6月30日・オリックス戦『ロッテ打線は3安打完封負けで完敗』2021シーズン

6月30日のロッテの試合結果

2021-06-30(水)

本日はオリックス・バファローズ戦

 

今日のロッテの先発バッテリーは鈴木投手田村選手

鈴木投手は前回登板で勝利こそつかなかったものの、6回1失点の好投で活躍してくれました。

ソフトバンク打線をしっかりと抑えていたので、今日はオリックス打線に対してストライク先行のテンポの良いピッチングをしていただきたいですね。

 

昨日のロッテ打線は序盤でしっかりと得点を挙げることが出来ていたため、序盤だけでなく中盤・終盤もチャンスを逃さず流れを渡さないような攻撃を見せてほしいです。

 

スポンサーリンク

6月29日終了時点での順位表

順位チーム試合ゲーム差
1E75362910
1B75362910
3H763131143.5
3M733131113.5
3L743031143.5
6F712439811
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ

※前日の試合終了時点での順位表です

 

6月30日「ロッテvsオリックスの試合結果」

6月30日のロッテの試合結果

勝利投手【B】田嶋投手(5勝4敗)

敗戦投手【M】鈴木投手(1勝4敗)

本塁打 【B】若月 1号(4回裏3ラン)

 

マリーンズの選手の試合成績

本日の試合に出場した千葉ロッテマリーンズの野手・投手それぞれの出場成績です。

 

野手成績

スタメン安打本塁打打点盗塁
1荻野1000
2角中0000
3中村0000
4マーティン0000
5レアード1000
6安田0000
7藤岡0000
8田村1000
9髙部0000
途中出場安打本塁打打点盗塁
代打菅野0000
守備加藤0000

 

投手成績

投球回自責点
鈴木4回4失点
中村稔2回0失点
小野1回0失点
フローレス1回0失点

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご容赦いただければ幸いです。

 

~本日の戦評~ 個人的ハイライト

【2回裏】先頭の杉本選手の右中間方向への打球をマーティン選手が抑え切れず2ベースヒットにされてしまい、1アウト3塁のピンチで鈴木投手は2ベースヒットを打たれて先制を許す。
【4回裏】鈴木投手は2本のヒットを打たれて2アウト1,3塁のピンチを招き、若月選手に3ランホームランを打たれて4点ビハインドに
【5回表】レアード選手・田村選手の2人がこの回ヒットを放つも、左バッターの安田選手・藤岡選手・髙部選手は3人揃って三振に抑えられて得点できず
【5回裏】この回からマウンドに上がった中村稔弥投手は、1番からの好打順を8球で三者凡退に打ち取る
【6回裏】回跨ぎをした中村稔弥投手は3本のヒットを打たれて1アウト満塁のピンチを招くも、後続を内野ゴロ2つで打ち取り無失点で切り抜ける
【8回裏】フローレス投手はレフト前ヒットを打たれ、さらに打球を菅野選手が後逸、続くバッターにもヒットを打たれて1アウト1,3塁のピンチを招き、犠牲フライで1点を追加される。
さらに加藤選手のパスボールで再び得点圏にランナーを置くも、続くバッターをサードゴロに打ち取って5点ビハインドでとどめる。
【9回表】2アウトからマーティン選手が四球を選んで出塁するも、ヒットは出ずにゲームセット

ロッテ打線はオリックス先発の田嶋投手から得点を奪えず、リリーフからもヒットを打てずに3安打完封負けとなりました。

鈴木投手も崩れて早めにマウンドを降りることとなり、投打ともに振るいませんでした。

 

1敗1分の痛い負け越しを喫してしまったため、明後日からのホーム3連戦で調子を取り戻してほしいですね。

 

先発の鈴木投手は4回4失点でマウンドを降りました。

今日はコントロールが安定せず、球速にも波があって不安定なピッチングでしたね。

田村選手の内角中心のリードに応えることが出来ず、投げ切れずに甘く浮いた球を捉えられて7本の安打を打たれてしまいました。

 

前回登板はコントロール良く低めに集めることで抑えていたため、武器となる制球力が発揮できないと安定感が無くなってしまいますね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました