ロッテの選手の活躍もあって見応えのある試合に【オールスターゲーム第1戦/2021】

7月16日オールスター第1戦の結果

2021-07-16(金)

今日はメットライフドームでオールスターゲーム第1戦が行われました。

 

ロッテからは

  • マーティン選手
  • レアード選手
  • 益田投手
  • 佐々木千隼投手
  • 荻野選手
  • 中村奨吾選手

合計6人が選出されています。

 

マーティン選手はホームランダービーにも出場する予定でしたが、腰の張りの影響で大事を取っての欠場となりました。

ここまでリーグ2位の本塁打数を記録していたため、マーティン選手がホームランダービーで活躍するところを見られなかったのは残念ですが、かなりの疲労が溜まっている状態だと思われるので後半戦を少しでも良い状態で迎えられるようにしていただきたいですね。

 

ちなみに、マーティン選手の欠場によって繰り上げ出場となった山川選手が、明日行われるホームランダービー決勝へと駒を進めています。

 

7月16日オールスター第1戦の結果

オールスター第1戦は、5対4でセ・リーグの勝利となりました。

 

MVPに選ばれたのは広島の菊池選手

4打数4安打、2ランホームランも放ってセ・リーグを勝利に導く大活躍でした。

 

敢闘賞を獲得したのは、

  • 阪神の近本選手
  • オリックスの山本投手
  • 西武の山川選手

の3人でした。

 

3番DHでスタメン出場をしたレアード選手は、2打席目に左中間への完璧な当たりのソロホームランを放ち、打点を挙げる活躍を見せました。

 

5番ライトでスタメン出場のマーティン選手は、1打席目にフルカウントから四球を選んで出塁してチャンスを広げ、続く山川選手の先制タイムリー2ベースヒットでホームに生還し得点を記録しています。

 

中村奨吾選手は5回にセカンドの守備から途中出場し、7回裏に回ってきた1打席目でレフト前ヒットを打って、同点に追いつく4得点目のホームを踏みました。

さらに、9回裏にもヒット放ってマルチ安打を記録する活躍でした。

 

荻野選手は7回のセンターの守備から途中出場し、7回裏2アウト1,2塁のチャンスで回ってきた打席で三遊間の深い位置への打球を放って内野安打を記録しました。

さらに、その打球の処理で送球が逸れる間にランナーがそれぞれ進塁し、荻野選手に打点は付かなかったものの、2塁ランナーの中村奨吾選手が生還し同点に追いつく結果となりました。

 

佐々木千隼投手は1点ビハインドの7回のマウンドに登板しました。

巨人の坂本選手から三振を奪い、7球であっさりと三者凡退に抑える完璧なピッチングを見せて同点に追いつく打線の援護を呼び込む好投を見せてくれました。

 

同点の9回表のマウンドに上がった益田投手は、2連打を食らった後に送りバントと申告敬遠で1アウト満塁のピンチを招き、続くバッターからは三振を奪うも、2アウト満塁・フルカウントから粘られて押し出しの四球での勝ち越しを許して敗戦投手となってしまいました。

それでも、最終盤に大きな見どころを作ってオールスターゲームを盛り上げてくれたと思います。

 

2021年シーズンのオールスターゲーム第1戦では、ロッテの選手がそれぞれ見せ場を作って活躍してくれましたね。

ロッテの選手がたくさん出場していたこともあり、とても見応えのある試合でした。

 

明日の第2戦でも、ロッテの野手4人が活躍するところを見せてほしいですね。

明日はロッテの選手がパリーグの勝利に貢献できるように活躍していただきたいです。

そして、MVP・敢闘賞の獲得も期待しています!

Comment

タイトルとURLをコピーしました