6月24日・ソフトバンク戦『ロッテ打線が得点を奪えたのは初回のみ』2021シーズン

6月24日のロッテの試合結果

2021-06-24(木)

本日は福岡ソフトバンクホークス戦

 

このカードはここまで2試合を戦い1敗1分、連敗して借金を増やさないように今日勝ってイーブンに戻したいところです。

 

今日は先発の佐々木朗希投手が登録され、代わりに成田投手が抹消となっています。

成田投手は3試合に登板し、毎試合得点圏にランナーを背負いながらも無失点に抑えるピッチングを見せていました。

立ち位置的には左のワンポイントではなくあくまでもビハインドリリーフのため、登板機会が少なくなっての抹消は仕方がありません。

2軍で好投が続けば1軍での登板機会は必ず巡ってくるため、これから求められていく左バッターを封じ込めるピッチングを出来るように成長してきてほしいですね。

 

そして、今日の先発バッテリーは佐々木朗希投手田村選手

公式戦では初の組み合わせとなるバッテリーです。

前回登板では6回1失点の好投をしながらも打線の援護に恵まれず勝利が付きませんでしたが、今日はマリン初勝利を挙げられるような好投を期待しています。

 

一方で、ロッテ打線の不調が気になりますね。

最近はなかなか打線が繋がっている場面が見られず、チャンスが少なくチャンスを活かしている場面も多くありません。

チームが全体的に打てていない状況ではありますが、誰か1人でも調子を上げれば他の選手たちもついてきてくれると思うので、特に上位打線のバッターには打線を引っ張る活躍を期待しています。

 

スポンサーリンク

6月23日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1B7035278
2E71332992
3H713027142.5
4M692930104.5
5L702829134.5
6F672337711
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

6月24日「ロッテvsソフトバンクの試合結果」

6月24日のロッテの試合結果

勝利投手【H】武田投手(4勝3敗)

敗戦投手【M】佐々木朗希投手(1勝1敗)

本塁打 【H】柳田 17号(1回表ソロ)

〃       柳田 18号(9回表ソロ)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1001
2マーティン0000
3中村1000
4角中0010
5レアード2010
6安田1000
7藤岡1000
8田村0000
9髙部0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打菅野0000
代走和田0000
代打1000

 

投手成績

投球回自責点
佐々木朗5.1回3失点
東妻0.2回0失点
小野1回0失点
佐々木千1回0失点
横山0.2回4失点
フローレス0.1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【1回表】佐々木朗希投手は甘く入った失投を柳田選手に捉えられ、ソロホームランで先制を許す
【1回裏】荻野選手の死球・マーティン選手の四球、中村奨吾選手が送りバントを決めて1アウト2,3塁のチャンスを作り、角中選手の犠牲フライ・レアード選手のタイムリーヒットで2点を奪い逆転に成功
【4回裏】1アウトから安田選手が右中間を破る2ベースヒットで出塁しチャンスを作るも、後続は打ち取られて追加点を奪えず
【6回表】佐々木朗希投手は2本の長打を浴びて同点に追いつかれ、さらに柳田選手にも勝ち越しタイムリーを打たれてマウンドを降りる。
1アウト1,2塁のピンチでマウンドに上がった東妻投手は、1球でセカンドゴロ併殺打に打ち取り追加点を許さず。
【6回裏】中村奨吾選手がヒットで出塁するも、続く角中選手はフルカウントから空振り三振、スタートを切っていた中村奨吾選手が盗塁失敗で三振ゲッツーに。
その後はレアード選手・安田選手がともに四球を選んで2アウト1,2塁のチャンスを作るも、藤岡選手はレフトフライに倒れて追いつけず
【7回表】1点ビハインドの場面でマウンドに上がった小野投手は、2三振を奪って三者凡退に抑える好リリーフを見せる
【7回裏】2アウトから荻野選手がヒットと盗塁成功で2塁へ進むも、続くマーティン選手はファーストゴロに倒れて得点できず
【8回表】今日も佐々木千隼投手は危なげなく三者凡退に打ち取るピッチングを見せ、28イニングを投げて防御率は0点台に
【8回裏】2アウトからレアード選手が右方向への巧いヒットを放って出塁するも、得点には繋がらず
【9回表】横山投手は柳田選手にソロホームランを打たれ、さらに連打で2アウト満塁のピンチを招き、2点タイムリーヒットを浴びてマウンドを降りる。
2アウト1,2塁のピンチでマウンドに上がったフローレス投手もタイムリーヒットを1本打たれて5点ビハインドに
【9回裏】代打の岡選手が内野安打で出塁するも、得点は奪えずゲームセット

昨日に引き続き、今日もロッテ打線は初回しか得点を奪うことが出来ませんでした。

2回以降もチャンスを作っていましたが、そのチャンスを活かせていませんでしたね。

 

今の繋がらない打線の状態を見ると、打順を変えるだけで貧打が解決するような簡単な問題でもなさそうです。

投手陣は頑張ってくれているので、好調だった4月・5月の時のようなロッテ打線の調子を取り戻していただきたいですね。

 

先発の佐々木朗希投手6回途中3失点で初の敗戦投手となりました。

初回の柳田選手への失投でのソロホームランは立ち上がりということで仕方ないと思います。

2回以降の佐々木朗希投手は、毎回三振を奪いながらランナーを1人も出さないピッチングを5回まで続けました。

 

しかし、6回にはコントロールを乱してボール先行の入りになってしまい、結果的にストライクを取りにいった球を狙われて逆転を許してしまいました。

ストライク先行で投げることが出来ていれば心配は要りませんが、やっぱりイニングが進んでいくとスタミナの問題なのか制球力が落ちてきてしまいますね。

5回までは好投を見せてくれていたので、6回以降に入っても制球力を保てるように修正してきていただきたいです。

 

移動日を挟み、週末は日本ハムとの2連戦

ロッテは明日が移動日となっており、土日に行われる静岡(草薙球場)での日本ハム戦に備えます。

日本ハムとはここまで6試合を戦って、ロッテが4勝1敗1分と勝ち越しています。

 

日本ハムは現時点で最下位にいますが、どのタイミングで調子を上げて順位を上げてくるかは分かりませんし、2試合ともにロッテが落とすことになれば一気にゲーム差が縮まります。

得意としているチームだからこそ落とすわけにはいきません。

 

ロッテは2試合とも勝利を挙げて、その後に続く上位チームとの対戦に勢いをつけて臨めるように頑張っていただきたいですね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました