ロッテの小川選手が優秀選手賞を獲得する活躍【フレッシュオールスター2021】

7月15日のフレッシュオールスターの結果

2021-07-15(木)

今日は愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムでフレッシュオールスターゲームが行われました。

 

雨が降り続く中ではありましたが、若手選手たちが熱いプレー見せてくれましたね。

ロッテからは土居投手・横山投手・小川選手の3人が選出されています。

 

7月15日のフレッシュオールスターの結果

ロースコアの投手戦となった2021年シーズンのオールスターゲームは、ロッテが所属するイースタンリーグが3対1で勝利しました。

 

最優秀選手賞(MVP)に選ばれた選手はヤクルトの内山選手

3回に先制ソロホームランを放ってチームを勝利に導く活躍を見せました。

 

優秀選手賞を獲得したのは、ロッテの小川選手と阪神の西純矢投手です。

西純矢投手はウエスタンの先発としてマウンドに上がり、2イニングをともに三者凡退に抑えて4奪三振を記録する圧巻のピッチングでした。

 

ベンチスタートとなった小川選手は5回からサードの守備に入りました。

8回表にノーアウト1塁の場面で回ってきた打席では、小川選手は右中間フェンス直撃となるタイムリー3ベースヒットを放って打点を挙げる活躍を見せてくれました。

9回表に2アウト1,2塁で回ってきた2打席目は初球を打ってセカンドゴロに倒れています。

まだ1軍での出場機会はありませんが、走攻守全ての面での活躍を期待しています。

 

先発のマウンドに上がった土居投手は先頭バッターに四球を与え、続くバッターにもヒットを打たれてノーアウト1,2塁のピンチを招いたものの、後続を併殺打とショートゴロに打ち取って1回を無失点に抑えました。

完璧なピッチングとはいきませんでしたが、持ち味のストレートで押していく力のこもったピッチングを見せてくれたましたね。

 

横山投手は1点リードの7回のマウンドに上がり、四球を1つ与えながらもヒットは許さずにしっかりと打ち取ってリードを守る好リリーフを見せました。

サイドスローから繰り出されるストレートとスライダーの組み合わせを厳しいコースに投げ込めればそう簡単には打たれないでしょう。

 

フレッシュオールスターゲームに出場したロッテの選手は、3選手ともに活躍してくれました。

若手選手のこれからの1軍での活躍が楽しみですね。

 

そして、明日・明後日はオールスターゲームが行われます。

ロッテからは

  • マーティン選手
  • レアード選手
  • 佐々木千隼投手
  • 益田投手
  • 中村奨吾選手
  • 荻野選手

の6人が選出され、マーティン選手はホームランダービーにも出場します。

オールスターの舞台でロッテの選手が活躍するところをたくさん見たいですね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました