点差を2点にまで縮める反撃をしました。

これが明日に繋がる攻撃となることを願っています。

 

先発の二木投手7回6失点(自責点5)という結果でした。

立ち上がりから持ち味のコントロールを発揮することが出来ずに失点が続き、尻上がりに調子を上げていたものの、7回にはホームランを含む4本のヒットを許して6失点。

最後まで本調子を取り戻すことは出来ませんでした。

 

立ち上がりのコントロールの状態の悪さはもちろん、ピンチの場面・ここぞという場面で球が甘くなってしまっているので失点が多くなってしまいます。

球数少なく7イニングを投げ切ってくれたことはチームにとって助かりますが、二木投手には勝利を求めたいですね。

 

6月23日「ロッテvsソフトバンクの予告先発」

【ロッテ】鈴木投手
【ソフトバンク】東浜投手

 

明日のロッテの予告先発は鈴木投手

交流戦から再び先発に戻って2試合に登板しましたが、2回とも打ち込まれてしまって先発としての仕事を果たすことが出来ませんでした。

開幕直後はかなり良かった制球力が落ちてしまい、大きく外れる無駄なボール球が増えているように見えます。

 

持ち味である厳しいコースに投げ込むコントロール、ストライクゾーンを広く使って内角・外角を突いていくピッチングが出来るかどうかに注目ですね。

ローテーションで回っていく能力は十分にあると思うので、明日は好投を期待しています。

 

対するソフトバンクの予告先発は東浜投手

今シーズンの東浜投手は交流戦から1軍で投げ始め、3試合に先発し1勝0敗・防御率3.86という成績を残しています。

3試合とも大きく崩れず先発としてしっかりとゲームを作っていますし、奪三振数も多いのでロッテ打線は苦戦が予想されます。

 

鈴木投手には5回・6回までしっかりと投げ切ってゲームメイクをしていただきたいです。

ロッテ打線は東浜投手から少しずつでも良いので序盤に得点を取って、鈴木投手が楽に投げられるように援護してあげてほしいですね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました